一攫千金で億万長者になろう!

宝くじ等で高額当選者になる近道を

2018年年末ジャンボプチ千万円の確率と特徴(おすすめ)

| 1件のコメント

年末ジャンボ宝くじと同時発売されるプチ1000万円はおすすめですよ!
同時発売の年末ジャンボ年末ジャンボミニは別記事になっていますします。

第772回年末ジャンボプチ1000万円の確率など

販売期間:2018年11月21日(水)から2018年12月21日(金)まで
単価:1枚300円
抽せん日:2018年12月31日(月)
抽選結果は夕方頃にみずほ銀行HPが更新され、翌日に新聞掲載されるはずです。

等級 当せん金 当せん確率(分の1) 売上配分
1 等 10,000,000 100,000 33.3%
2 等 100,000 10,000 3.3%
3 等 10,000 1,000 3.3%
4 等 300 10 10.0%
合計 50.0%

ポイント1:1等1000万円が10万分の1で当たる

昨年より1等賞金が700万円から1000万円に増額しましたが確率は同じです。
2等、3等の確率を下げ、一昨年と同様の1000万円に増額しています!

なんと、ミニの1等3000万円よりも20倍も当たりやすいんですよ!
1ユニットあたりの1等当せん本数はミニが5本で、プチは100本

1000万円あればかなり楽になります。住宅ローンを一部返して老後に備えて。
この位なら使いすぎて不幸になる心配もなく、生活費で紛れる額でもなく。

ポイント2:賞金への配分が50%の上限金額

年末ジャンボの配当率は50%だったのが、49.2%に減っています。
年末ジャンボミニの配当率は49.7%とわずかに50%に届いていません。
それが、一番販売数の少ないミニが50%ぴったりと頑張っています。

売れ行きを見て条件を変えているのは明らかです。
今年はプチをたくさん買って、こんな条件の宝くじを増やして欲しいな。

p.s.計算間違いや誤記、疑問点があればお気軽にコメントしてください。

このエントリをはてなブックマークに登録

Sponsored Links

1件のコメント

  1. 私は最近宝くじを買うようになったので、過去との比較や他のくじと比べて当たりにくい等々、まだあまり分かってません。。
    なので、「おすすめ」と書いてもらえると非常に有り難い!
    年末ジャンボはプチ買います!

    ——– コメントに対する返信 ——–
    参考にしてもらってありがとうございます!
    だんだん、おすすめできるクジが減っていて寂しい限りです。

コメントを残す

必須欄は * がついています


CAPTCHA