一攫千金で億万長者になろう!

宝くじ等で高額当選者になる近道を

2017年年末ジャンボ宝くじ10億円の確率と特徴

| 3件のコメント

年末ジャンボ宝くじは昨年同様の1等前後賞あわせて10億円です。
1等は2000万分の1です。
同時発売の年末ジャンボミニ年末ジャンボプチ700万円は別記事にします。
ハロウィンジャンボが明日からで気が早いですが、もう来月のことなので。

第731回年末ジャンボ宝くじの確率など

販売期間:2017年11月27日(月)から2017年12月22日(金)まで
単価:1枚300円
抽せん日:2017年12月31日(日)
抽選結果は夕方頃にみずほ銀行HPが更新され、翌日に新聞掲載されるはずです。

等級 当せん金 当せん確率(分の1) 売上配分
1 等 700,000,000 20,000,000 11.7%
1等の前後賞 150,000,000 10,000,000 5.0%
1等の組違い賞 300,000 100,503 1.0%
2 等 10,000,000 1,000,000 3.3%
3 等 1,000,000 100,000 3.3%
4 等 100,000 14,286 2.3%
5 等 10,000 1,000 3.3%
6 等 3,000 100 10.0%
7 等 300 10 10.0%
合計 50.0%

ポイント1:1等が日本宝くじで最低確率の2000万分の1

1等前後賞あわせて10億円ですが、3年連続の2000万本に1組です。
ロト7は約1030万分の1で最大10億円。通常のジャンボは1等1000万分の1。

今更、10億円は譲れないのでしょうが、2~6等を激減させるとか、末等300円を辞めるとか、なんとか1000万分の1に戻して欲しいです。
ミニとかプチの等級が増えたから、ジャンボは10億円以外を減らしても。
出来るなら、お祭りの年末ジャンボのみ配当率を60%とかにして欲しいけど。

1等の確率に目を向ける人が増えて、アンケートとかで反対意見が増えればなぁ。

ポイント2:組違い賞や2等の賞金が減で等級が増える

1等の組違い賞は昨年の50万円から30万円に。2等が1500万円から1000万円に。
その代わりに4等の10万円が増えました。バランスは良くなったかな。
きっちり50%になるように当せん本数を調整しているのは好感がもてます。

平成28年の年末ジャンボの売上は?

昨年は年末ジャンボ約1076億円、ミニ約366億円、プチ約262億円が売れました。
10億円が2年目でプチが出来たけど合計で200億円以上落ちていました。
今年も売上を落としそうです。特に目玉がない上ミニとプチの1等減額です。

キャンペーンについては、後日に追記する予定です。

このエントリをはてなブックマークに登録

Sponsored Links

3件のコメント

  1. ついに年末ジャンボの概要が発表されましたね。前回と同様2000万分の一で一等前後賞合わせて10億円となりましたが今回のほうが前回より当たる可能性が高い気がしますね。ハロウィンジャンボに比べればまだこちらのほうがましです。あちらは一等前後賞と1万円以下にほとんど使ってしまいましたからね。

    ——– コメントに対する返信 ——–
    ハロウィンジャンボも嫌だったけど、年末ジャンボも2000万分の1は当たる気がしない。。。
    いや!年末ジャンボで当てるんだ!

  2. 確かにハロウィンジャンボよりは年末ジャンボの方がまだマシな
    気がします。
    こんな当選配分と配当率では売り上げは減る一方ですよね。
    1等は5億で充分なんで、当選確率を高くしてほしいです。

    ——– コメントに対する返信 ——–
    ハロウィンジャンボの売上が悪かったら、発行元も気付いて欲しいです。本当に。

  3. 僕は今回思い切って連番20枚バラ10枚の30枚買います。前回より当たりやすくなったとはいえ一発勝負をかけます。

コメントを残す

必須欄は * がついています


CAPTCHA