一攫千金で億万長者になろう!

宝くじ等で高額当選者になる近道を

宝くじに当たる確率は交通事故に遭う確率の◯倍だった!

| 0件のコメント

本日は短めの記事を。

宝くじに当たる確率は交通事故に遭う確率の◯分の1だった!

上のタイトルの記事があり、

日本では毎年5000人ほどが交通事故で亡くなっていますが、この確率を計算すると、約2万6000分の1。つまり、宝くじで1等が当たる確率より、交通事故で死ぬ確率のほうが380倍も高いことになります。

と記載されていました。

宝くじ反対派の典型的な記事です。
何がおかしいって、宝くじは1枚購入したときの確率で、交通事故は1年間生活したときの確率です。

1年間で1億円以上の宝くじに当せんする人は、日本で500人程度です。
なので、宝くじに当たる確率は10分の1とも言えます。

いえいえ、交通事故は車を運転しない人でも、子供でも被害に遭う可能性があります。
(先日も小1の子が50歳女性の運転する車にはねられ死亡するという痛ましい事件がありました。)
宝くじは購入した人しか当たりません。
宝くじを購入する人は10人に1人もいないぐらいです。
そう考えると、宝くじで1億円以上当たる確率と交通事故に合う確率は同じぐらいです。

1億円以上と限定しなければ、宝くじ愛好家のほとんどが末等には当たっているでしょう。
仮に少なめにみて500万人だとすると、交通事故に遭う確率の1000倍ってことです。

まぁ、末等が当たってもうれしくないけど、100万円以上だったら1億円より当たる確率が上です。

さらに、

ほとんどの人は、自分が交通事故で死ぬなんて夢にも思わず、宝くじの1等当選を夢見るのです。

と書かれていました。

自動車保険の市場規模は宝くじの3.5倍はあるようです。自賠責を入れれば4.5倍。
この他に交通事故に備えて交通災害共済とか生命保険にも災害時の保険があります。
多くの人が交通事故のことを考えて、備えています。宝くじだけ考えているのではないです。

それに、悪いことを常に夢見るより、良いことを夢見た方が精神的によいです。

こういう記事にだまされないようにしたいです。

このエントリをはてなブックマークに登録

Sponsored Links

コメントを残す

必須欄は * がついています


CAPTCHA