一攫千金で億万長者になろう!

宝くじ等で高額当選者になる近道を

2000万円サマー宝くじ(第608回)

| 1件のコメント

2011年は2000万サマーがサマージャンボ宝くじと併売されます。
昨年は1000万サマーでした。7月11日から7月29日まで発売です。
1等2000万円にかなり比重が置いた宝くじで3等までしかありません。

宝ニュース「サマージャンボ宝くじ」と「2000万サマー」

単価は1枚300円で、抽せん日は8月9日(火)です。
サマージャンボとともにNHK総合テレビで中継放送の予定です。
夕方頃にみずほ銀行HPが更新され、翌日に新聞掲載されるはずです。

次表に各等の当せん確率と、賞金の配分(売上配分)を載せます。
売上配分に購入価格を乗じた値が期待値となります。
例えば、1枚あたりの1等の期待値は、300円×33.3%=100円となります。

等級 当せん金 当せん確率(分の1) 売上配分
1 等 20,000,000 200,000 33.3%
1等の前後賞 100,000 100,000 0.3%
2 等 10,000 1,000 3.3%
3 等 300 10 10.0%
合計 47.0%

昨年と比べると、1等の賞金が2倍になって、2倍当たりにくくなっています。
前後賞の10万円ってなんか寂しい。1等前後賞で2020万円って。
前後賞はチェック漏れか、未換金も多いし、2等10万円を100本にすればいいのに。
売上からの配分は、昨年よりわずか(47.3%→47.0%)に減っています。

サマージャンボを10枚買うと、1億円以上の確率が50万分の1。
2000万サマーの同番号5枚を2セット買うと、1億円以上の確率が10万分の1。
1億円を目指す私としては、こっちの方が魅力的です。
まぁ、全国で8ユニットの販売だから、同番号5枚(5ユニット分)なんて無理ですけど。

昨年は1000万サマーも10枚バラで買ったけど、今年はどうしようかな。
1等にガツっと配分するってのは、私の好みなんです。

ちなみに、ミニロトは1等は約17万分の1の確率で平均1,000万円ほどです。
1口の値段が200円ですが、賞金条件的には少し似ていますね。

6/28まで販売の100円くじも1等2000万円ですが、確率は300万分の1です。
300円分としても100万分の1ですね。7等まであるので1等は当たりにくいです。
また、100円くじは経費もかかるため、売上配分も合計42.3%と低めです。

——– 抽選結果が発表されました ——–
当選番号案内(みずほ銀行)

支払期間は、平成23年8月15日から平成24年8月14日までです。

このエントリをはてなブックマークに登録

Sponsored Links

1件のコメント

  1. ピンバック: 2000万サマー宝くじ(2012年)の確率と特徴 | 一攫千金で億万長者になろう!

コメントを残す

必須欄は * がついています


CAPTCHA