一攫千金で億万長者になろう!

宝くじ等で高額当選者になる近道を

2回目の配当1億円超のWIN5で分かったこと

| 1件のコメント

6/12のJRAのWIN5で約1.3億円の配当が7口も出ました!!
始まってから8回目のWIN5で2回目の1億円突破です。
新たに分かった傾向の紹介を。キャリーの発生も近い?

単勝馬券とWIN5の比較

まず、単勝を5連続で当てたときとの賞金の比較をします。
単勝は、的中額を全額次レースに投じたとします。(100円未満も)
単勝で5連続の的中だと、15,537,608円となります。
WIN5の払戻金が、130,517,249円と約8.4倍でした。

単勝投票率とWIN5の的中率の差を細かく見てみます。

1レース目:単勝投票率 4.3%:WIN5的中 2.4%
2レース目:単勝投票率 7.7%:WIN5的中 5.3%
3レース目:単勝投票率 0.8%:WIN5的中 1.4%
4レース目:単勝投票率22.6%:WIN5的中10.3%
5レース目:単勝投票率33.7%:WIN5的中31.8%
5レース計:単投票率0.00020%:WIN5的0.00005%
(注:WIN5はそれまで的中していた人の中の的中率です。)

最初の2レースはいつもの傾向ですが、3レース目から異変が。
WIN5と単勝オッズの関係
3レース目は単勝0.8%なので、人気に偏るWIN5では票がほとんどないはず。
しかし、実際は単勝より1.5倍以上も多い得票率です。(図の緑○)
図になると分かりにくいですが、WIN5で当てた人が多すぎです。

こうなった理由は、適当買い(ランダム)で当てた人が多いからです。
その証拠に、1番人気で決まった次の2レースがいつもと違います。

4レース目は図の赤○です。明らかにWIN5で当てた人が少ないです。
単勝1番人気で22.6%なのに、WIN5では10.3%しか当たっていません。
5レース目は図の紫○です。ここでもWIN5で当てた人が少なめです。
5レース目は22口中7口と絶対数が少ないため、参考にしにくいですが。

なぜ、人気決着でのWIN5での的中がいつもより少ないのか?
それは、3レース目で適当買いの人が多く生き残ったからでしょう。
メイン(5レース目)まで、ランダムで買う人は少なかったかな。

ランダム購入はどの位?狙える?

totoの楽当を利用する人は数%います。
今回の結果をみると、WIN5でもその位はいそうです。

今回はよく分からないレース(新潟開催)をランダムにして当てた人がいそうです。
それでは、ランダムを組み合わせた方がいいのでしょうか?
結論から言うと、やはりランダムは辞めましょう。平均的には損な買い方です。

15頭中の13番人気まで買うと、予算がいくらあっても足りません。
そこまで対象に入れなくても1億円は狙えます。
大穴で決着しても上限は2億円です。
ランダムで大穴を買っちゃうぐらいなら、オッズ的によいのを機械的に選びましょう。

WIN5の狙い目

前回の分析結果では、単勝15倍以上を1~2レース取り入れながら、
全体で賞金1000万円~1億円程度を狙うと効率がよさそうと書きました。
今回的中の5レース分のオッズをかけると約16万倍で、単15倍以上が2レースです。
これだけ見ると、狙えそうな気もしますが、さすがに13番人気を私は買えません。

単勝100倍(万馬券)近くはランダム買いの人がいて、配当的な旨みがないと分かりました。
その馬が気になっているなら買ってもいいですが、オッズで判断なら買えないですね。
ランダム買いの人がいても、配当的にお得な単勝30倍程度以下で勝負かな。

単勝100倍近い馬が勝ってしまったら、キャリーオーバーになることを願いましょう。

このエントリをはてなブックマークに登録

Sponsored Links

1件のコメント

  1. ピンバック: WIN5でキャリーオーバー初発生!どう狙う? | 一攫千金で億万長者になろう!

コメントを残す

必須欄は * がついています


CAPTCHA