You are currently viewing 2021年年末ジャンボ宝くじ10億円の確率と3つのポイント

2021年年末ジャンボ宝くじ10億円の確率と3つのポイント

1等前後賞あわせて10億円の年末ジャンボ宝くじの紹介です。
同時発売で1万円が当たる年末ジャンボミニは別記事にします。

第905回年末ジャンボ宝くじの確率など

販売期間:2021年11月24日(水)から2021年12月24日(金)まで
単価:1枚300円
抽せん日:2021年12月31日(金)
抽せん結果は夕方頃にみずほ銀行HPが更新され、翌日に新聞掲載されるはずです。

等級 当せん金 当せん確率(分の1) 売上配分 本数
1 等 700,000,000 20,000,000 11.7% 1
1等の前後賞 150,000,000 10,000,000 5.0% 2
1等の組違い賞 100,000 100,503 0.3% 199
2 等 10,000,000 5,000,000 0.7% 4
3 等 1,000,000 500,000 0.7% 40
4 等 50,000 10,000 1.7% 2,000
5 等 10,000 333 10.0% 60,000
6 等 3,000 100 10.0% 200,000
7 等 300 10 10.0% 2,000,000
合計 8.8 50.0% 2,262,246

本数は1ユニットあたり。22ユニットの予定なので、総本数は22倍です。

ポイント1:1等は7億円で、前後賞は各1.5億円

例年通り1等前後賞を合わせて10億円です。1等のみだと7億円です。
前賞もしくは後賞のみでも1.5億円あります。バラでこれらを狙っても。

連で購入し1等前後賞狙いだと、2000万本に1組しかありません。
バラで1.5億円以上を狙えば、2000万本に3本(うち1本は7億円)あります。
10億円の夢を見るのもいいですが、バラ購入で7億円の夢に下げるだけで、1.5億円の夢も出てきますよ。1.5億円でも月25万円を50年使えます!!!

ポイント2:昨年までと全く同じ条件に

昨年と各等級の確率や当せん金が全く同じになっています。
全く同じというのはかなり異例です。今年のドリームジャンボもでしたが。
1等と5,6,7等への配分が多すぎて工夫の余地は少ないから?

ちょっとでもよいクジにしようという努力が見たかったかな。

ポイント3:1万円が当たりやすく5万円超は期待薄

末等の300円が10本に1本、その上の3000円が100本に1本は基本通りです。
1等前後賞に17%弱が配分なので300円と3000円を除くと残り13%ほど。
そのうちの10%を5等の1万円に充てています。

その上の5万円は1.7%で当たりにくいですが、更に上はもっと厳しい。
高額当せんと言える5万円超は組違い賞の1000万本あたり99.5本を除くと、1等~3等で1000万本あたり23.5本だけとなっています。

年末ジャンボの売上は?

昨年(2020年)は、ミニとあわせて1434億円で、売上伸びたと報道されました。
2019年が1409億円、2018年が1404億円(プチも込み)なので増加傾向です?

2017年が1489億円、2016年が1704億円、2015年が1971億円なので、下げ止まっているとも言えます。

昨年はコロナの影響でドリームが売れずに、その後のサマージャンボ、ハロウィンジャンボ、年末ジャンボ、バレンタインジャンボと前年比売上増でした。昨年の年末ジャンボの売上増は、不景気だと宝くじが売れる傾向だったのかと。
今年はドリームジャンボがそこまで売れず(半減した昨年よりは売れたけど、一昨年の-17%)、サマージャンボも昨年及び一昨年より売上減です。
今回の年末ジャンボの売上は厳しい気がします。

p.s.計算間違いや誤記、疑問点があればお気軽にコメントしてください。

2件のコメントがあります

  1. ミニのほうにもありましたが一万円がかなり多くなりましたね。昨年からこの傾向です。2002年と2012年から2015年は一万円がありませんでしたが最近は一万円が狙いやすくなっています。2012年以前はミニがありませんでしたね。
    .

    ——– コメントに対する返信 ——–
    昨年から他のジャンボも1万円が多くなりましたね。
    当たりの本数を増やしてリピーターを増やしたいようです。
    そのせいで宝くじの魅力の大型賞金が減っているのは残念ですが。

  2. 次回の初夢宝くじですが、関中東の一等の確率がなんと2500万分の一になりますね。こんな宝くじ誰が買うかと言いたいです。

コメントを残す

CAPTCHA