You are currently viewing 2022年バレンタインジャンボ宝くじ3億円の確率と3つのポイント

2022年バレンタインジャンボ宝くじ3億円の確率と3つのポイント

1等前後賞あわせて3億円のバレンタインジャンボ宝くじの紹介です。
同時発売で1万円以下の配分多いバレンタインジャンボミニは別記事です。

第912回バレンタインジャンボ宝くじの確率など

販売期間:2022年2月2日(水)から2022年3月4日(金)まで
単価:1枚300円 、 抽せん日:2022年3月11日(金)
抽せん結果は夕方頃にみずほ銀行HPが更新され、翌日に新聞掲載されるはず。

等級 当せん金 当せん確率(分の1) 売上配分 本数
1 等 200,000,000 10,000,000 6.7% 1
1等の前後賞 50,000,000 5,000,000 3.3% 2
1等の組違い賞 100,000 101,010 0.3% 99
2 等 10,000,000 3,333,333 1.0% 3
3 等 1,000,000 166,667 2.0% 60
4 等 50,000 10,000 1.7% 1,000
5 等 10,000 250 13.3% 40,000
6 等 3,000 100 10.0% 100,000
7 等 300 10 10.0% 1,000,000
合計 8.8 48.3% 1,141,165

本数は1ユニットあたり。10ユニットの予定なので、総本数は10倍です。

ポイント1:1等2億円で前後賞を合わせて3億円

ここ何年か同じですが、1等2億円前後賞あわせて3億円です。
1等と前後賞に額面の10%が割り振られています。
ジャンボとしては1等賞金が安めですが、他に40%割り振れるのがいいです。

サラリーマンの生涯手取り年収が2億円ぐらいらしいので、充分では?
3億円あれば、若くても働かず普通の生活+αぐらいは出来そうです。
どうせ、上を見だしたらキリがないし。その分、幸せになるとも思えないし。

ポイント2:前回から大幅変更なし

昨年のバレンタインジャンボとは各等級の賞金額は変わっていません。
4等5万円への配分が-3.3%で、3等100万円が+0.3%、5等1万円が+3.3%です。

100万円が増えたのは私は嬉しいけど、もっと増やして欲しかった。
5万円が減って、1万円が増えたのは私は悲しいです。

ポイント3:1万円と100万円が増えたと宣伝したいらしい

ジャンボとミニを合わせて、1万円以上,100万円以上の本数増えてます。

100万円以上の本数650本→1235本(ジャンボは560本→660本)
1万円以上の本数595,640本→622,225本(ジャンボは約33万本→約41万本)

これを今回のアピールポイントとしています。
で、発売後にアンケートを実施して効果検証するそうです。アンケートと言っても、今まで行っているアンケートに設問を追加する程度のようですが。
アンケートなんて、質問の作り方しだいでどうにでもなりそうだけど。
「100万円以上の本数が倍近くに増えて良かったですか?」なんて設問なら。

100万円以上、1万円以上と言っているけど、100万円や1万円の割合を増やせば増えるのは当然です。5万円以上の本数は半分以下に減っているんだから。

5万円1本を1万円5本にすれば、1万円以上の本数は5倍なんだから。
こんなダマしてやろうというアピールは嫌いです。馬鹿にされたみたいで。

バレンタインジャンボの売上は?

昨年のバレンタインジャンボは230億円売れました。
2年前の204億円、3年前の213億円、4年前の215億円から1割ほど増加です。
コロナ不況後で昨年は数字選択式も含めて売上増だったけど、今回は?
子供がいる家は給付金も出たし、まだ不況だし、まだ他の遊興費が抑え気味だし、昨年よりは落ちるだろうけど、2年前よりは売れるかな?

ミニは4年前110億円、3年前111億円、2年前92億円で、昨年は82億円です。
ミニとあわせて考えたら、昨年はそんなに増えていないですね。
昨年のミニは還元率が45%と低くなったせいで売れなかったんだ!
都合悪いことはアンケートで聞かないんでしょうけどね。

p.s.計算間違いや誤記、疑問点があればお気軽にコメントしてください。

5件のコメントがあります

  1. 輝美

    1万円の本数は前回より増えましたが、今回もテンプレに嵌め込んだ様なワンパターン設定ですね
    しかも、配分を少し変えるだけで同時発売のジャンボミニ1~3等を盛り込めるんですけど・・・

    例.1等2億円1本、前後賞5000万円、2等と3等にジャンボミニの1等2000万円5本と
    前後賞500万円10本をそのまま移行して総額1億5000万円、4等100万円100本、
    5等5万円1000本で総額6億円、下1桁と下2桁に6億円でもまだ3億円残ります

    何なら、1等2億円はそのままで前後賞を1億円に引き上げ、1等前後賞共4億円として億超え3本を設定、
    2等2000万円5本、3等500万円10本、4等100万円100本、5等5万円2000本
    下1桁と下2桁で6億円、下3桁1万円1万本、残り5000万円は組違い賞10万円99本
    バレンタイン賞2万円2000本で払い戻し総額14億9990万円

    寸評 ジャンボを基準に取ると下3桁1万円が1000分の4から1000分の1に減るが、
    億超え3本を実現、2等1000万円が2000万円に増えて本数も3本から5本に増加
    存在しない500万円10本や2万円2000本も設定されて、100万円と5万円も2倍増、
    1種類の宝くじにジャンボとジャンボミニの等級をほぼそのまま盛り込めるし
    ミニの同時発売さえ不要な筈、故意に売れない様な設定の宝くじばかり発売しては
    宝くじが売れないとほざいて無策ぶりを曝け出す運営、これでもシラを切るのか!と言いたいですね。
    .

