一攫千金で億万長者になろう!

宝くじ等で高額当選者になる近道を

2020年東京2020協賛ジャンボ宝くじの確率と特徴

| 1件のコメント

1等2億円の東京オリンピック2020協賛ジャンボ宝くじの紹介です。
昨年まではバレンタインジャンボ、以前はグリーンジャンボと呼んでました。
同時発売の東京2020協賛ジャンボミニは別記事にします。

第827回東京2020協賛ジャンボ宝くじの確率など

販売期間:2020年2月3日(月)から2020年2月28日(金)まで
単価:1枚300円
抽せん日:2020年3月6日(金)
抽選結果は夕方頃にみずほ銀行HPが更新され、翌日に新聞掲載されるはずです。

等級 当せん金 当せん確率(分の1) 売上配分 本数
1 等 200,000,000 10,000,000 6.7% 1
1等の前後賞 50,000,000 5,000,000 3.3% 2
1等の組違い賞 100,000 101,010 0.3% 99
2 等 5,000,000 2,000,000 0.8% 5
3 等 1,000,000 100,000 3.3% 100
4 等 100,000 3,333 10.0% 3,000
5 等 10,000 500 6.7% 20,000
6 等 2,000 100 6.7% 100,000
7 等 300 10 10.0% 1,000,000
合計 47.8%  

本数は1ユニットあたり。10ユニットの予定なので、総本数は10倍です。

ポイント1:昨年までのバレンタインジャンボです

「東京2020協賛ジャンボ宝くじ」と新しいジャンボ宝くじの名称です。
ただし追加ジャンボではなく、昨年までのバレンタインジャンボです。
2017年まではグリーンジャンボで、バレンタインジャンボは2年間でした。
オリンピックは2020年だけなので、来年はバレンタインが復活かな?

東京2020大会協賛くじ以上にオリンピック色を出していって欲しいです。

ポイント2:1等2億円で前後賞を合わせて3億円

ジャンボとしては1等賞金額が低い1等2億円、前後賞あわせて3億円です。
昨年までのバレンタインジャンボと同じ1等賞金額です。
今年のみなんだし、オリンピック応援でもっと増額しても良かったです。

ポイント3:4等10万円に賞金を多く配分

昨年同様に6等2000円と安めで、4等10万円が1万本に3本と当たりやすいです。
昨年との違いはバレンタイン賞2万円をなくし、その分を5等1万円に。
5等1万円が昨年の1000分の1から500分の1と2倍当たりやすくなりました。

バレンタインジャンボの売上は?

昨年はバレンタインジャンボが213億円売れました。一昨年のバレンタインジャンボが215億円なので微減です。最近の傾向からは善戦といえるかと。
バレンタインジャンボミニは一昨年の90億円から111億円と増加です。
10万円の本数アップの宣伝が効いているのかも。10万円なら嬉しいからね。
個人的には1等とか2等の高額賞金の比重を上げて欲しいけど。
ネット販売が開始された影響はほとんどなかったんじゃないかな。

このエントリをはてなブックマークに登録

1件のコメント

  1. 1000万分の1でも2億円だとなんだかなあ
    せめて2等が1億だったら買う気も倍増するんだけど

    ——– コメントに対する返信 ——–
    2等が1億、いいですね。1億円を狙う私としては、バラで1000万分の3で1億円以上ですからね。
    ただ、1等前後賞で4億円ってあまりしなそうです。
    そんなの気にしないので、2等1億円で、昨年と同様な5等1万円が1000分の1なら還元率が変わらずで良かったです。

    今年は昨年とほぼ同じにして、名称変更が売れ行きに与える影響を知りたいってことなのかなぁ。

コメントを残す

必須欄は * がついています


CAPTCHA