You are currently viewing 2022年ハロウィンジャンボ宝くじの確率と3つのポイント

2022年ハロウィンジャンボ宝くじの確率と3つのポイント

1等前後賞あわせて5億円のハロウィンジャンボ宝くじの紹介です。
同時発売で1万円が多めのハロウィンジャンボミニは別記事にします。

第939回ハロウィンジャンボ宝くじの確率など

販売期間:2022年9月21日(水)から2022年10月21日(金)まで
単価:1枚300円
抽せん日:2022年10月28日(金)
抽せん結果は夕方頃にみずほ銀行HPが更新され、翌日に新聞掲載されるはずです。

等級 当せん金 当せん確率(分の1) 売上配分 本数
1 等 300,000,000 10,000,000 10.0% 1
1等の前後賞 100,000,000 5,000,000 6.7% 2
1等の組違い賞 100,000 101,010 0.3% 99
2 等 10,000,000 5,000,000 0.7% 2
3 等 1,000,000 100,000 3.3% 100
4 等 10,000 500 6.7% 20,000
5 等 3,000 100 10.0% 100,000
6 等 300 10 10.0% 1,000,000
合計 8.9 47.7% 1,120,204

本数は1ユニットあたり。11ユニットの予定なので、総本数は11倍です。

ポイント1:1等は3億円で、前後賞でも各1億円

1等のみで3億円前後賞各1億円。バラなら1000万本中3本1億円以上
ここ最近のハロウィンジャンボの設定で、ドリームジャンボと同じです。

3億円なら平均的なサラリーマンの生涯の手取り年収を超す収入になります。
1億円でも毎年200万円を50年間も使えるので、充分に嬉しい収入では?

ポイント2:2等を1000万円に、3等100万円の本数を一昨年なみに

1ユニット1000万本で1等前後賞で5億円にすると、それだけで16.7%の配分に。
下1桁300円(10%)と下2桁3000円(10%)を入れると、合わせて36.7%になります。
中間賞金に回せるのは、残り10~13%です。どう工夫して魅力をだすかですね。
.
今年は昨年の2等500万円から2等1000万円にしています。
また、3等100万円を昨年の50本から一昨年やその前と同様の100本にしています。
.
今年の中間賞金は高めになったので、私としては嬉しいです。1万円が当たっても何も変わらないけど、100万円ならいろいろ買えるし、1000万円なら今後の生活がかなり楽になるので。

ポイント3:昨年あった5万円の等級がなくなる

2等と3等を充実させた変わりに5万円の等級がなくなりました
下4桁の当たりがなくなったのは寂しいですが、下4桁で5万円は少ないです。
せっかく当たっても「5万円かぁ」と思ってしまうのでなくてもいいかな。
.
その代わりに下5桁で「100万円!」が当たるなら、それでよいです。
.
中間賞金の約10%のうち、6.7%が4等1万円2等と3等はあわせて4%
3000円もあるし、1万円はもう少し減らしてもと私は思います。

ハロウィンジャンボの売上は?

昨年のハロウィンジャンボはミニとあわせて380億円売れました。
一昨年は348億円。その前は、317億円、371億円、289億円、324億円、387億円。
ハロウィン(オータム)ジャンボにしては、かなり売れました。
.
昨年に書いたように販売期間を延ばした影響とまん延防止が終わった影響かと。
「ハロウィンジャンボ」という名称も浸透してきたようですね。
.
1000万円や100万円を増やした今年は売れて欲しいけど、他の状況から昨年なみは売れなそう。売れなくても1000万円や100万円は不要と思って欲しくないです。昨年売れたのは5万円の等級があったせいだとは思えないので。

p.s.計算間違いや誤記、疑問点があればお気軽にコメントしてください。
p.s. ブログがバージョンアップされて、使い方が不明になる。。。タグの入れ方もイメージの入れ方もどうするのか。。。

6件のコメントがあります

  1. 輝美

    還元率及び中間部分に関しては今年のサマージャンボよりマシですが、
    億万長者より千万長者になるのが難しいねじれ現象継続中ですね
    2等1000万円は最低でも1等前後賞と同じ本数が必要かと。

    また、「下4桁5万円はなくてもいいかな」なんてとんでもない(-_-)
    還元率が高く、本数も多いに越した事もないですし、
    3万円買っても3万円が入っていたら普通は6000円黒字ですし
    5万円が入っていたら2万6000円黒字で
    ひょっとしたら他の等級もの期待も湧きますので
    .

