2021年4月に販売される100円くじなどの確率と特徴

2021年4月に販売される100円くじなどの確率と特徴

2021年の4月に販売されるスクラッチではない通常の宝くじの紹介です。
新宝くじ?として1等6千万円の春の開運宝くじは別記事で紹介です。

4月1日~4月20日 1等1000万円の100円くじ

単価:1枚100円
抽せん日:4月23日(金)、ブロックごとに抽せん番号が違うのでご注意を。

1等1000万円、1等前後賞あわせて1500万円の宝くじです。

第2562回 関東・中部・東北自治 宝くじ

等級 当せん金 当せん確率(分の1) 売上配分 本数
1 等 10,000,000 5,000,000 2.0% 1
1等の前後賞 2,500,000 2,500,000 1.0% 2
1等の組違い賞 100,000 102,041 1.0% 49
2 等 300,000 100,000 3.0% 50
3 等 30,000 5,000 6.0% 1,000
4 等 5,000 500 10.0% 10,000
5 等 1,000 100 10.0% 50,000
6 等 100 10 10.0% 500,000
合計 8.9 43.0% 561,102

第2500回東京都くじ、第2683回近畿くじ

等級 当せん金 当せん確率(分の1) 売上配分 本数
1 等 10,000,000 1,500,000 6.7% 1
1等の前後賞 2,500,000 750,000 3.3% 2
1等の組違い賞 100,000 107,143 0.9% 14
2 等 300,000 100,000 3.0% 15
3 等 30,000 10,000 3.0% 150
4 等 5,000 1,000 5.0% 1,500
5 等 1,000 100 10.0% 15,000
6 等 100 10 10.0% 150,000
合計 9.0 41.9% 166,682

東京都と近畿は条件が同じですが、違うクジで当せん番号もそれぞれです。

第2370回西日本くじ

等級 当せん金 当せん確率(分の1) 売上配分 本数
1 等 10,000,000 2,000,000 5.0% 1
1等の前後賞 2,500,000 1,000,000 2.5% 2
1等の組違い賞 100,000 105,263 1.0% 19
2 等 300,000 100,000 3.0% 20
3 等 30,000 5,000 6.0% 400
4 等 5,000 1,000 5.0% 2,000
5 等 1,000 100 10.0% 20,000
6 等 100 10 10.0% 200,000
合計 9.0 42.5% 222,442

関中東も含めて1等1本です。確率高いのは東京都と近畿の150万分の1です。
関中東は1等が500万分の1と東京都等の3倍以上当たりにくいです。

関中東前回3月から2等が10万円から30万円へ3倍増えています。
総本数や当籤本数は同じのため、還元率が43%とアップしています!
東京都と近畿前回43%から41.9%にダウンしてます。100円くじは43%前後は欲しい。

今回の変更は、前回と今回のブロック別の売上を見て、還元率が売り上げに与える影響を見ているのかなぁ。それなら、4月は関中東と西日本の人は購入!で、東京都と近畿の人は買わないように!?

4月7日~4月27日 春の開運宝くじ

単価:1枚200円
1等6000万円、1等前後賞あわせて1億円!のブロック別宝くじです。
昨年は宝くじ発売75周年記念くじという名称でした。

詳細は、春の開運宝くじの記事(1等前後賞合わせて3千万円)
 を参照してください。

4月21日~5月11日 1等1500万円の100円くじ

単価:1枚100円
抽せん日:5月14日(金)、ブロックごとに抽せん番号が違うのでご注意を。

1等1500万円、1等前後賞あわせて2000万円の宝くじです。

第2565回 関東・中部・東北自治 宝くじ

等級 当せん金 当せん確率(分の1) 売上配分 本数
1 等 15,000,000 5,000,000 3.0% 1
1等の前後賞 2,500,000 2,500,000 1.0% 2
1等の組違い賞 100,000 102,041 1.0% 49
2 等 300,000 50,000 6.0% 100
3 等 30,000 5,000 6.0% 1,000
4 等 5,000 1,000 5.0% 5,000
5 等 1,000 100 10.0% 50,000
6 等 100 10 10.0% 500,000
合計 9.0 42.0% 556,152

第2503回東京都くじ、第2686回近畿くじ

等級 当せん金 当せん確率(分の1) 売上配分 本数
1 等 15,000,000 2,000,000 7.5% 1
1等の前後賞 2,500,000 1,000,000 2.5% 2
1等の組違い賞 100,000 105,263 1.0% 19
2 等 300,000 100,000 3.0% 20
3 等 30,000 10,000 3.0% 200
4 等 5,000 1,000 5.0% 2,000
5 等 1,000 100 10.0% 20,000
6 等 100 10 10.0% 200,000
合計 9.0 42.0% 222,242

東京都と近畿は条件が同じですが、違うクジで当せん番号もそれぞれです。

第2373回西日本くじ

等級 当せん金 当せん確率(分の1) 売上配分 本数
1 等 15,000,000 3,000,000 5.0% 1
1等の前後賞 2,500,000 1,500,000 1.7% 2
1等の組違い賞 100,000 103,448 1.0% 29
2 等 300,000 100,000 3.0% 30
3 等 30,000 5,000 6.0% 600
4 等 5,000 1,000 5.0% 3,000
5 等 1,000 100 10.0% 30,000
6 等 100 10 10.0% 300,000
合計 9.0 41.6% 333,662

関中東も含めて1等1本です。当たりやすいのは東京、近畿の200万分の1です。
関中東より2.5倍西日本より1.5倍1等が当たりやすいです。

関中東は1等が当たりにくい代わりに2等、3等が当たりやすいです。
西日本は1等が少し当たりにくい代わりに3等が当たりやすいです。

全てのブロックで賞金額が同じです。還元率も42%ぐらいでほぼ同じ
1等1000万円でいいから、2等100万円、3等10万円、4等1万円がいいな。
還元率も45%ぐらいにしてくれると嬉しいのだけど。

p.s.計算間違いや誤記、疑問点があればお気軽にコメントしてください。

1件のコメントがあります

  1. 輝美

    明日発売の関中東100円くじは連休を挟んでの発売ですので
    その分、夢が長続きすると言えるかと
    ただ、500万枚発売ですので1等を3~5本くらいは設定しても良いかと思いますよ

    1等1000万円5本、前後賞100万円10本
    1等の組違い賞10万円45本
    2等30万円100本、3等3万円1000本、4等5000円3000本
    下1桁と下2桁で20%1億円
    これだと還元率約48%で丁度いいんじゃないですか?
    .

    ——– コメントに対する返信 ——–
    春の開運宝くじは発表が遅い!と思ったけど、「夢が長続きする!」いい考えですね。
    100円くじは連休中も販売されていて旅行先でも買えていいです。2年連続でどこにも行きませんが。
    1等の本数が1本は、本当にやめて欲しいですね。

コメントを残す

CAPTCHA