You are currently viewing 宝くじの日記念(1等1億円)の確率と特徴

宝くじの日記念(1等1億円)の確率と特徴

久しぶりに復活の「宝くじの日記念」くじです。普通の200円くじとして復活。
昨年は同時期に、夏の女神くじを販売していました。

第894回宝くじの日記念くじの確率など

販売期間:2021年8月14日(土)から2021年9月7日(火)まで
単価:1枚200円
抽せん日:2021年9月10日(金)
抽選結果は夕方頃にみずほ銀行HPが更新され、翌日に新聞掲載されるはず。

等級 当せん金 当せん確率(分の1) 売上配分 本数
1 等 100,000,000 10,000,000 5.0% 1
1等の前後賞 25,000,000 5,000,000 2.5% 2
1等の組違い賞 100,000 101,010 0.5% 99
2 等 500,000 100,000 2.5% 100
3 等 50,000 10,000 2.5% 1,000
特別賞 20,000 1,000 10.0% 10,000
4 等 10,000 1,000 5.0% 10,000
5 等 2,000 100 10.0% 100,000
6 等 200 10 10.0% 1,000,000
合計 8.9 48.0% 1,121,202

本数は1ユニットあたり。2ユニット予定なので総本数は2倍です。

ポイント1:200円くじで1等前後賞あわせて1.5億円に

昨年は夏の女神くじで1等2000万円、1等前後賞あわせて3000万円でした。
今年は1等のみで1億円前賞や後賞のみでも2500万円あります。
サマージャンボ後で大型レインボーくじ前だけど1等賞金額を下げると売れなすぎた?

一昨年の東京2020大会協賛くじと同じ1等前後賞あわせて1.5億円です。
1ユニットに1等1本なのは残念ですが、バラでも1億円狙えていいです。
前賞や後賞だけでも2500万円と結構な額になります。

賞金への総配分も48%と高めになっています。
コメントで森さんに教えてもらいましたが、昨年6月の幸運の女神くじと全く同じ条件です。

ポイント2:2万円以下が当たりやすくなっている

1等は高額ですが、当たりやすいのは2万円以下の等級です。
48%のうち35%(賞金全体の約73%)が2万円以下への賞金です。
4等1万円と特別賞2万円が当たれば嬉しいなというクジ構成です。
(昨年6月の幸運の女神くじと同じ内容の記載だ。)

ポイント3:1億円レインボーの販売期間と重なる

8/25~9/14までの1等前後賞あわせて1億円のレインボーくじと販売期間が一部重なっています
レインボーくじのインパクトがなくなりますね。
どうせなら、億のくじは他がない時にして欲しかった。

p.s.計算間違いや誤記、疑問点があればお気軽にコメントしてください。

1件のコメントがあります

  1. 輝美

    昔のくじの日記念(1枚200円)は1等前後賞共1億円3口~1等前後賞共8000万円4口の
    6ユニット販売、ほぼ50%還元が普通でしたが、今年の発売数はその3分の1ですか・・・

    それだけ売れなくなったのか、あるいはやる気が無いのか?

    1ユニットに1等1本ではなく、1億円が2~3本だと売れると思いますけど
    最近の設定を見ると胴元が自らの首を締めている様なものですよ。
    .

    ——– コメントに対する返信 ——–
    こんな条件で名前だけ復活されても。。。中身も復活してくれれば良かったですが。
    本当に「宝くじ購入者なんて1等の金額しか見てない。1万円でも当たればハマるんだろ?」って考えで設定しているとしか思えない!
    上の顔色みて還元率は低めに設定して、1等なんて1本で。って考えを改めて欲しい。
    さて、サマージャンボの発売です!

コメントを残す

CAPTCHA