You are currently viewing 宝くじの日記念(1等1億円)の確率と特徴

宝くじの日記念(1等1億円)の確率と特徴

昨年に復活した「宝くじの日記念」くじが今年も販売です。
昨年より3等5万円の本数が増えて、還元率が49.5%と高いです。

第933回宝くじの日記念くじの確率など

販売期間:2022年8月6日(土)から2022年8月30日(火)まで
単価:1枚200円
抽せん日:2022年9月2日(金)
抽選結果は夕方頃にみずほ銀行HPが更新され、翌日に新聞掲載されるはず。

等級 当せん金 当せん確率(分の1) 売上配分 本数
1 等 100,000,000 10,000,000 5.0% 1
1等の前後賞 25,000,000 5,000,000 2.5% 2
1等の組違い賞 100,000 101,010 0.5% 99
2 等 500,000 100,000 2.5% 100
3 等 50,000 5,000 5.0% 2,000
特別賞 30,000 1,667 9.0% 6,000
4 等 10,000 1,000 5.0% 10,000
5 等 2,000 100 10.0% 100,000
6 等 200 10 10.0% 1,000,000
合計 8.9 49.5% 1,118,202

本数は1ユニットあたり。2ユニット予定なので総本数は2倍です。

ポイント1:200円くじで珍しい1等1億円

1等前後賞を合わせてではなく1等単独で1億円以上200円くじは少ないです。
最近だと初夢宝くじぐらい?バラで購入しても1億円のチャンスが!
前後賞も各2500万円あります。バラなら2500万円1ユニット2本に。
.
1等はジャンボなみの1000万本に1本なのが残念なところですが。

ポイント2:賞金への配分がジャンボより2%高い49.5%

今年度の200円記念くじは賞金への配分が上限50%に近くて嬉しい限りです。
7月のサマージャンボは47.2%で、10月のハロウィンジャンボは47.7%。
2%も還元率が高いので、1ユニットで6000万円分も賞金が高いです。
.
できればその分で100万円台の賞金を10本ぐらいは欲しかったけど。

ポイント3:5万円以下の賞金がほとんど

還元率が上がった分は、昨年より3等5万円の本数が倍に増えています。
特別賞は3万円に増額で本数が減り、1ユニット総額3億円から2.7億円に。
.
昨年は2万円以下ばかりでしたが、今年は5万円以下がほとんどの印象に。
還元率49.5%のうち39.0%5万円以下の賞金です。5万円超は10.5%だけ。
5万円超は1等前後賞、組違い賞と2等50万円だけです。

1等1億円を夢見て、1~5万円が当たればラッキーという宝くじです。
1~5万円で合わせて還元率19%分が割り当てられています。
.
今年も残念ながら1等前後賞1億円のレインボーと販売期間が重なります。

p.s.計算間違いや誤記、疑問点があればお気軽にコメントしてください。

4件のコメントがあります

  1. 輝美

    この宝くじが悪いとは言いませんが
    昔のくじの日記念200円くじは1等部分に前後賞、組違い賞を含めると3.3~3.6億円くらいが分配され
    数ユニットは完売していましたし、当時と比べると1等1本、2ユニットは寂しいですね

    例.(1ユニット1000万枚、数ユニット発売)
    1等6000万円3本
    前後賞2000万円6本
    組違い賞10万円297本
    2等100万円100本
    3等5万円1000本
    4等1万円1万本
    5等1000円3万本
    くじの日記念賞10万円1000本
    .

    ——– コメントに対する返信 ——–
    1等前後賞で1億円なので億が複数本あって、前後賞の2000万円もあり、2等100万円もそこそこの本数。
    こういう宝くじは復活するんですかね?1等1本しばりが無くなるのはいつになるだろう。

  2. 輝美

    個人的にはこのくらいの設定が良いと思いますけどね
    A案
    1等1億円2本
    前後賞2500万円4本
    組違い賞10万円198本
    2等100万円100本
    3等50万円100本
    4等3万円1000本
    5等1万円1万本
    6等2000円、7等200円で20%

    B案
    1等1億円1本
    前後賞2500万円2本
    組違い賞50万円99本
    2等1000万円10本
    3等100万円100本
    4等1万円1万本
    5等2000円、6等200円で20%
    特別賞5万円2000本
    .

    ——– コメントに対する返信 ——–
    A案は1等が2本あって、中間賞金の等級も多くていいですね。2等を1000万円10本にしても良さそうです。
    B案は50万円の組違い賞がポイントですね。10万円台の賞金としてアピールできるか。私なら特別賞を10万円1000本にしたいなぁ。
    なんか、5万円だと気軽に換金できる分「キターーーーーー」って感じにならないんですよね。私だけかな?

  3. 高橋

    自分はもっとシンプルに、1等1億円と前後賞2500万円。1等組違い賞10万円。2等200万円。末等2万円。特別賞5万円。それだけで十分。少額賞金がない代わりに1等複数本にしたり、2等3等を増やすことも可能でしょう。売場から遠い所に住んでる人だったら200円当たったところで売場までの交通費にもなりませんからね。最低2万円なら仮に往復の交通費が2000円かかったとしても十分お釣りが来ますから(笑)
    .

    ——– コメントに対する返信 ——–
    末等200円なんて、換金するのもめんどくさーって人いますよね!
    最低2万円いいです!私は大賛成です。今は賛成する人少なくても、、、。
    1ユニット1000万本あたりで次のとかいけますね。
    1等1億円3本、前後賞2500万円6本、組違い賞10万円297本、
    2等200万円100本(1/10万)各組共通(5桁)
    3等2万円10,000本(1/1000)下3桁
    特別賞5万円2000本(1/5000)下4桁5個

  4. 輝美

    下1桁、下2桁廃止は無茶です
    何よりも売れない(-_-)
    下1桁のなかった東日本大震災しかり、口蹄疫しかりで共に大惨敗、
    下4桁と下3桁のみが抽せん対象だったミリオンドリームも
    大惨敗でその後、同様の宝くじが発売されていない様に
    売れない宝くじを出しても悪循環に陥るだけです。(-_-)

    結局、バランスを考えつつ無駄な抵抗をやめると
    200円で1ユニット1000万枚、1億円3本だと
    このくらいの線に落ち着きます

    1等1億円3本
    前後賞500万円6本
    組違い賞10万円297本
    2等1000万円4本
    3等100万円100本
    4等5万円2000本
    5等1万円1万本
    6等1000円10万本
    7等200円100万本
    .

    ——– コメントに対する返信 ——–
    下1桁、下2桁廃止、今は無茶なのは分かっているのですが、要らない思う人が増えて欲しいと思ってます。
    上げて頂いた案でも最近の1等1本に比べたら充分にいいんですけどね。
    2等、3等も1000万円、100万円ですし。
    個人的には4等10万円1000本の方がいいですが、換金しやすさは5万円2000本ですね。

コメントを残す

CAPTCHA