一攫千金で億万長者になろう!

宝くじ等で高額当選者になる近道を

ロト6やナンバーズは震災で売上2割ダウン

| 1件のコメント

公営ギャンブルやtotoなどは震災により軒並み中止となっています。
しかし、宝くじやロト6などは通常どおり販売、抽選が行われています。

ロト6の売上の状況

昨日に震災後初めてのロト6の抽選が行われました。
1等約1.36億円が2口でています。
売上を見ると、前週や前々週などと比べ、約2割ほど落ちています。
震災前の3/11の午前中から販売はしていましたが、ほぼ震災後です。

物理的に販売されていなくて購入できなかったところも多いようですし、
人口の多い首都圏でも交通機関のみだれやみずほ銀行のシステム障害の影響もあったかもしれませんが、買い控えている人が多いためだと思われます。

ただ、次にあげるナンバーズよりは売上が落ちていないようですね。
大金を当ててなんとか、っていう新たな購入層もいたのかも。
継続買いで、震災前から自動で買っていた人はそれほどいない気が。

ミニロトの販売状況

ミニロトは、今週火曜日(3/15)に抽選がありました。
販売期間が3/9~3/15ですが、以前と比べ約2割ほど売上が落ちています。
ロト6より売上が落ちているような状況です。
やはり、ロト6は辞めないっていう人や新たな購入層がいるのかな。

ナンバーズの販売状況

平日は毎日販売されているナンバーズ3の売上の推移をグラフにしました。
ナンバーズ3の売上
明らかに3/11の震災後から売上が落ちているのが分かるかと思います。
平均すると、売上は25%ほど落ちています。
3/11の震災があった日から落ちていますね。
首都圏の人は交通機関の乱れなどで購入している場合じゃなかっただろうし、
他の地域の方も広い範囲で震災を知って、気にしていたのでしょう。
今週に入っても、ほとんど売上の減少幅は変わらないですね。
だんだん販売を再開した売り場もあるだろうし、首都圏の混乱も徐々に収まってきているのでしょうが、あまり関係ないようですね。

最後にナンバーズ4の売上の推移を示します。
ナンバーズ4の売上推移
ナンバーズ3と同様な状況ですね。
こちらも2割ちょっとの売上減です。
ロト6、ミニロト、ナンバーズ4、ナンバーズ3の順で売上の減りが大きいです。
賞金が安いものほど買い控えたり、今は辞めようと思う心理が強いのかな。

月曜日のみずほ銀行のシステム障害は、寄付金を振り込む人が殺到したのでは?
という意見もあるそうです。真偽のほどは調査中だそうですが。

宝くじなどの売上は、約4割が販売された地域の自治体の収入となります。
4.5割が賞金で、経費の1.5割のうちわずかの額が震災等に使われるかもしれませんが、そんなに期待できるものではないです。
ナンバーズ3などを買うお金を「今回は寄付!」って言う人が多かったのかも知れません。
私も、チャリロトやJリーグなどが開催されずに浮いたお金を寄付しよう。

その後に、約4割の部分が震災復興に当てられる震災復興クジが販売されたら寄付を兼ねて購入しますよ。
ポイントによる募金は、忘れていたポイントも寄付するようにしてます。
ドリームメールは問い合わせしたその日にポイント募金を始めたと回答ありました。
ソースネクストのマイレージは「関係部署に伝え、検討する」そうです。
皆さんも半端なポイントがあったら、企業に問いかけてはどうでしょうか。

あっ、Kドリームスのデルカが今月末に有効期限だった!!
3月中は中止で使えないし、さっそく問い合わせよう。
—追記
Kドリームスは対応が決まり次第ご連絡しますって案内がありました。
まぁ、有効期限の延長の気がします。

このエントリをはてなブックマークに登録

1件のコメント

  1. ピンバック: 週2回になりロト6は大幅売上増 | 一攫千金で億万長者になろう!

コメントを残す

必須欄は * がついています


CAPTCHA