一攫千金で億万長者になろう!

宝くじ等で高額当選者になる近道を

2019年ハロウィンジャンボ宝くじの確率と特徴

| 3件のコメント

ハロウィンジャンボ宝くじは昨年同様の1等前後賞あわせて5億円です。
同時発売のハロウィンジャンボミニは別記事にします。

第811回ハロウィンジャンボ宝くじの確率など

販売期間:2019年9月24日(火)から2019年10月18日(金)まで
単価:1枚300円
抽せん日:2019年10月30日(水) 宮崎市民文化ホール
抽選結果は夕方頃にみずほ銀行HPが更新され、翌日に新聞掲載されるはずです。

等級 当せん金 当せん確率(分の1) 売上配分 本数
1 等 300,000,000 10,000,000 10.0% 1
1等の前後賞 100,000,000 5,000,000 6.7% 2
1等の組違い賞 100,000 101,010 0.3% 99
2 等 5,000,000 5,000,000 0.3% 2
3 等 1,000,000 100,000 3.3% 100
4 等 100,000 5,000 6.7% 2,000
5 等 3,000 100 10.0% 100,000
6 等 300 10 10.0% 1,000,000
合計 47.3%  

本数は1ユニットあたり。8ユニットの予定なので、総本数は8倍です。

ポイント1:1等3億円で1ユニットに3本が1億円以上

1枚購入時の1億円以上が当たる確率は約333万分の1です。
オータムジャンボの時代からここ最近は1等3億円+前後賞各1億円です。

もっと高額なクジもありますが、普通の人生を送るには十分な額と思います。
逆にこれ以上の高額を使いこなすのは難しい気もします。
贅沢をし始めて上を見だすときりがないですし、すぐ足りなくなりそう。

ポイント2:ハロウィン賞がなく1万円台の賞金がない

昨年までにあったハロウィン賞がなくなり、等級も6等までになりました。
昨年は多すぎたけど、5等を減らして1万円台の賞金を入れてもよかったかと。

昨年は1万円と5万円の等級がありましたが、その2つがなくなりました。
更に2等が1000万円から500万円に減って、本数も3本から2本に減りました。
その代わり3等100万円が30本から100本に、4等10万円が1000本から2000本に。
合計の配分は47.3%で、昨年と同じでジャンボにしては低めのままです。

10万円(以上)の本数が増えたって宣伝したいがための変更と言えます。
2等が500万円に減額したのは残念です。昨年と同じにして欲しかった。

ポイント3:ハロウィンの時期には売っていない!?

一昨年は10/11~10/31が販売期間でした。昨年は10/1~10/23で売上増に。
今年は9/24~10/18です。ハロウィンは10/31ですが、離れていってます。

この時期ならオータムジャンボって言った方がいい気がしますが。。。
抽選日は昨年も今年も10/30とハロウィン前日です。抽選日のみ遅らせても。

ちなみに10/1を挟んで販売されますが、消費税増税の影響はありません。
宝くじは不課税取引に該当するそうで、消費税はもともと関係ないそうです。

ハロウィンジャンボの売上は?

昨年は9ユニット(270億円)の発売計画で258億円売れました。
なのに今年は8ユニット(240億円)の予定と弱気な計画です。
ただ、一昨年は199億円だし1.5倍まで追加発行できるようにしています。

ちなみに昨年のミニは4ユニット(120億円)の計画で113億円売れました。
一昨年は90億円だったので頑張りました。今年も4ユニットの予定です。

販売期間も25日間と長くとっているので、追加発行は微妙なところかな。

p.s.計算間違いや誤記、疑問点があればお気軽にコメントしてください。

抽せん会は細川たかしのコンサート付きだけど、入場無料で自由観覧とのこと。人気ないのかなぁ。

このエントリをはてなブックマークに登録

3件のコメント

  1. 今回のハロウィンですが2等500万円を2本、こんなせこい設定をせずに
    他の等級はそのまま、2等500万円を省いて
    下4桁3万円を1万分の3の割合で設定すると
    還元額もほぼ満額の14億9990万円となりますし、
    売上はガラッと変わるでしょうね。

    この設定では還元額よりも下4桁3万円×3000本がミソ

    中間部分がスカスカだとリスクが大きく
    皆さん購入を躊躇してしまいがちですが
    3万円が複数設定されていると・・・

    「3万買っても3万当たると数千円儲かり、更にひょっとしたら」
    こんな心理が働くんです
    皆さん意外と中間賞金や確率も読んで買っていますよ。

    又は思い切って下2桁3000円を省いて1等部分に2億円移す代わりに
    1等本体は1億5000万円に減額して2本設定、前後賞1億4本で
    1等部分が7億円、末等300円100万本と合わせて合計10億
    組違い賞10万円99本、下4桁3万円3000本で約1億
    各組共通100万円100本と10万円2000本はそのまま

    更に1億円残りますので1000万なり500万を10~20本、
    或いは下3桁1万円を1万本設定すれば完璧

    この設定だと売れますね

    ——– コメントに対する返信 ——–
    2等はせこいですよね。昨年同様の1000万円を3本でも、売上の+0.7%で合計48%になるだけなのに。
    1ユニット2本しか当たりがないのに500万円って。組と番号全て当てて500万円って。せこっ。
    ほんと、これなら省いて3万円を増やした方がよさそう。

    私は3000円を省いて1等の本数増に大賛成です!
    そんな設定なら、このブログでも微力ながら応援するのに。

  2. 億超え3本に対して2等500万円2本では
    この宝くじで億万長者になるよりも
    500万当てる方が難しいと突っ込まれますよ(その通りですが)

    ジャンボ宝くじ売上不振の原因は中間賞金の薄さが原因だと思いますよ

    皆さん確率や配分率も意外と読んで買っていますし
    数千万~数百万も個人で一度に買う様な人もいない。

    高額当籤者が「数百万~数千万円分一度に仕入れて当てた~」
    こんな噂が流れる事もありますが、当籤した事は本当でも
    購入額は後からの作り話で実際は数万から数十万程度だとか。

    せこい様でも、ジャンボに3万円が1000~3000本設定されていると
    「3万買っても3万当たると得するし、ひょっとしたら」と思いますね。

    ——– コメントに対する返信 ——–
    「億超え3本に対して2等500万円2本」
    そうですよねぇー。もっとなんとかして欲しいものです。
    年々、悪い方、悪い方へとくじ内容が変わっている気がします。

  3. ついに発売ですね。今回は売り切れがなくなったと動画でありましたが。

    ——– コメントに対する返信 ——–
    ジャンボの期間が来ましたねぇ。
    オータムジャンボとか計画額までしか販売できなかったのが、
    他のジャンボでもあったように、増額できるとなりましたねぇ。
    計画額の150%を上限に増額できるよう明記されましたが、売るための方策は???

コメントを残す

必須欄は * がついています


CAPTCHA