一攫千金で億万長者になろう!

宝くじ等で高額当選者になる近道を

地方自治法70周年記念くじ(1億円)の確率と特徴

| 1件のコメント

1等前後賞あわせて1億円(1等6千万円)の地方自治法70周年記念クジの紹介です。
昨年はラグビーWC2019協賛くじで、一昨年は宝くじ70周年記念くじでした。

第717回地方自治法70周年記念くじの確率など

販売期間:2017年4月19日(水)から2017年5月9日(火)まで
単価:1枚200円
抽せん日:2017年5月11日(木)
抽選結果は夕方頃にみずほ銀行HPが更新され、翌日に新聞掲載されるはずです。

等級 当せん金 当せん確率(分の1) 売上配分
1 等 60,000,000 6,666,667 4.5%
1等の前後賞 20,000,000 3,333,333 3.0%
1等の組違い賞 100,000 33,501 1.5%
2 等 700,000 100,000 3.5%
3 等 100,000 5,000 10.0%
4 等 1,000 100 5.0%
5 等 200 10 10.0%
70周年記念賞 10,000 500 10.0%
合計 47.5%

ポイント:4等が1000円で3等10万円が当たりやすい

昨年のラグビーWC協賛くじが1等前後賞で5億円だったので小型化です。
ドリームジャンボ前に追加のクジなので、このぐらいがいいのかも。

昨年、一昨年と同様に4等は1/100で千円です。2千円よりいいです。
その分を高額賞金に割り振っているので。
今回は1等賞金をあげるのではなく、3等10万円が1/5000になっています。

10万円が当たれば「やった~!!」と思える額なので充実はうれしいです。

1等賞金額が減額なので、売上は落ちそうです。
今年もラグビーWC協賛くじが継続かと思ったら、協賛はビンゴ5でしたね。

このエントリをはてなブックマークに登録

Sponsored Links

1件のコメント

  1. その籤、今日の午前中に買いに行きました。連番10枚。

    当たらないとは思いますが、当たると良いです。

    ——– コメントに対する返信 ——–
    うん、期待しないで待つと思いがけずってこともありますよね。
    私はついつい、毎回期待しちゃってますが。

コメントを残す

必須欄は * がついています


CAPTCHA