    ——– コメントに対する返信 ——–
    1000万円が2本だと億より本数が少ないですね。
    5本にしたところで還元率は1%しか上がらないし、組下1桁の10本は欲しいです。
    .
    100枚買いの人のことを考えると5万円なんですね。でもどうせなら10万円ぐらいは。
    1万円を1万本にして、10万円を1000本にしてくれると私は嬉しいです。
    3000円買いで1万円だとパチンコでちょい勝ちぐらいの嬉しさだけど、10万円なら。
    1万円ぐらいなら競馬とか他のでけっこう手に入れやすいんですよね。
    休みの日にお手伝いしてもお礼に1万円ぐらい貰えることあるし。

  2. 2011年以前の単独時代に戻るなら
    1等:1億円(1000万分の1)、前後賞:5000万円(500万分の1)、組違い賞:10万円(約10万分の1)、2等:300万円(約33万分の1)、3等:5万円(5万分の1)、4等:1万円(200分の1)、5等:3000円(100分の1)、6等:300円(10分の1)
    または
    1等:1億円(1000万分の1)、前後賞:5000万円(500万分の1)、組違い賞:10万円(約10万分の1)、2等:300万円(約33万分の1)、3等:100万円(約142857分の1)、4等:50万円(10万分の1)、5等:1万円(250分の1)、6等:3000円(100分の1)、7等:300円(10分の1)
    このうち後者のほうがましですが今年のサマーにあわせて前者になることもありますね。
    .

    ——– コメントに対する返信 ——–
    後者の宝くじはいいですね。これでも1万円が多いから1万円狙いにもいいのでは。
    1万円の効果はどうなのかな?
    当たった人はまた買おうと思っていそうだけど、高確率と知ったのに外れた人は。。。

  3. 最近のハロウィンジャンボは2012年から2014年のサマージャンボに近いですね。ただ1万円が多くはなっていますが。ちなみに今回のサマージャンボ系はゲームくじにほぼなっていますが。
    .

    ——– コメントに対する返信 ——–
    言われてみれば、似ていますね!
    1等賞金額が同じ2013年のサマージャンボとは、サマーバケーション賞の10万円が1万円の賞金に回った感じですかね。
    2等は今回のハロウィンジャンボの方が1000万円でいいですね。

  4. 二郎

    サマージャンボに比べたらマシな当選金配分ですね
    サマーの2等が5万円なんて絶対に買う気になりませんからね
    .

    ——– コメントに対する返信 ——–
    はい、サマージャンボみたいのが続かずに良かったです。
    売れ行きしだいで今年のサマーみたいのが続くと困るので、サマーの予算を他に回します。

  5. 輝美

    下1桁廃止は無茶ですが下2桁を少し減らせば
    ハロウィンやバレンタインの1等部分に7億円の設定も可能ですし
    今年のサマーもこんな感じで中間賞金を盛り込むべきですね
    ※各案共に売り場で払い戻し可能な5万円以下の賞金を多めにしています

    A案
    1等5億円、前後賞1億円2本
    組違い賞10万円99本
    2等1000万円4本
    3等100万円100本
    4等5万円2000本
    5等1万円1万本
    6等3000円5万本(1000分の5)
    7等300円100万本

    B案
    1等3億円1本
    2等2億円2本
    1等組違い賞50万円99本
    2等1000万円5本
    3等100万円100本
    4等5万円1000本
    5等1万円1万円
    6等3000円5万本
    7等300円100万本

    C案
    1等1億5000万円2本
    前後賞1億円4本
    1等組違い賞10万円198本
    2等1000万円10本
    3等100万円30本
    3等5万円2000本
    4等1万円1万本
    5等3000円5万本
    6等300円100万本
    .

    ——– コメントに対する返信 ——–
    今年のサマーの売れ行きはどうなんでしょうね?
    買ってから(当せん確認時とかに)中間賞金がないことに気づいて、もう買わないと思うのかな?
    .
    下2桁を減らすのは大賛成です!その分、他に回していることが分かれば理解も得られるはず。
    B案の1等3億円、2等2億円は面白いですね。2等1億円で本数を増やしても。
    当たり番号が増えれば、億の夢が増えた気にもなって次こそはってなる?

  6. 輝美

    B案は本体3億前後賞2億2本のつもりでしたが間違えたかと
    ただ、1等本体前後賞なし3億、2等2億2本でも同じですし、
    バラでも楽しめるかと。
    下2桁を3000円1000分の5から2000円100分の1にして
    こんな感じでも良いかと思います。

    1等3億円1本
    前後賞2億円2本
    組違い賞なし
    2等50万円100本
    3等5万円3000本
    4等1万円1万本
    5等2000円10万本
    6等300円100万本
    .

    ——– コメントに対する返信 ——–
    あっ、前後賞が2億円でしたか。そうですよね。その下に2等があるし。
    バラで買えば2等2億円みたいなものだし、7億円狙いの人は連で買えばいいし。
    そっちの方がいいんでしょうけど、2等で2億円ってスゲーと思ってしまいました。

コメントを残す

CAPTCHA