You are currently viewing 2022年年末ジャンボ宝くじ10億円の確率と3つのポイント

2022年年末ジャンボ宝くじ10億円の確率と3つのポイント

1等前後賞あわせて10億円の年末ジャンボ宝くじの紹介です。
同時発売で1万円が当たる年末ジャンボミニは別記事にします。

第945回年末ジャンボ宝くじの確率など

販売期間:2022年11月22日(火)から2022年12月23日(金)まで
単価:1枚300円
抽せん日:2022年12月31日(土)
抽せん結果は夕方頃にみずほ銀行HPが更新され、翌日に新聞掲載されるはずです。

等級 当せん金 当せん確率(分の1) 売上配分 本数
1 等 700,000,000 20,000,000 11.7% 1
1等の前後賞 150,000,000 10,000,000 5.0% 2
1等の組違い賞 100,000 100,503 0.3% 199
2 等 10,000,000 5,000,000 0.7% 4
3 等 1,000,000 500,000 0.7% 40
4 等 50,000 10,000 1.7% 2,000
5 等 10,000 333 10.0% 60,000
6 等 3,000 100 10.0% 200,000
7 等 300 10 10.0% 2,000,000
合計 8.8 50.0% 2,262,246

本数は1ユニットあたり。23ユニットの予定なので、総本数は23倍です。

ポイント1:1等は7億円で、前後賞は各1.5億円

例年通り1等前後賞を合わせて10億円です。1等のみだと7億円です。
前賞もしくは後賞のみでも1.5億円あります。バラでこれらを狙っても。

年末ジャンボは1組が2000万本もあるので、1等確率は低いです。
バラで買えば、約667万分の1で1.5億円以上となるのでそこそこの確率では。
運が良ければ7億円ですし、10億円と幸福度は大差ないですよ!

ポイント2:2年続けて全く同じ条件に

2年続けて全く同じ条件になりました。変わらないのは年末ジャンボぐらい。
まぁ、無理に変えなくても良いので、悪いことではないです。
昨年同様だと私がブログに書くことがあまりなくなるだけで。

ポイント3:1万円が当たりやすく5万円超は期待薄

5万円超の本数が少ないです。組違い賞の10万円を除くと更に。
1万円以下の当たりに賞金総額の6割が配分され、2~4等はあわせて0.6割
1等が超高額なので、中間賞金が薄いのはしょうがないのですが。

年末ジャンボの売上は?

昨年(2021年)は、ミニとあわせて1365億円で、近年最低の売上でした。
2020年が1434億円、2019年が1409億円です。

年末ジャンボだけでも、昨年1078億円で一昨年1130億円から売上減でした。
テコ入れのために条件を代えるのでもなく、販売予定を1ユニット増やしてます。
見かけ上の経費を下げるための策だったら、なんだかなぁという気持ちです。
何か今年は売れる条件とか、売れそうな気配があるのでしょうか?

同時販売の(2等)百万円ミニは私好みで売れて欲しいですが。

p.s.計算間違いや誤記、疑問点があればお気軽にコメントしてください。

6件のコメントがあります

  1. 輝美

    10億円は魅力ですがバランス的には・・・・・
    年末の売上減も確率の低さが原因ではと
    下1、下2桁の20%固定は良いとしても
    下3桁の配分が些か多いですし、こんな感じでも良いかと
    A案
    1等前後賞共10億円
    1等組違い賞100万円199本(実質各組共通)
    2等1000万円20本
    3等5万円4000本
    4等1万円2万本
    5等3000円20万本
    6等300円200万本

    もしくは1ユニット1000万枚としてB案
    1等前後賞共10億円
    組違い賞10万円99本
    2等1000万円3本
    3等10万円300本
    4等1万円4000本
    5等3000円9000本
    6等300円10万本

    B案は小口賞金も少なく中間は薄いが1等の確率が高く
    ひょっとしたらの期待もあるかと思いますよ
    .

    ——– コメントに対する返信 ——–
    下3桁の1万円の本数が多いですよね。
    ミニの方で1万円から100万円重視になったので、これが売れたら1万円重視も改めるかな?
    A案もいいですが、B案の1ユニット1000万円がいいですね。
    頭が古いのか、どうも1ユニットで2000万本もあって132組とかは違和感あるんですよね。

  2. 輝美

    1等前後賞共3億円で良いのでしたら、こんな設定も

    1等2億円3本
    前後賞5000万円6本
    組違い賞10万円297本
    2等50万円100本
    3等3万円1000本
    4等1万円1万本
    5等3000円9000本
    6等300円100万本

    下2桁は無いが下3桁1万円に加え
    下4桁と各組共通もあるし、1等3本は魅力
    最近のジャンボミニは1等数千万円が3~5本くらいですし
    年末の1等が10億円でしたら
    これをジャンボミニとしても良いかも知れませんね
    .

