一攫千金で億万長者になろう!

宝くじ等で高額当選者になる近道を

2017年サマージャンボミニ1億円の確率と特徴

| 2件のコメント

サマージャンボと同時発売されるサマージャンボミニは1等1億円です。
同時発売のサマージャンボプチ100万円は別記事にします。

第724回サマージャンボミニ1億円の確率など

販売期間:2017年7月18日(火)から2017年8月10日(木)まで
単価:1枚300円
抽せん日:2017年8月20日(日)
抽選結果は夕方頃にみずほ銀行HPが更新され、翌日に新聞掲載されるはずです。

等級 当せん金 当せん確率(分の1) 売上配分
1 等 100,000,000 2,000,000 16.7%
2 等 10,000,000 333,333 10.0%
3 等 100,000 10,000 3.3%
4 等 5,000 250 6.7%
5 等 300 10 10.0%
合計 46.7%

ポイント:1億円が200万分の1と当たりやすい

昨年のミニは100万分の1で7000万円だったのが、今年は200万分の1で1億円。
1億円狙いの私としては賞金額はいいですが、確率をもっと上げて欲しかった。

この前のドリームジャンボの時の1000万本に3本よりマシですが、昨年の年末ジャンボの時の1000万本に7本ぐらいがよかった。なお、今回は1000万本に5本です。

1等が抑えめな代わりに2等1000万円がそこそこ当たりやすくなっています。
今年のサマージャンボの2等1000万円の10倍当たりやすいですね。

1000万~1億円を当てるとうれしい人はミニですね。100万円の人はプチへ。

売上の配分は46.7%です。3等10万円の確率を倍にして、50%にして欲しかった。

平成29年のサマージャンボミニの売上は?

昨年は12ユニット(360億円)の発売計画で209億円(58%)しか売れていません。
1等7000万円は中途半端なんでしょうね。当たったときの夢が見にくいかな?

今年はプチも新設するし、9ユニット(270億円)の発売計画です。
1億円をアピールしてそこそこ売れて欲しいです。
今後も1億円に特化した宝くじが販売されると私はうれしいです。

このエントリをはてなブックマークに登録

Sponsored Links

2件のコメント

  1. ・去年のサマーまで1等が10本だったのに、年末ではジャンボの10億円に合わせて1億円にしちゃったもんだから7本に減。ドリームでまさかの3本になりましたが、今回のサマーが5本ですか。色々試している様ですが、7000万円より1億円の方が響きや見栄えがいいのかな。個人的には1億円なら7本、7000万円なら10本に落ち着かせた方がいい様な。もう5000万円に戻る事はなさそうですね。1等が5回抽選なので5本5億円狙えるのと、2等が1000万円なのがせめてもの救いかな。

    ・去年は計画の58%しか売れなかったんですか(@_@)。最近は当たらないジャンボより当たるかも知れないミニの方が好きですが、やっぱり皆さん大きい金額に惹かれるんですねぇ。それで協会も1等を誇示するんだろうけど、今回はミニが最もマシだと思います。

    ——– コメントに対する返信 ——–
    ハロウィンジャンボのミニは1等前後賞5000万円が10本のようです。
    1億円10本がいいですが、1億円なら7本、7000万円なら10本に固定して欲しいですね。
    私もミニが好きなんで、売れてくれるといいんですけどねぇ。

  2. 抽せんが今日行われ一等は83組126564番と04組161076番と78組130463番と64組123422番と72組183788番になりました。

コメントを残す

必須欄は * がついています


CAPTCHA