一攫千金で億万長者になろう!

宝くじ等で高額当選者になる近道を

ブログの新着記事など

ブログの新着記事

  • 新しく始まるメガビッグ(MEGA BIG)の1等確率はBIGの3.5倍!
  • 2020年2月に販売されるスクラッチ宝くじの確率と特徴
  • 2020年2月に販売される通常くじの確率と特徴
  • 2020年東京2020協賛ジャンボミニの確率と特徴
  • 2020年東京2020協賛ジャンボ宝くじの確率と特徴
  • 2020年1月に販売されるスクラッチ宝くじの確率と特徴
  • 2020年1月に販売される通常くじ、新春運だめしくじ等の確率と特徴
  • 2019年12月に販売されるスクラッチ宝くじの確率と特徴
  • 2019年12月に販売される初夢宝くじ等の確率と特徴
  • 宝くじの売上が回復!前年度を上回る!その理由は?
  • 新着コメント

    2020-01-13 19:43:28 冬さんより 新しく始まるメガビッグ(MEGA BIG)の1等確率はBIGの3.5倍!にて
    確率が天文学的だし、滅多に1等出ないだろうからキャリーは溜まるでしょうね でも普通のBIGの売り上げに弊害出てきそうな感じですね
    -------- コメントに対する返信 -------- そうですね。なかなか1等が出ないくじになりそうです。 あまりに出ないと人気も上がらないかな? キャリーの貯まり具合で普通のBIGにするかMEGAにするか選ぶ人も出そう。 一番高い賞金額を狙う人もいるから、売上への影響はあるでしょうね。 普通のBIGの特別回12億円は、今後はしなそうですし。

    2020-01-04 11:54:13 冬さんより 2020年2月に販売されるスクラッチ宝くじの確率と特徴にて
    インターネット販売強化しても若者層はたいして影響なさそうですね BIGの新くじも出るし、もっと根本的な改革案ほしいです
    -------- コメントに対する返信 -------- 販売強化が一時的なポイント還元だけなら影響なさそうです。残念ですが。 抜本的な改革案が欲しいですね。本当に。 ちなみに、BIGの新くじが出るんですね!調べておかないと。 -- 追伸、MEGA BIGの記事書きました。

    2020-01-03 00:24:45 吾郎さんより 2020年東京2020協賛ジャンボ宝くじの確率と特徴にて
    1000万分の1でも2億円だとなんだかなあ せめて2等が1億だったら買う気も倍増するんだけど
    -------- コメントに対する返信 -------- 2等が1億、いいですね。1億円を狙う私としては、バラで1000万分の3で1億円以上ですからね。 ただ、1等前後賞で4億円ってあまりしなそうです。 そんなの気にしないので、2等1億円で、昨年と同様な5等1万円が1000分の1なら還元率が変わらずで良かったです。 今年は昨年とほぼ同じにして、名称変更が売れ行きに与える影響を知りたいってことなのかなぁ。

    2020-01-02 13:31:58 冬さんより 2020年東京2020協賛ジャンボミニの確率と特徴にて
    あけましておめでとうございます ほんと宝くじは還元率上げてほしいです あと他国みたいに年金方式で受け取れる宝くじ出すとかもっと頭を使ってほしいです 来年はバレンタインに戻すんでしょうかね?個人的にはグリーンに戻してほしいです
    -------- コメントに対する返信 -------- あけましておめでとうございます。 キャリーオーバーで50%超になるものもあるし、還元率は上げて欲しいですよね。 年金くじ!私も本当に導入して欲しいと思っています。 以前のアンケートでは一番人気ないジャンボの1等高額化と次に人気ないロトの高額化のみ実現しているんですよね。。。 ジャンボの名称は若者に興味を持ってもらうためにもグリーンには戻らない気がします。 ただ、ころころ名称変えてると年5回の特別なジャンボって感じがなくなるのが残念です。 東日本復興支援グリーンジャンボみたいに、副題つけるぐらいが良かった気がします。

    2020-01-01 00:24:49 森さんより 2020年1月に販売される通常くじ、新春運だめしくじ等の確率と特徴にて
    あけましておめでとうございます。今年もよろしくお願いします。ジャンボ宝くじなど全国自治宝くじの抽せん結果を書きます。
    -------- コメントに対する返信 -------- あけましておめでとうございます。今年もよろしくお願いします。 このブログも10年過ぎて11年目みたい。ブランクもあるけど。 今年はいろいろと手を入れていきたいなぁ。

    月別アーカイブページ

  • 2020年1月 (5)
  • 2019年12月 (2)
  • 2019年11月 (3)
  • 2019年10月 (3)
  • 2019年9月 (5)
  • 2019年8月 (4)
  • 2019年7月 (2)
  • 2019年6月 (5)
  • 2019年5月 (2)
  • 2019年4月 (6)
  • 2019年3月 (4)
  • 2019年2月 (2)
  • 2019年1月 (2)
  • 2018年12月 (4)
  • 2018年11月 (2)
  • 2018年10月 (8)
  • 2018年9月 (5)
  • 2018年8月 (2)
  • 2018年7月 (5)
  • 2018年6月 (2)
  • 2018年5月 (2)
  • 2018年4月 (2)
  • 2018年3月 (5)
  • 2018年2月 (2)
  • 2018年1月 (4)
  • 2017年12月 (4)
  • 2017年11月 (2)
  • 2017年10月 (5)
  • 2017年9月 (6)
  • 2017年8月 (5)
  • 2017年7月 (4)
  • 2017年6月 (7)
  • 2017年5月 (4)
  • 2017年4月 (4)
  • 2017年3月 (4)
  • 2017年2月 (4)
  • 2017年1月 (5)
  • 2016年12月 (3)
  • 2016年11月 (1)
  • 2016年10月 (5)
  • 2016年9月 (4)
  • 2016年8月 (5)
  • 2016年7月 (1)
  • 2016年6月 (3)
  • 2016年5月 (2)
  • 2016年4月 (4)
  • 2016年3月 (4)
  • 2016年2月 (1)
  • 2016年1月 (7)
  • 2015年11月 (3)
  • 2015年10月 (5)
  • 2015年9月 (3)
  • 2015年7月 (2)
  • 2015年6月 (3)
  • 2015年5月 (5)
  • 2015年4月 (6)
  • 2015年3月 (3)
  • 2015年2月 (6)
  • 2015年1月 (4)
  • 2013年9月 (1)
  • 2013年7月 (2)
  • 2013年6月 (2)
  • 2013年3月 (5)
  • 2013年1月 (4)
  • 2012年12月 (3)
  • 2012年11月 (1)
  • 2012年10月 (4)
  • 2012年9月 (1)
  • 2012年8月 (6)
  • 2012年7月 (6)
  • 2012年6月 (3)
  • 2012年5月 (1)
  • 2012年4月 (30)
  • 2012年3月 (13)
  • 2012年2月 (13)
  • 2012年1月 (12)
  • 2011年12月 (15)
  • 2011年11月 (15)
  • 2011年10月 (17)
  • 2011年9月 (20)
  • 2011年8月 (23)
  • 2011年7月 (19)
  • 2011年6月 (22)
  • 2011年5月 (14)
  • 2011年4月 (21)
  • 2011年3月 (27)
  • 2011年2月 (15)
  • 2011年1月 (19)
  • 2010年12月 (25)
  • 2010年11月 (23)
  • 2010年10月 (23)
  • 2010年9月 (20)
  • 2010年8月 (20)
  • 2010年7月 (5)