一攫千金で億万長者になろう!

宝くじ等で高額当選者になる近道を

メガビッグ(MEGA BIG)はいつ12億円に?2等以下の賞金額は想定どおりだったか?

| 1件のコメント

Jリーグ開幕とともに始まったメガビッグ。初回は1等が出ませんでした。
1等が出なくてもキャリーオーバーは2億円に届かず。12億円はまだ先そう。

MEGA BIGの初回の売上は

メガビックの初回(第1154回)の売上は約5.45億円。同時期のBIGの半分ほど。
100円BIGの約3.19億円よりは売れたけど、投票口数は100円BIGの方が多い。

正直に言って、売れ行きはよくないです。ただ、私が思ったよりは売れました。
BIGや100円BIGの売上減も思ったほどなく、ほとんどないと言っていいぐらい。
新くじに期待した購入が多かったのですね。

ただし、この売り上げだと1等への配分が約1.9億円。100円BIG買った方が。
ちなみに、100円BIGは1等2億円が1本でてます。次回キャリーも十分あり。
1等はMEGA BIGを3000円分よりも100円BIGを300円分の方が当たりやすい。

次回からキャリーオーバーありで最高12億円だが

1等が出ずにこのペースだと、6回連続キャリーオーバーで12億円に。
約1700万分の1の確率で、初回は約180万口の販売。
低確率すぎるので、残念ながら?6連続当たりなしはありそうです。

次回は1等4億円ぐらいになればいい方。2回目で売り上げは下がる気が。
しかも、第1159回(3/7-3/14)と第1161回(3/14-3/22)のBIGは1等7億円です。
この時はメガビッグの売上が更に下がるかと。7億もキャリーないだろうし。

次回は1等が当たってもよくて4億円。BIGの方がいいと思いませんか?
やっぱり、MEGA BIGは買ってはいけない!ですね。

2等以下の賞金額は想定どおりだった?

2等以下については、ほぼ理論どおりの当せん金でした。
販売口数からいって、今後は2等の賞金額は上下が大きそうですが。

等級 理論当せん金 当せん確率(分の1) 第1154回当せん金 当せん口数
1等 1,761,607,680 16,777,216 キャリーオーバー 0
2等 9,786,709 約466,034 9,544,011 4
3等 84,733 約28,244 80,091 68
4等 12,710 約2,824 13,140 626
5等 3,138 約418 3,210 4,273
6等 785 約87 780 20,773

うーん、やっぱり3等や4等の賞金額は安すぎる。
約180万口のうち68口しか当たりがないのに、約8万円だなんて。
運営の人がMEGA BIGは買ってはいけない!を見て考え直してくれれば。

4~5月以降は、常時12億円のチャンスってなりそうだけど、貯まる一方のくじってのはねぇ。

追記
新型コロナウイルス-コビット(COVID-19)の影響でJリーグが3/15まで中止に。
2/26 6時の段階で第1156回を買えたけど、返還になるでしょうね。
メガビッグが12億円になるのは、6月頃かな?キャンペーンにも影響が。

再追記
海外サッカーを対象にメガビッグ実施するそうなので、うまくいけば4月中に12億円に届くかも。

再々追記
海外サッカーもコロナの関係で中止に。3/7までの2回目のメガビッグで約1億円しかキャリーオーバーが増えなかったし、前途多難だ。再開時期しだいだけど、12億円は夏ごろまでずれ込むかも。

このエントリをはてなブックマークに登録

1件のコメント

  1. なにげに2等のほうが美味しいかもしれませんね
    新くじが盛り上がるのは初夏になってからぽいですね

    ——– コメントに対する返信 ——–
    今の予定通りJリーグが再開してうまく行けば5月には12億に届くかも。
    盛り上がるとしたら、その頃からかもしれませんね。

    ちなみに、2/26の昼には購入できなくなっていました。
    購入分のポイントとかキャンペーンの権利とかはどうなるのかな。

コメントを残す

必須欄は * がついています


CAPTCHA