一攫千金で億万長者になろう!

宝くじ等で高額当選者になる近道を

ブログの新着記事など

ブログの新着記事

  • 100円スクラッチが40%を切る還元率で復活
  • 2019年5月に販売される通常くじ(幸運のクーちゃんくじ、100円くじ)の確率と特徴
  • 令和元年の新元号記念くじ(1等前後賞で1億円)の確率と特徴
  • 2019年4月に販売されるスクラッチ宝くじの確率と特徴
  • 2019年4月に販売される通常くじの確率と特徴
  • 2019年ドリームジャンボミニの確率と特徴
  • 2019年ドリームジャンボ宝くじの確率と特徴
  • 2019年3月に販売されるスクラッチ宝くじの確率と特徴
  • 2019年3月に販売される春きらきらくじなど通常くじの確率と特徴
  • 2019年2月に販売されるスクラッチ宝くじの確率と特徴
  • 新着コメント

    2019-04-05 09:44:03 まささんより 2019年4月に販売されるスクラッチ宝くじの確率と特徴にて
    こんにちは。一等当たらないままワンピースになってしまいました(笑) ウルトラマンも駄目でしたが・・・。 コツコツがんばりたいです・・・。 わんにゃんとビッグマム狙いでしょうか。 これからも参考にさせて頂きます。
    -------- コメントに対する返信 -------- コメントありがとうございます。 ビックマムで当てたいですね!

    2019-04-04 21:41:20 森さんより 第592回年末ジャンボ宝くじ2010にて
    この回の年末ジャンボを現代に復活させるとこうなりますね。1等:7億円(2000万分の1)、前後賞:1億5000万円(1000万分の1)、組違い賞:10万円(約10万分の1)、2等:1000万円(100万分の1)、3等:100万円(10万分の1)、4等:10万円(約3333分の1)、5等:3000円(約333分の1)、6等:300円(10分の1)、年忘れラッキー賞:2万円(2000分の1)
    -------- コメントに対する返信 -------- 3000円を当たりにくくして、上の等を当たりやすくするのは良かったです。 300円は10分の1から変わらないんだろうなー。違ったときもあったけど。

    2019-04-04 21:30:52 森さんより ロト6で1等より2等の賞金額が高かった理由にて
    ロト6で一等が出て二等が出なかったのは今回が初のケースですね。ちなみにキャリーオーバーは一等分が解消されて二等分が次にいきます。
    -------- コメントに対する返信 -------- ロト6、1等がでて2等がでなかったですねー!2019年4月4日(第1368回) これだけで記事にしてもいいぐらいだけど、出遅れたかな。コメントありがとうございます。 1等1口4.16億円でキャリーオーバーが8千万円でした。

    2019-03-24 15:31:10 森さんより 2019年ドリームジャンボ宝くじの確率と特徴にて
    10万円を極端に増やした場合の続きです。バレンタインジャンボの場合 1等:2億円(1000万分の1)、前後賞:5000万円(500万分の1)、組違い賞:10万円(約10万分の1)、2等:500万円(約167万分の1)、3等:10万円(約1667分の1)、4等:2000円(100分の1)、5等:300円(10分の1)
    -------- コメントに対する返信 -------- これまた10万円がかなり増えましたね! 4等の16.7倍程度の確率で、当せん金は50倍ですからね! こんな未来がくるのかな?

    2019-03-21 23:07:54 森さんより 2019年ドリームジャンボ宝くじの確率と特徴にて
    間違えました。正しくはハロウィンジャンボの場合4等:3000円(約333分の1)、5等:300円(10分の1)ですね。
    -------- コメントに対する返信 -------- 4等3000円への配分が減るのはいいけど、10万円ばかり増えても。。。 おやじだからそう思うのかな。若い人は10万円が嬉しいのかも。 パチンコとか競馬で10万円ぐらいならなんとか、、、って世代だと 当たりにくい宝くじに求めている金額じゃないんだけどなぁと思ってしまう。

    月別アーカイブページ

  • 2019年4月 (3)
  • 2019年3月 (4)
  • 2019年2月 (2)
  • 2019年1月 (2)
  • 2018年12月 (4)
  • 2018年11月 (2)
  • 2018年10月 (8)
  • 2018年9月 (5)
  • 2018年8月 (2)
  • 2018年7月 (5)
  • 2018年6月 (2)
  • 2018年5月 (2)
  • 2018年4月 (2)
  • 2018年3月 (5)
  • 2018年2月 (2)
  • 2018年1月 (4)
  • 2017年12月 (4)
  • 2017年11月 (2)
  • 2017年10月 (5)
  • 2017年9月 (6)
  • 2017年8月 (5)
  • 2017年7月 (4)
  • 2017年6月 (7)
  • 2017年5月 (4)
  • 2017年4月 (4)
  • 2017年3月 (4)
  • 2017年2月 (4)
  • 2017年1月 (5)
  • 2016年12月 (3)
  • 2016年11月 (1)
  • 2016年10月 (5)
  • 2016年9月 (4)
  • 2016年8月 (5)
  • 2016年7月 (1)
  • 2016年6月 (3)
  • 2016年5月 (2)
  • 2016年4月 (4)
  • 2016年3月 (4)
  • 2016年2月 (1)
  • 2016年1月 (7)
  • 2015年11月 (3)
  • 2015年10月 (5)
  • 2015年9月 (3)
  • 2015年7月 (2)
  • 2015年6月 (3)
  • 2015年5月 (5)
  • 2015年4月 (6)
  • 2015年3月 (3)
  • 2015年2月 (6)
  • 2015年1月 (4)
  • 2013年9月 (1)
  • 2013年7月 (2)
  • 2013年6月 (2)
  • 2013年3月 (5)
  • 2013年1月 (4)
  • 2012年12月 (3)
  • 2012年11月 (1)
  • 2012年10月 (4)
  • 2012年9月 (1)
  • 2012年8月 (6)
  • 2012年7月 (6)
  • 2012年6月 (3)
  • 2012年5月 (1)
  • 2012年4月 (30)
  • 2012年3月 (13)
  • 2012年2月 (13)
  • 2012年1月 (12)
  • 2011年12月 (15)
  • 2011年11月 (15)
  • 2011年10月 (17)
  • 2011年9月 (20)
  • 2011年8月 (23)
  • 2011年7月 (19)
  • 2011年6月 (22)
  • 2011年5月 (14)
  • 2011年4月 (21)
  • 2011年3月 (27)
  • 2011年2月 (15)
  • 2011年1月 (19)
  • 2010年12月 (25)
  • 2010年11月 (23)
  • 2010年10月 (23)
  • 2010年9月 (20)
  • 2010年8月 (20)
  • 2010年7月 (5)