2020年ハロウィンジャンボミニの確率と3つのポイント

2020年ハロウィンジャンボミニの確率と3つのポイント

ハロウィンジャンボと同時販売される3等1万円のミニの紹介です。
サマージャンボミニと全く同じ賞金構成となりました。

第856回ハロウィンジャンボミニの確率など

販売期間:2020年9月23日(水)から2020年10月20日(火)まで
単価:1枚300円
抽せん日:2020年10月27日(火)
抽せん結果は夕方頃にみずほ銀行HPが更新され、翌日に新聞掲載されるはずです。

等級 当せん金 当せん確率(分の1) 売上配分 本数
1 等 10,000,000 1,000,000 3.3% 10
2 等 50,000 25,000 0.7% 400
3 等 10,000 100 33.3% 100,000
4 等 300 10 10.0% 1,000,000
合計 47.3% 1,100,410

本数は1ユニットあたり。5ユニットの予定なので、総本数は5倍です。

ポイント1:1等賞金が昨年の半額の1000万円に

一昨年は1等3000万円、昨年は1等2000万円でしたが、今年は1000万円に。
前後賞もなくなり、1等を目指すなら100円くじの方がよいぐらいです。
9月8日まで販売の100円くじの東京都と近畿は300円分で1等約83万分の1。
1等狙いなら高確率のときを狙って100円くじの方が手軽で良い?

ポイント2:3等1万円に33.3%も配分

サマージャンボミニと同様に1万円の当せん本数を増やしています。
全体配分50%のうち33.3%も1万円の3等に割り振っています。
今回のミニは1万円を狙うための宝くじです。1枚買いがいいかも。
10枚3000円分も買うと1/10の確率で1万300円に。3000円も払う価値は?

ポイント3:2等の賞金が悲しいことに5万円に

ドリームジャンボミニと1,3,4等の賞金額、ユニットあたり本数が同じです。
ドリームジャンボミニは2等が10万円で1ユニットあたり1000本でした。
賞金が5万円に減って、更に本数は400本に減っています。その分は胴元に。

この本数なら2等20万円にしても還元率が50%以内に収まるのに。
組以外の番号全て当てて5万円とは。4本あるとはいえ悲しくなりますよね。

p.s.計算間違いや誤記、疑問点があればお気軽にコメントしてください。

3件のコメントがあります

  1. 2等がこの確率なのに金額ショボすぎですね
    この確率だったらロト6の三等の方がよっぽど旨味ありますね

    ——– コメントに対する返信 ——–
    なぜか気づかず、返信が遅くなりました!
    2等の金額、本当に安いですよね。ロト6の3等なみの確率ですね。
    ロト6は1枚200円だし、3等が15万円以下も珍しいですからね。
    あれだけの桁数が一致した2等で5万円って、当たっても微妙な気分になりそう。
    1等の組違いなら10万円でもおまけって感じで諦めもつくけど。

  2. コメントが見れない状態を解消してください。このままだと見づらいので。

    ——– コメントに対する返信 ——–
    何かがアップデートされたせいか、コメントが見れなくなってました。
    私の環境だけなのかと見て見ぬふりをしていたのですが。。。
    いろいろいじってみたけど、分からないので、取り急ぎテーマを基本にしました。
    見た目はそのうち直そうかと。

  3. 一等は組下1ケタ 9組114783番に、一万円は下2ケタ02番になりました。次いよいよ年末ジャンボですね。

    ——– コメントに対する返信 ——–
    下2桁が当たるだけで1万円って、やっぱりインパクトはありますね。
    ナンバーズ3ミニと同じようなものと言えばそうなんですが。

コメントを残す

CAPTCHA