一攫千金で億万長者になろう!

宝くじ等で高額当選者になる近道を

2016年年末ジャンボミニ1億円の確率と特徴

| 3件のコメント

年末ジャンボ宝くじと同時発売されるミニ1億円の内容を調べました。
1億円に特化しているから約143万分の1と高確率で当たりますよ!
プチ1000万円はまた別記事にします。

第705回年末ジャンボミニ1億円の確率など

販売期間:2016年11月24日(木)から2016年12月23日(金)まで
単価:1枚300円
抽せん日:2016年12月31日(土)
抽選結果は夕方頃にみずほ銀行HPが更新され、翌日に新聞掲載されるはずです。

等級 当せん金 当せん確率(分の1) 売上配分
1 等 100,000,000 1,428,571 23.3%
2 等 1,000,000 50,000 6.7%
3 等 3,000 100 10.0%
4 等 300 10 10.0%
合計 50.0%

ポイント:1等1億円が143万分の1で当たる

賞金が億の宝くじは確率が低くなりますが、ミニは比較的に高確率です。
ロト6の1等は約610万分の1、totoBIGの1等は約478万分の1、ドカント4twoが約168万分の1、平成22年の年末ジャンボで1億円以上の確率が約167万分の1。

過去のミニ7000万円の100万分の1もいいですが、やはり「億」ですよね。

そのほかの等級は、まぁ普通です。
年末ジャンボがあるんだから、ミニは2等以下(特に300円や3000円)をなくして、その分、1億円の本数を増やして欲しいぐらいです。

年末ジャンボミニ1億円は売れるか?

昨年のミニ7000万円は17ユニット近く売れましたが、今年のミニ1億円は15ユニットの予定です。
プチ1000万円(10万分の1)を販売するから、売れないと見たんでしょうね。
他の宣伝に隠れて、宣伝での露出も少なくなるのかも。

ただ、私はこれを狙います。売れると思うんだけどなぁ。
ジャンボ7億円の14倍ぐらい当たりやすいし、額もいいし。

生涯年収の倍以上の7億円までなくてもいい。遊んで暮らせば無くなる額だし。
1億円あれば40年働くとして毎年250万円(月21万円弱)のプラス収入。
一生、+αの生活をしてもいいし、年齢によっては早期退職もできる額。
(私は今の生活レベルでよいので、早期退職派です。)

1000万円だと、一生プラスの生活をするほどではない。
一生に一度当たればいい方の宝くじで狙うには少ないかな。

このエントリをはてなブックマークに登録

Sponsored Links

3件のコメント

  1. ・年末ジャンボは10億円になったのに、他のジャンボ同様ミニの7000万円はどうかと思いましたが、やっぱりそうきましたか。今回はプチも新設されたし。同じく確率が下がるなら7000万円でもいいですが、ロト6がキャリーオーバーしてなければ1億円程度の昨今。ましてや1等が3本も出てしまった回には4000万円にも届かず。大台の1億円がこの確率ならアリなのかな。ひと昔前のジャンボの2等1億円が1/500万でしたからね。どうせならロト6と差別化を図って、2等以下をなくすのも面白いですね。「1等1億円225本!何と1ユニットに15本!」の方がアピールできると思うんですが。お互い当たるといいですね。いや、もうそろそろ当てましょう(笑)。

    ——– コメントに対する返信 ——–
    1ユニットに1億円が15本の当たり、いいですね!1枚200円で1ユニット10本の当たりでも。
    年末ジャンボのおまけに買うって位置づけなら、安くて2等以下なしってのもいいのでは。
    そうですね、そろそろ当てましょう!!

  2. 今回はジャンボミニは1等の確率1000万分の7
    今までの100万分の1より数学上の確率は下がるが
    1等抽籤が組下1桁+6桁の一発勝負から1等7回抽籤に変わり
    7枚買って1等が7枚入っている可能性もある。

    おそらく今回は思いがけない売り場からも
    億万長者が続出すると思いますよ

    ——– コメントに対する返信 ——–
    そうですね!思いがけず私の購入する売り場から億万長者がでますよ!
    もちろん、当たるのは私!?

  3. ミニを230枚買ってみました

    ——– コメントに対する返信 ——–
    230枚!大勝負でしたね。どうでしたか?
    私は残念ながら。。。

コメントを残す

必須欄は * がついています


CAPTCHA