    ——– コメントに対する返信 ——–
    1等前後賞3億円で本当に充分だし、私はそっちがいいのですが、
    売るには購入者の意識を変えるほどの宣伝なりが必要ですね。
    最初は年末ジャンボではなく、ハロウィンジャンボあたりで2~3億円あればって考えになってもらって。
    .
    ジャンボが1等10億円なら、ミニは1等1億円、1等前後賞あわせて2億円ぐらいがいいかも。
    それでミニの方が売れる状況になってくれるといいんだけどね。

  3. 1等:3億円(2000万分の1)、前後賞:1億円(1000万分の1)、組違い賞:10万円(約10万分の1)、2等:1000万円(100万分の1)、3等:100万円(20万分の1)、4等:10万円(約33333分の1)、5等:1万円(約333分の1)、6等:3000円(100分の1)、7等:300円(10分の1)、年末ラッキー賞:3万円(2000分の1)
    これならバランスがとれた昔のくじに近くなりますね。
    .

    ——– コメントに対する返信 ——–
    バランスが取れて、1等の額も私はそのぐらいでいいです!
    ただ、2000万分の1だと、組数が多くて1等と前後賞しか関係ないけど、
    「年末ジャンボって百何十組とかあって、当たりにくいでしょ。」
    って年末ジャンボ全体が当たりにくい印象を与えているような。

  4. 輝美

    1ユニット1000万枚、バランス型だと、やはりこの線ですね
    1等1.5億円2本
    前後賞1億円4本
    組違い賞10万円198本
    2等1000万円10本
    3等100万円100本
    4等3万円3000本
    5等3000円9000本
    6等300円100万本
    特別賞1万円1万本
    払戻額14億9980万円
    .

    ——– コメントに対する返信 ——–
    こんなバランス型のジャンボが普通でいいですよね。5等をもうちょっと工夫したいですが。
    年末ジャンボじゃなくて、ハロウィンとかバレンタインだったらバランス型でこんなのがよい気が。

  5. 二郎

    発売期間が2日間となってます
    .

    ——– コメントに対する返信 ——–
    ご指摘、ありがとうございます!
    12月からだったのを11月に修正しました。
    すみません、今後ともよろしくお願いいたします。

  6. 最近の傾向と昔の法律を参考にするとこんな理想的なジャンボ宝くじができますね。
    ドリームジャンボが
    1等:1億円(約333万分の1)、組違い賞:10万円(約33670分の1)、2等:50万円(10万分の1)、3等:3000円(約333分の1)、4等:1000円(25分の1)、5等:300円(5分の1)、ラッキードリーム賞:3万円(1万分の1)
    ドリームジャンボミニが
    1等:1万円(100分の1)、2等:1000円(50分の1)、3等:300円(10分の1)
    サマージャンボが
    1等:2億円(1000万分の1)、前後賞:5000万円(500万分の1)、組違い賞:10万円(約10万分の1)、2等:10万円(約33333分の1)、3等:1万円(200分の1)、4等:3000円(100分の1)、5等:300円(10分の1)
    サマージャンボミニが
    1等:30万円(25000分の1)、2等:1万円(100分の1)、3等:300円(10分の1)
    ハロウィンジャンボが
    1等:1億円(1000万分の1)、前後賞:5000万円(500万分の1)、組違い賞:10万円(約10万分の1)、2等:100万円(20万分の1)、3等:10万円(2万分の1)、4等:1万円(200分の1)、5等:3000円(100分の1)、6等:300円(10分の1)
    ハロウィンジャンボミニが
    1等:1000万円(100万分の1)、2等:1万円(100分の1)、3等:300円(10分の1)
    年末ジャンボが
    1等:3億円(2000万分の1)、前後賞:1億円(1000万分の1)、組違い賞:10万円(約10万分の1)、2等:1000万円(100万分の1)、3等:100万円(10万分の1)、4等:10万円(25000分の1)、5等:1万円(約333分の1)、6等:3000円(100分の1)、7等:300円(10分の1)、年忘れラッキー賞:3万円(約3333分の1)
    年末ジャンボミニが
    1等:3000万円(100万分の1)、前後賞:1000万円(50万分の1)、2等:100万円(10万分の1)、3等:5万円(1000分の1)、4等:3000円(約333分の1)、5等:300円(10分の1)
    バレンタインジャンボが
    1等:1億円(1000万分の1)、前後賞:5000万円(500万分の1)、組違い賞:10万円(約10万分の1)、2等:100万円(10万分の1)、3等:10万円(25000分の1)、4等:1万円(200分の1)、5等:3000円(100分の1)、6等:300円(10分の1)
    バレンタインジャンボミニが
    1等:1000万円(100万分の1)、2等:100万円(10万分の1)、3等:10万円(2万分の1)、4等:1万円(200分の1)、5等:3000円(100分の1)、6等:300円(10分の1)
    ちなみにジャンボは当時の総務省の指定受けありでミニは指定受けなしです。
    .

    ——– コメントに対する返信 ——–
    私はこの中だとバレンタインジャンボがいいですね。
    ドリームジャンボの1等が当たりやすいのも捨てがたいけど、2等100万円が当たりやすいのがいいなと。
    年末ジャンボ、発売中ですね!

コメントを残す

CAPTCHA