You are currently viewing 2021年11月に販売される100円くじ等の確率と特徴

2021年11月に販売される100円くじ等の確率と特徴

11月に販売されるスクラッチではない通常の宝くじの紹介です。
年末ジャンボが始まります。新たに紹介は100円くじのみです。

10月23日~11月16日 実りの秋くじ

単価:1枚200円 抽せん日:11月19日(金)
1等3000万円、1等前後賞あわせて5000万円のブロック別宝くじです。

詳細は、10月に販売されるくじの紹介を参照してください。

10月27日~11月23日 1等1500万円の100円くじ

単価:1枚100円 抽せん日:11月26日(金)
1等1500万円、1等前後賞あわせて2000万円の100円宝くじです。

詳細は、10月に販売されるくじの紹介を参照してください。

11月24日~12月24日 年末ジャンボ宝くじ

単価:1枚各300円 抽せん日:12月31日(金)

年末ジャンボの記事(1等前後賞合わせて10億円)
年末ジャンボミニの記事(1等前後賞合わせて5千万円)
 を参照してください。

今年も年末ジャンボの時期がやってきました。今年も10億円です。

11月24日~12月14日 1等1000万円の100円くじ

単価:1枚100円、抽せん日:12月17日(金)
ブロックごとに抽せん番号が違うのでご注意を。

1等1000万円、1等前後賞あわせて1500万円の宝くじです。

第2581回 関東・中部・東北自治 宝くじ

等級 当せん金 当せん確率(分の1) 売上配分 本数
1 等 10,000,000 6,000,000 1.7% 1
1等の前後賞 2,500,000 3,000,000 0.8% 2
1等の組違い賞 100,000 101,695 1.0% 59
2 等 300,000 50,000 6.0% 120
3 等 30,000 3,333 9.0% 1,800
4 等 5,000 1,000 5.0% 6,000
5 等 1,000 100 10.0% 60,000
6 等 100 10 10.0% 600,000
合計 9.0 43.5% 667,982

第2519回東京都くじ、第2703回近畿くじ

等級 当せん金 当せん確率(分の1) 売上配分 本数
1 等 10,000,000 2,000,000 5.0% 1
1等の前後賞 2,500,000 1,000,000 2.5% 2
1等の組違い賞 100,000 105,263 1.0% 19
2 等 300,000 100,000 3.0% 20
3 等 30,000 5,000 6.0% 400
4 等 5,000 1,000 5.0% 2,000
5 等 1,000 100 10.0% 20,000
6 等 100 10 10.0% 200,000
合計 9.0 42.5% 222,442

東京都と近畿は条件が同じですが、違うクジで当せん番号もそれぞれです。

第2389回西日本くじ

等級 当せん金 当せん確率(分の1) 売上配分 本数
1 等 10,000,000 4,000,000 2.5% 1
1等の前後賞 2,500,000 2,000,000 1.3% 2
1等の組違い賞 100,000 102,564 1.0% 39
2 等 300,000 50,000 6.0% 80
3 等 30,000 5,000 6.0% 800
4 等 5,000 1,000 5.0% 4,000
5 等 1,000 100 10.0% 40,000
6 等 100 10 10.0% 400,000
合計 9.0 41.7% 444,922

関中東も含めて1等1本です。確率高いのは東京都近畿の200万分の1です。
西日本は400万分の1関中東は600万分の1と1等は当たりにくいです。

関中東は1等が当たりにくい代わりに、2等と3等が当たりやすいです。
30万円や3万円が当たりやすいのはいいかも。還元率もそこまで低くないし。

西日本は1等が当たりにくい代わりに、2等が当たりやすいです。
1等の確率は関中東よりはマシですが、還元率は一番低いです。

p.s.計算間違いや誤記、疑問点があればお気軽にコメントしてください。

コメントを残す

CAPTCHA