一攫千金で億万長者になろう!

宝くじ等で高額当選者になる近道を

4月から始まった100円BIGの確率と期待賞金額、おすすめ度は?

| 2件のコメント

4月2日(土)から100円BIGの販売が始まりました。
最初は4月9日、10日の試合が対象となり、ほぼ毎週販売されます。

100円BIGの確率と賞金への配分

単価:1口100円
当せん金の上限:1億円(キャリーオーバー発生時は2億円)
指定試合数:14試合(300円のBIGと同じ)

等級 期待当せん金 当せん確率(分の1) 売上配分
1等(全的中) 181,752,822 4,782,969 38.0%
2等(1つ外し) 854,102 170,820 5.0%
3等(2つ外し) 26,280 13,140 2.0%
4等(3つ外し) 3,285 1,643 2.0%
5等(4つ外し) 896 299 3.0%
合計 50.0%

注:1等はキャリーオーバーがないと上限1億円です。キャリーオーバーがあれば、2億円が期待できます。

ポイント1:5つ外しの6等がない

300円のBIGと比較すると、一昔前のBIGと同様に6等がありません。
その代わりに、3等などへの配分が大きく、賞金額も1/3より多く期待できます。
300円BIGの3等は3.9万円ほどなのが、100円BIGは2.6万円ほどです。

300円BIGは1等38%,2等4.5%,3等1%,4等2%,5等2%,6等2.5%です。

ポイント2:単価100円だけど50%の配分

宝くじだと、100円くじは経費の割合が高くなるせいか、40%近くになります。
100円BIGは賞金への配分が変わらず50%というのはありがたいです。
気軽におみくじ感覚でくじ購入したい方にはおすすめです。

ポイント3:100円からネットで購入できる

最近は宝くじもネットで購入できますが、100円のBIGもネットで買えます。
単価100円のクジがネットで買えるというのは気軽に参加できます。
100円のために窓口に並ぶのも面倒ですしね。毎週予約もできます。

100円BIGは50%配分でおすすめです!2億円が期待できる時は53.8%です。
台風などで1試合でも中止になれば、当選確率が更にアップです。

私は1億円あれば充分という考えなので、今後は100円BIG派です!
毎週予約で1口買っても月400円ほどですしね。

このエントリをはてなブックマークに登録

Sponsored Links

2件のコメント

  1. ・totoBIGは確率がロト6&7よりいいとは言え、引き分けが8個も9個もあると「こんなの当たる訳ない。¥300ドブに捨てた」と毎回引き分けが2個~5個なのが出るまで買ってます。ロト7をQPで購入すると第1数字が20や第7数字が20の様な偏った数字が出てしまい「とんでもない組み合わせになっちゃったなぁ。自分で選べばよかった」と思っても確率はゼロではありません。サッカーは野球やラグビー、バスケより点数が入らないスポーツなので、引き分けが多いのもやむを得ません。でもプロの監督や選手が勝敗をつける為に、毎日キツイ練習をして作戦を立てて試合に挑むのに、そこまで引き分けになるのはほとんどないと思います。

    ・宝くじやロト同様いちいち照合せず、年に数回売り場でまとめて調べてもらうタイプなのでよく知りませんが、最多引き分けが8試合なんてのが1回あった様な。多いのは3試合と聞いた事もあります。さすがに14試合もあると0~1試合は少ないらしいですが。ちなみに100円BIGの発売は売り場に案内してあり先月から知ってたので、発売当日totoBIGと一緒に買いましたが引き分けは9個(-_-;)…。まぁそんな当たりそうもないクジをどんどん販売して行かないと、毎回1等が何本も出て低賞金になってしまい、キャリーオーバーもせず客離れに繋がりますがいかがなものかと。

    ・それはとにかく100円で1~2億円狙えるクジは今までなかったと思うので、なかなかいいクジではないでしょうか?。今後totoBIGを買って当たりそうもないクジなら、100円BIGで帳尻合わせするのもいいかと思います。もう少し早く発売してほしかったなぁ。あと強いて言うなら自分で選べないのは仕方ないですが、ナンバーズやロト、馬券みたいに同じ組み合わせを何口も買える様にしてほしいです。キャリーオーバーが何十億円にもなったら、ひとりで総取りも期待できますから(笑)。それに台風なんて言わず雨が降れば遠慮せず中止にすればいいのに(再笑)。継続購入も検討してほしいなぁ。

    ・しかし億の狙えるクジなんて27年前のジャンボ宝くじが最初で、その後年5回が定着。それが今では週2回のロト6、ロト7、totoBIGとここへきて100円BIGと何と週5回。しかもジャンボじゃなくても通常宝くじでも億は珍しくなくなり、スゴイ時代になったものです。チャンスが増えるのは嬉しいですが、その分出費もスゴイ事になりますが…。20年前まで購入時予約券が必要だったなんて考えられないですね。僕に億の女神が微笑むのはいつの事やら。

    ——– コメントに対する返信 ——–
    100円で億が期待できるクジってうれしいですよね!
    購入時予約券!懐かしいですね。もっと前だった気がしたけど、廃止されたのは1996年でちょうど20年前なんですね。

  2. ピンバック: 2015年度の宝くじ売上は減少傾向だが年末ジャンボで | 一攫千金で億万長者になろう!

コメントを残す

必須欄は * がついています


CAPTCHA