    ——– コメントに対する返信 ——–
    1万円に固執さえしなければ、バレンタインジャンボ+ミニが1つのくじで出来ちゃうんですね!
    なんか、ここ1~2年は本当に能力ない人が設定している気がする。。。

  2. 輝美

    今回の様に14億数千万円還元にするのでしたら
    これでもいいんですよ

    1等1億5000万円1本
    1等の前後賞1億円2本
    1等の組違い賞10万円99本
    2等2000万円5本
    3等500万円10本
    4等100万円100本
    5等5万円1000本
    6等1万円2万本
    7等3000円10万本
    8等300円100万本

    1万円を1000分の4から1000分の2に変えるだけで
    1等前後賞の合計金額は5000円増で億超え3本も可能
    2等と3等にはそれぞれジャンボミニの1等と前後賞部分が設定できて
    4等100万円もジャンボを基準に取ると40本増でジャンボミニと確率は変わらず
    5等5万円と下2桁、下1桁の配分率も同じ、
    1万円の当籤確率1000分の2だって悪くないどころか、
    昨年のサマージャンボより2倍高く、昨年のバレンタインと同じ。

    これなら胴元の設定した還元率とほぼ同じですし、
    1枚の宝くじで今回のジャンボ&ジャンボミニ以上に魅力的な宝くじになる筈
    これでもシラを切るのか運営!ですね
    .

    ——– コメントに対する返信 ——–
    バラ派な私としては、1億円以上が3本はいいです!
    2000万円が5本あるのもいいです。ミニを買わずにこれだけで、いろんな夢が見れる!
    今回は1万円以上(100万円以上)の本数をアピールしたいみたいだから1万円の本数が極端に多いんだろうけど、バランス悪いですよね。

  3. いっそのことジャンボとミニを合わせてこうすればバランスがよくていいのですが。
    1等:1億円(1000万分の1)、前後賞:5000万円(500万分の1)、組違い賞:10万円(約10万分の1)、2等:1000万円(約333万分の1)、3等:500万円(100万分の1)、4等:100万円(約33万分の1)、5等:50万円(10万分の1)、6等:10万円(約33333万分の1)、7等:5万円(約3333分の1)、8等:1万円(約333分の1)、9等:3000円(100分の1)、10等:300円(10分の1)
    2011年以前のグリーン時代ならこうなっていましたね。

  4. 間違っていました。正しくは6等:10万円(約33333分の1)ですね。
    .

    ——– コメントに対する返信 ——–
    2等~6等の配分は低いけど、いろんな等級がバランス良くあるのはいいですね。
    昔の一時期のような等級の多さはもうしないのかな?
    私なら、2等1000万円(10本)、3等300万円(30本)、4等100万円(100本)、5等30万円(300本)、6等10万円(1000本)、7等3万円(3000本)、8等1万円(1万本)、9等3000円(10万本)、10等300円(100万本) かな。
    9等2000円に減らして、1等も前後賞も1億円の合わせて3億円、バラなら1億円が3本にしてみたいけど。

  5. 輝美

    1等1億5000万円1本
    1等の前後賞1億円2本
    1等の組違い賞10万円99本
    2等2000万円5本
    3等1000万円4本
    4等500万円10本
    5等100万円100本
    6等5万円1000本
    7等1万円2万本
    8等3000円10万本
    9等300円100万本

    払い戻し額14億9990万円
    これだとジャンボとミニのいいとこ取りで申し分ないかと

    しかし、1万円を1000分の4から1000分の2に減らすだけで
    ジャンボとミニの全ての賞金等級を1種類の宝くじに盛り込めるばかりか
    前後賞は50%増しで1億超え3本を実現、
    しかも、2等は1000万円から2000万円に増えて本数も2本増
    本来は2等だった1000万円も4本に増えるばかりか
    存在しなかった500万円10本も追加で更に100万円も40本増だし
    5万円と下1桁、下2桁の配分率も変わらない・・・

    運営も少しはこのブログでも眺めて、
    売れる設定の宝くじを発売しろと言いたいですね
    これだったら売れそうな気もしますが
    今回も1万円の本数を増やす事で30枚ほど買い求めて
    1万円当たれば上等でひょっとしたらと考える層を
    取り込もうという魂胆なんでしょうけど・・・
    .

    ——– コメントに対する返信 ——–
    2等2000万円が5本、3等1000万円が4本はミニ狙いの人も取り込めますね。
    当たりの番号が9個もあるので、1000万円~2000万円を重視しているアピールになるし。
    バランス考えると2等4本、3等6本でもよさそうです。新聞の欄取りすぎかな?
    .
    2000万円とか1000万円って使うイメージもつと、かなり使えて当たると嬉しいと思います。
    1万円だとねぇ。日々の支払いとかに紛れて生活は何も変わらなそうです。
    1万円当たってご褒美買うぐらいなら、宝くじを買わずにご褒美買えばって思ってしまう。

コメントを残す

CAPTCHA