2021年3月に販売される春一番くじなどの確率と特徴

2021年3月に販売される春一番くじなどの確率と特徴

2021年の3月に販売されるスクラッチではない通常の宝くじの紹介です。
新宝くじ?として1等3千万円の春一番くじが3/10から販売です。

2月3日~3月5日 バレンタインジャンボ宝くじ

単価:1枚各300円

バレンタインジャンボの記事(1等前後賞合わせて3億円)
バレンタインジャンボミニの記事(1等前後賞合わせて3千万円)
 を参照してください。

他の当たりを減らして、1万円の本数をアップしています。
ジャンボミニは還元率が45%と低いのでやめといた方がいいですよ!

3月3日~3月23日 1等1000万円の100円くじ

単価:1枚100円
抽せん日:3月26日(金)、ブロックごとに抽せん番号が違うのでご注意を。

1等1000万円、1等前後賞あわせて1500万円の宝くじです。

第2559回 関東・中部・東北自治 宝くじ

等級 当せん金 当せん確率(分の1) 売上配分 本数
1 等 10,000,000 5,000,000 2.0% 1
1等の前後賞 2,500,000 2,500,000 1.0% 2
1等の組違い賞 100,000 102,041 1.0% 49
2 等 100,000 100,000 1.0% 50
3 等 30,000 5,000 6.0% 1,000
4 等 5,000 500 10.0% 10,000
5 等 1,000 100 10.0% 50,000
6 等 100 10 10.0% 500,000
合計 8.9 41.0% 561,102

第2497回東京都くじ、第2680回近畿くじ

等級 当せん金 当せん確率(分の1) 売上配分 本数
1 等 10,000,000 2,500,000 4.0% 1
1等の前後賞 2,500,000 1,250,000 2.0% 2
1等の組違い賞 100,000 104,167 1.0% 24
2 等 300,000 100,000 3.0% 25
3 等 30,000 10,000 3.0% 250
4 等 5,000 500 10.0% 5,000
5 等 1,000 100 10.0% 25,000
6 等 100 10 10.0% 250,000
合計 8.9 43.0% 280,302

東京都と近畿は条件が同じですが、違うクジで当せん番号もそれぞれです。

第2367回西日本くじ

等級 当せん金 当せん確率(分の1) 売上配分 本数
1 等 10,000,000 3,000,000 3.3% 1
1等の前後賞 2,500,000 1,500,000 1.7% 2
1等の組違い賞 100,000 103,448 1.0% 29
2 等 100,000 100,000 1.0% 30
3 等 50,000 10,000 5.0% 300
4 等 3,000 333 9.0% 9,000
5 等 1,000 100 10.0% 30,000
6 等 100 10 10.0% 300,000
合計 8.8 41.0% 339,362

関中東も含めて1等1本です。確率高いのは東京都と西日本の250万分の1です。
関中東は1等が500万分の1と東京都等の2倍当たりにくく還元率も低いです。
東京都へ通勤などしていて、関中東と東京都を選べるなら関中東ですね。
3等3万円は関中東の方が当たりやすいけど、2等が10万円ですからね。
今回は西日本も還元率が41%と低くなっています。

3月10日~3月31日 春一番くじ

単価:1枚200円
抽せん日:4月5日(月)、ブロックごとに抽選番号が違うのでご注意を。

1等3000万円、1等前後賞あわせて5000万円のブロック別宝くじです。
昨年までは春きらきらくじという名称でした。

第2561回 関東・中部・東北自治 宝くじ

等級 当せん金 当せん確率(分の1) 売上配分 本数
1 等 30,000,000 8,000,000 1.9% 1
1等の前後賞 10,000,000 4,000,000 1.3% 2
1等の組違い賞 100,000 101,266 0.5% 79
2 等 300,000 100,000 1.5% 80
新生活応援賞 30,000 2,500 6.0% 3,200
3 等 10,000 500 10.0% 16,000
4 等 1,000 50 10.0% 160,000
5 等 200 10 10.0% 800,000
合計 8.2 41.1% 979,362

第2499回東京都くじ

等級 当せん金 当せん確率(分の1) 売上配分 本数
1 等 30,000,000 2,000,000 7.5% 1
1等の前後賞 10,000,000 1,000,000 5.0% 2
1等の組違い賞 100,000 105,263 0.5% 19
2 等 300,000 100,000 1.5% 20
新生活応援賞 30,000 3,333 4.5% 600
3 等 10,000 500 10.0% 4,000
4 等 1,000 100 5.0% 20,000
5 等 200 10 10.0% 200,000
合計 8.9 44.0% 224,642

