一攫千金で億万長者になろう!

宝くじ等で高額当選者になる近道を

2013年2000万サマー宝くじの確率と特徴

| 2件のコメント

1等2000万円が高確率で当たる2000万サマーのご紹介です。
第646回2000万サマーは、サマージャンボの発売日と同じ7/10~8/2です。

2000万サマーの確率など

1等2000万円が当たりやすいのが特徴です。
単価は1枚300円で、抽せん日は平成25年8月13日(火)です。
夕方頃にみずほ銀行HPが更新され、翌日に新聞掲載されるはずです。

等級 当せん金 当せん確率(分の1) 売上配分
1 等 20,000,000 200,000 33.3%
1等の前後賞 100,000 100,000 0.3%
2 等 5,000 333 5.0%
3 等 300 10 10.0%
合計 48.7%

ポイント1:1等2000万円が20万分の1

同時発売のサマージャンボの1等は1000万分の1、2等は500万分の1です。
1等1000万円の100円くじでも、数百万分の1の確率だったりします。
2000万サマーは、33.3%も1等に配分され、賞金の割に当たりやすいです。

近いのは、ミニロトの1等(約1000万円)の約17万分の1ですね。
賞金額が倍近くなるし、ミニロトより高額配当を目指すにはよさそう。

ポイント2:バラの購入がおすすめ

連番で買うと2020万円の可能性がありますが、2000万円と大差ないです。
連番だと前後賞のみの当たりの可能性がほとんどないです。
バラなら2000万円に外れても、前後賞のみ10万円の可能性があります。

他の等級が少ないですし、バラで買って「ダメなら10万円でも」がよいかと。

ポイント3:昨年よりわずかに還元率アップ

昨年は賞金総額の売上からの配分が47.0%でした。
くじの条件は昨年の2000万サマーと全く同じとなっています。

このエントリをはてなブックマークに登録

2件のコメント

  1. 2017年に発売が予定されているサマージャンボプチはおそらくこんな感じになると思いますが。これからの情報に期待しましょう。

  2. 年末ジャンボプチがこういうくじならいいと思いますが。前後賞を50万円にしてそれ以外をこれにすれば還元率はちょうど50%になりますが。
    ちなみに今回のサマージャンボプチはこんな感じではなくミリオンドリームと同じになりましたね。

    ——– コメントに対する返信 ——–
    2017年のサマージャンボプチはなんか残念な形ですね。

コメントを残す

必須欄は * がついています


CAPTCHA