一攫千金で億万長者になろう!

宝くじ等で高額当選者になる近道を

ブログの新着記事など

ブログの新着記事

  • 2019年11月に販売される秋のビッグチャンスくじ、100円くじ等の確率と特徴
  • totoBIGの配当率が100%超に!
  • 2019年10月に販売されるスクラッチ宝くじの確率と特徴
  • 2019年10月に販売される100円くじ、レインボーくじ等の確率と特徴
  • 2019年年末ジャンボミニ宝くじ5千万円の確率と特徴
  • 2019年年末ジャンボ宝くじ10億円の確率と特徴
  • 2019年宝くじの日お楽しみ抽選(敗者復活戦)
  • 2019年9月に販売されるスクラッチ宝くじの確率と特徴
  • 2019年9月に販売されるお月見くじ等の確率と特徴
  • 2019年ハロウィンジャンボミニの確率と特徴
  • 新着コメント

    2019-10-19 15:53:44 馬鹿じゃない普通の人さんより 宝くじを当てて不幸になった人から学ぶことにて
    失敗するのはバカだけ。 貧乏人が嫉妬で「6億当たると不幸になる」なんて記事を書く。
    -------- コメントに対する返信 -------- 「失敗するのはバカだけ。」...そうなんでしょうね。 日本で失敗した事例なんてそんなに出てこない。 毎年、トトとかを合わせて1000人近くも億以上を当てた人がいるのに。 だいたいのバカじゃない人はこっそり、うまく使ってるんでしょうね。

    2019-10-19 15:18:46 経験者さんより 当せん後の幸せを長続きさせる方法にて
    >800万円ほどを超えると頭打ちになる 馬鹿な話だwwww 経験したことがない奴がする話だwwwwwwwwww
    -------- コメントに対する返信 -------- 年収800万どころか、年収600万も経験ない私には分からない世界だ。。 世帯収入が約7万5000ドルってのを発表した学者さんは余裕で7.5万ドル以上もらってそうだけど。 それにしても、7.5万ドルで600万円の時代だったのか。ドル買っとけば。。。今なら800万円以上だ。 日米の給与水準も変わってるから、今の7.5万ドル相当だと逆に800万円未満に落ちてそうだけど。 私は残りの人生、1億円もあれば充分に幸せになれると思っているけど、どうなのかなぁ。 2億円あっても1億円の倍も幸せになれるとは想像できない。そんな生活経験ないからね。 残りの人生が全ての収入あわせて5000万円しかなかったら結構きついから、1億円あれば5000万円の倍以上は幸せだろうけど。

    2019-10-19 00:41:11 あまちゃんさんより 2019年年末ジャンボミニ宝くじ5千万円の確率と特徴にて
    ジャンボは2000万分の1なので、当たる気が全くしません。 ミニは1等1億位欲しいですね。 当選確率は100万分の1が希望です。
    -------- コメントに対する返信 -------- 2000万分の1はちょっとねぇ。当たる気しないですよね。 100万分の1で1等7000万円は何回かやってました。 私は7000万円でいいので、100万分の1がいいです。20倍も当たりやすいし。 1億円だと1000万分の7(約143万分の1)ってのはありましたね。 こっちもよかったなぁー。

    2019-09-30 08:14:54 まささんより 2019年10月に販売されるスクラッチ宝くじの確率と特徴にて
    御互い頑張りましょう!(笑)
    2019-09-29 12:27:50 まささんより 2019年10月に販売されるスクラッチ宝くじの確率と特徴にて
    10月も有り難う御座います^^ 今月はロト7にも注ぎ込んでいます・・・。 ジャンボはスルーで行きます(笑) スクラッチは引き続き頑張ります。
    -------- コメントに対する返信 -------- コメントありがとうございます! コメント見て確認してみたら、ロト7、かなりキャリーオーバー貯まってますね! 教えてもらった運を逃しちゃいけない。

    月別アーカイブページ

  • 2019年10月 (2)
  • 2019年9月 (5)
  • 2019年8月 (4)
  • 2019年7月 (2)
  • 2019年6月 (5)
  • 2019年5月 (2)
  • 2019年4月 (6)
  • 2019年3月 (4)
  • 2019年2月 (2)
  • 2019年1月 (2)
  • 2018年12月 (4)
  • 2018年11月 (2)
  • 2018年10月 (8)
  • 2018年9月 (5)
  • 2018年8月 (2)
  • 2018年7月 (5)
  • 2018年6月 (2)
  • 2018年5月 (2)
  • 2018年4月 (2)
  • 2018年3月 (5)
  • 2018年2月 (2)
  • 2018年1月 (4)
  • 2017年12月 (4)
  • 2017年11月 (2)
  • 2017年10月 (5)
  • 2017年9月 (6)
  • 2017年8月 (5)
  • 2017年7月 (4)
  • 2017年6月 (7)
  • 2017年5月 (4)
  • 2017年4月 (4)
  • 2017年3月 (4)
  • 2017年2月 (4)
  • 2017年1月 (5)
  • 2016年12月 (3)
  • 2016年11月 (1)
  • 2016年10月 (5)
  • 2016年9月 (4)
  • 2016年8月 (5)
  • 2016年7月 (1)
  • 2016年6月 (3)
  • 2016年5月 (2)
  • 2016年4月 (4)
  • 2016年3月 (4)
  • 2016年2月 (1)
  • 2016年1月 (7)
  • 2015年11月 (3)
  • 2015年10月 (5)
  • 2015年9月 (3)
  • 2015年7月 (2)
  • 2015年6月 (3)
  • 2015年5月 (5)
  • 2015年4月 (6)
  • 2015年3月 (3)
  • 2015年2月 (6)
  • 2015年1月 (4)
  • 2013年9月 (1)
  • 2013年7月 (2)
  • 2013年6月 (2)
  • 2013年3月 (5)
  • 2013年1月 (4)
  • 2012年12月 (3)
  • 2012年11月 (1)
  • 2012年10月 (4)
  • 2012年9月 (1)
  • 2012年8月 (6)
  • 2012年7月 (6)
  • 2012年6月 (3)
  • 2012年5月 (1)
  • 2012年4月 (30)
  • 2012年3月 (13)
  • 2012年2月 (13)
  • 2012年1月 (12)
  • 2011年12月 (15)
  • 2011年11月 (15)
  • 2011年10月 (17)
  • 2011年9月 (20)
  • 2011年8月 (23)
  • 2011年7月 (19)
  • 2011年6月 (22)
  • 2011年5月 (14)
  • 2011年4月 (21)
  • 2011年3月 (27)
  • 2011年2月 (15)
  • 2011年1月 (19)
  • 2010年12月 (25)
  • 2010年11月 (23)
  • 2010年10月 (23)
  • 2010年9月 (20)
  • 2010年8月 (20)
  • 2010年7月 (5)