第2682回近畿くじ

等級 当せん金 当せん確率(分の1) 売上配分 本数
1 等 30,000,000 2,500,000 6.0% 1
1等の前後賞 10,000,000 1,250,000 4.0% 2
1等の組違い賞 100,000 104,167 0.5% 24
2 等 300,000 100,000 1.5% 25
新生活応援賞 30,000 2,500 6.0% 1,000
3 等 10,000 500 10.0% 5,000
4 等 1,000 100 5.0% 25,000
5 等 200 10 10.0% 250,000
合計 8.9 43.0% 281,052

第2369回西日本くじ

等級 当せん金 当せん確率(分の1) 売上配分 本数
1 等 30,000,000 2,000,000 7.5% 1
1等の前後賞 10,000,000 1,000,000 5.0% 2
1等の組違い賞 100,000 105,263 0.5% 19
2 等 300,000 100,000 1.5% 20
新生活応援賞 30,000 5,000 3.0% 400
3 等 10,000 1,000 5.0% 2,000
4 等 1,000 50 10.0% 40,000
5 等 200 10 10.0% 200,000
合計 8.2 42.5% 242,442

全てのブロックで1等1本。確率高いのは東京都と西日本の200万分の1
西日本は販売本数を抑えて、1等の確率を高めています。
上で紹介の100円くじの3分の2の総本数です。西日本はスクラッチが人気?

関中東は昨年の春きらきらくじと同様に1等3千万円が800万分の1です。
昨年の還元率の43.6%も低かったですが、今年は41.1%と100円クジ以下。
昨年の2等50万円、特別賞10万円が、今年はそれぞれ30万円と3万円。
新しいくじとして売りたいんなら、もっと条件良いので売り出して欲しいです。

春一番って2月の強風のイメージあったけど、3/10以降も結構あるようです。
新生活応援賞、コロナもあるし10万円ぐらいで応援して欲しかったなぁ。

p.s.計算間違いや誤記、疑問点があればお気軽にコメントしてください。

2件のコメントがあります

  1. 輝美

    東北地方で大型地震発生ですね・・・・・
    地震はいつ発生するかはわかりませんが
    台風は毎年、大被害をばらまいて行きますし
    地震や台風被害を受けると復旧費用として
    多額の税金を投入しているのが現状。
    (稀に震災復興宝くじが発売されますが)
    泥縄で税金を投入したり、募金やカンパを行うよりも
    増税なき財政再建、税金を投入しない復旧対策として
    用途を指定した(売上は全て復旧費用に回す)
    「防災宝くじ」でも定期的に発売して
    復旧費用を貯めておくべきかと思いますよ。
    .

    ——– コメントに対する返信 ——–
    復旧費用を貯めるのは賛成です!
    目的を限定して貯めるというのが無駄+不正の温床として、年金以外はしなくなってきてるようですが、きちんと管理してやった方がいいかと。
    原子力発電だって燃料費は安いんだろうけど、施設や燃料カスの廃棄費用、福島のような有事の補償等費用を算入すれば他の電源より割高なんだから、そういう時のために原子力分は高めに徴収して貯めておくべきだったし。(有事はないはずって言っても、あったんだから今後も備えるべき)
    地震保険の政府分とは別に、公共の復旧費用、最低限の民間の復旧費用として宝くじ分を貯めるのはいいですね!
    運用とかも民間にして、担当の役人が甘い汁を吸えないようにすればいいだけかと。
    .
    コロナ対策みたいに、政府に関連(献金とか)の企業が儲かるような出費をしないよう監視は必要ですね。

  2. 輝美

    毎月2回くらい定期的に防災宝くじを発売して
    益金の多用途への使用、切り崩しはもちろん禁止で
    政府預り金としてひたすら貯めておけば、
    いざという時はかなりの金額になりますよ。
    文句がある様な人は買わなければ良いだけの事ですし、
    売れた分だけ復興費用に回す事ができますので。

    但し、東日本震災復興宝くじだとか
    口蹄疫復興宝くじみたいに泥縄設定が見え見えで、
    更に下1桁が設定されていない様な宝くじはボツですね。

    還元率は50%固定の全国発売として
    1等が1億円超えの豪華版から1等数千万~数十万円が数本~数百本
    1等数万円の小口バラ撒き型などピンキリ売り出して
    顧客を飽きさせない設定にすると良いかと思います。

    1等が5万円くらいでも待つ楽しみや調べる楽しみもありますし。
    .

    ——– コメントに対する返信 ——–
    そうですね、宝くじの設定を大きく変える時期な気がします。
    レインボーくじ(地域医療等振興自治宝くじ)も健康に関する事業に使うといいつつ、
    甘い汁を吸いたい人とかで無駄金になっているからコロナの時とかだけ使えて、貯めるようにしたらいいのに。
    医療と災害のイザという時のために貯めるくじ いいですね!
    貯めるんだったら、年金くじと相性がいいと思うんですけど。ダメかな?

コメントを残す

CAPTCHA