You are currently viewing 2021年年末ジャンボミニ5千万円の確率と3つのポイント

2021年年末ジャンボミニ5千万円の確率と3つのポイント

年末ジャンボと同時販売される3等1万円のミニの紹介です。
1万円が1000本に6本当たります。その代わりに2等でも5万円です。

第906回年末ジャンボミニの確率など

販売期間:2021年11月24日(水)から2021年12月24日(金)まで
単価:1枚300円
抽せん日:2021年12月31日(金)
抽せん結果は夕方頃にみずほ銀行HPが更新され、翌日に新聞掲載されるはずです。

等級 当せん金 当せん確率(分の1) 売上配分 本数
1 等 30,000,000 2,500,000 4.0% 4
1等の前後賞 10,000,000 1,250,000 2.7% 8
2 等 50,000 5,000 3.3% 2,000
3 等 10,000 167 20.0% 60,000
4 等 3,000 100 10.0% 100,000
5 等 300 10 10.0% 1,000,000
合計 8.6 50.0% 1,162,012

本数は1ユニットあたり。15ユニットの予定なので、総本数は15倍です。

ポイント1:3等1万円に20%も配分

昨年の年末ジャンボミニは3等1万円が1000本に5本でした。
今年は更に3等1万円を増やして1000本に6本になっています。

賞金への配分が全体で50%のうち20%と、3等の1万円に4割も割り振りです。
1等は3000万円と高額ですが、1000万本に4本と厳しい確率です。
300円や3000円にも各10%も割り振っていますが、当たっても。。。

なので、今回のミニは1万円を狙うための宝くじです。

ポイント2:1等は昨年同様の1000万分の4で3千万円

年末ジャンボが2000万分の3で1.5億円以上です。2000万分の7(1000万分の3.5)で1000万円以上です。高額を狙うなら、億も狙える年末ジャンボかと。

ミニをバラで買えば1000万分の12で1000万円以上なので、億まではいらないけど、1000万円は夢みたいって人にはミニの方がいいですね。

ポイント3:販売ユニットが15ユニットに減少

昨年は17ユニットの販売予定が、今年は15ユニットに。
年末ジャンボ全体では売上を伸ばしたのに、ミニは売れなかったようです。
ミニは人気がないのですかね。残念なことです。1万円ばかりなのが良くないのかな?

p.s.計算間違いや誤記、疑問点があればお気軽にコメントしてください。

1件のコメントがあります

  1. 今回の年末ジャンボですが2003年の年末ジャンボと一万円の本数が勝負していますね。2003年の一万円が288万~320万出ましたからね。当時はミニがなかったが現在はジャンボとミニを合わせています。
    .

    ——– コメントに対する返信 ——–
    2003年は年末ラッキー賞の1万円が4/1000だったんですね。
    年末ジャンボでこの確率はすごいです。そんな時代もあったとは。
    2003年は2289億円も売れてるから、300万本前後も当たりがあったんですね。
    今回はミニの確率は高いけど、ミニで70万本ぐらい?ジャンボで100万本超えるぐらいですかね?

コメントを残す

CAPTCHA