一攫千金で億万長者になろう!

宝くじ等で高額当選者になる近道を

幸運の女神くじ(1等1億円)の確率と特徴

| 2件のコメント

昨年までブロックくじだった幸運の女神くじが今年は1等1億円全国くじに。
1等賞金が昨年の2000万円から大幅アップとなりました。

第846回幸運の女神くじの確率など

販売期間:2020年6月24日(水)から2020年7月17日(金)まで
単価:1枚200円
抽せん日:2020年7月27日(月)
抽選結果は夕方頃にみずほ銀行HPが更新され、翌日に新聞掲載されるはず。

等級 当せん金 当せん確率(分の1) 売上配分 本数
1 等 100,000,000 10,000,000 5.0% 1
1等の前後賞 25,000,000 5,000,000 2.5% 2
1等の組違い賞 100,000 101,010 0.5% 99
2 等 500,000 100,000 2.5% 100
3 等 50,000 10,000 2.5% 1,000
特別賞 20,000 1,000 10.0% 10,000
4 等 10,000 1,000 5.0% 10,000
5 等 2,000 100 10.0% 100,000
6 等 200 10 10.0% 1,000,000
合計 48.0% 1,121,202

本数は1ユニットあたり。4ユニット予定なので総本数は4倍です。

ポイント1:1等前後賞あわせて1.5億円に

昨年は1等2000万円と一昨年の4000万円から半減でした。
売れなかったのでしょう。今年は何年か前にもあった1等1億円です。
前後賞もそれぞれ2500万円昨年の1等よりも高額な全国クジになりました。

1等前後賞に7.5%配分で、賞金への総配分も48%と高めになっています。

ポイント2:2万円以下が当たりやすくなっている

1等は高額ですが、当たりやすいのは2万円以下の等級です。
48%のうち35%(賞金全体の約73%)が2万円以下への賞金です。
4等1万円と特別賞2万円が当たれば嬉しいなというクジ構成です。

3等も5万円と安めで、1億円はあるけど低額賞金を重視しています。
昨年までは幸運の女神賞だったけど、特別賞って名称のままなのかな?

ポイント3:サマージャンボの販売期間と重なる

昨年までより販売期間が長くなっていて、7/14からのサマージャンボと販売期間が一部重なっています。億の全国くじを併売してみるみたいです。
併売するぐらいなら、億のクジがない期間を減らして欲しかったかな。

2020年度の幸運の女神

先日、今年度の幸運の女神が発表されましたね。

p.s.計算間違いや誤記、疑問点があればお気軽にコメントしてください。
この投稿時点では5月末まで緊急事態宣言が延長という話題ですが、さすがに6月は宝くじ売場も復帰してそうですね!

このエントリをはてなブックマークに登録

2件のコメント

  1. ついに発売されましたね。今回は全国での発売なので間違えないように注意しましょう。

    ——– コメントに対する返信 ——–
    コメントありがとうございます。
    全国販売で、自粛店舗もほぼないと思うので売れるかな?

  2. 抽せんの結果一等は98組154439番になりました。

    ——– コメントに対する返信 ——–
    結果のコメントありがとうございます。
    自粛期間が今となっては嘘のようですが、このまま広がると秋には。。。

コメントを残す

必須欄は * がついています


CAPTCHA