一攫千金で億万長者になろう!

宝くじ等で高額当選者になる近道を

2018年バレンタインジャンボミニの確率と特徴

| 2件のコメント

バレンタインジャンボと同時発売されるミニは1等2000万円です。
前後賞が各500万円で、1等前後賞をあわせると3000万円です。
同時発売のハロウィンジャンボは別記事になっています。

第738回バレンタインジャンボミニ宝くじの確率など

販売期間:2018年1月31日(水)から2018年2月23日(金)まで
単価:1枚300円
抽せん日:2018年3月7日(水)
抽選結果は夕方頃にみずほ銀行HPが更新され、翌日に新聞掲載されるはずです。

等級 当せん金 当せん確率(分の1) 売上配分
1 等 20,000,000 2,000,000 3.3%
1等の前後賞 5,000,000 1,000,000 1.7%
2 等 2,000,000 100,000 6.7%
3 等 100,000 5,000 6.7%
バレンタインミニ賞 20,000 1,000 6.7%
4 等 10,000 1,000 3.3%
5 等 3,000 100 10.0%
6 等 300 10 10.0%
合計 48.3%

ポイント:ミニで1等への配分が3.3%のみ

ミニは1等への多めの配分が魅力だったのに、今回はわずか3.3%です。
1等2000万円が200万分の1と賞金額のわりにはかなり当たりにくいです。
その代わりに2万円以下への配分が多く、計30%です。48.3%のうち30%!

バレンタイン賞2万円と4等1万円が同確率で、3等10万円がその5倍。
この辺までの賞金に多く配分するのが最近の流れのようです。

私は1等1億円ちかくで1等に多く配分したミニが好きで買っていました。
今回のミニはハロウィンジャンボのミニに引き続き買わない予定です。

昨年のグリーンジャンボミニは120億円の計画で110億円と売れ行き好調でした。
売り切れ店舗も出ているのに今年は同じ120億円の計画です。
1等が5000万円から2000万円に減で昨年ほどは売れないと見込んでいるのかな。
そんな弱気なら、こんな配分にしなけりゃいいのに。

このエントリをはてなブックマークに登録

Sponsored Links

2件のコメント

  1. 魅力無いミニですね、せっかく名称変えたのに新規ファン見込めるとも思えないです
    そういえばロト7が2/9日から一等への配分が高くなるそうですから10億チャンス増えますね

    ——– コメントに対する返信 ——–
    2018年度のミニは昔に戻すような感じにして欲しいです。
    ロト7は通常時1等が6億円になりますからキャリーが減る面も。記事にしたいけど、時間が。
    キャリーがないのにトトビック10億円することとかも記事にしたいんだけど。

  2. ・プチがないのでプチに近づけた様なミニですね。まさにプッチモニならぬプッチミニ(笑)。しかし1等前後賞3000万円なら1ユニット10本は必須でしょう。個人的には20本でもいいくらいです。こんな事言うのもなんですが連番3枚900円で3000万円狙うなら、ミニロトで同じ組み合わせ3口600円買った方が費用的にも確率的にも賢明。「ミニロトは1000万円に届かない回もある」と言うなら4口買っても800円ですよ。毎度の事ですが3等以下はナンバーズでいいので割愛します。強いて言うならバレンタインミニ賞も21万4千円とかにしてほしかった。まぁ文句と愚痴ばかりですが2等200万円でも当たってくれたら嬉しいので最低分は買いますけど、この配当なら買わないのがいいかも知れません。しつこい様ですがミニロトとナンバーズの方が賢明です。

    ——– コメントに対する返信 ——–
    まさしくプチっぽいミニですね。
    一応、125%まで追加発行できますが、追加発行できるほどの内容にして欲しかった。

コメントを残す

必須欄は * がついています


CAPTCHA