メガビッグ(MEGA BIG)は週2回抽せん前についに12億円に

メガビッグ(MEGA BIG)は週2回抽せん前についに12億円に

今週はBIG史上初の週2回抽せん(7/29締切と8/1締切)です。
それに間に合ったかのように、メガビッグのキャリーが12億円突破しました。
メガは運よく当たれば12億円です。今週はメガが買い時なのでしょうか?

MEGA BIGはキャリーオーバーが12億円に

MEGA BIGのキャリーオーバーがようやく12億円を突破しました!
いろいろあったせいで、当たりが出ないのに5カ月かかり12億円に。
前回(第1174回)の販売途中に配当金総額が12億円を突破しました。

次回(第1175回)のキャリーオーバーは12億7147万5345円です。

これで、今後は12億円当せんの可能性があります。ようやくです。
前回は約4億円売れて、1.5億円ほどキャリーオーバーが増えました。
今後は売上が加速するかな?私はBIGや100円BIGでいいと思うけど。

12億円メガビッグは買ってもよいのか?

通常ならMEGA BIGは買ってはいけない!です。

12億円が期待できても期待値が50%を下回るくじなんて買うべきではない。
300円でメガビッグを1枚買うなら、100円BIGを3枚買う方が絶対にいい!
1等が当たる確率は10倍ぐらいですよ!
賞金は6分の1だけど、2億円もあれば充分でしょ!
うまく使えば、年収500万円×40年の人と同じ生活できますよ!?

ビッグが2回当たって12億円の確率は?

宝くじが2回当たるのは天文学的な確率って言う人がいますが、複数当たっている人がメディアに出てますし(嘘っぽい人も?)、海外では当せん者が公表されるので本当に複数回当たっている人が何人もいます。
天文学的確率なんて言う人は、BIGの1等の確率は約478万分の1なので、2回当たるのは約478万分の1の二乗で22兆8767億9245万4961分の1って馬鹿な計算します。これは1枚ずつ2回分だけ買って、それが当たる確率です。

複数回当たるような人が当たった後に1回1枚しか買わないなんてありえない

極端な話、約478万分の1のBIGをトータル1000万枚買って2回当たる確率と、
約1677万分の1のメガビッグを1000万枚買って当たる確率は前者のが高い。
すなわち、何枚買うかによって確率なんて変わるものなんです。

ここで言いたいのは、メガビッグで12億円を目指すなら、BIGを2回でも!
ということです。それに12億円は6億円の2倍幸せに使えるとは思えない。
私は2億円でも十分に幸せなので、100円BIGです。最近は。

中止があると思うなら買うのもあり!

普通なら買ってはいけないメガビッグですが、今は状況が異なります。
前回の第1174回は名古屋の選手でコロナ陽性がでて1試合中止になりました。
1試合中止で1等確率が約419万分の1に。通常のBIGより当たりやすいです。

前回は約136万口しか売れていないし、当たっても1口の可能性が大!
12億円が期待できれば、1口300円の期待値は1等だけで約286円!
2等以下をあわせれば、1口の期待値は約331円!なんと100%超えてます。

2試合中止なら1等確率が約105万分の1なので、複数口当せんも。
そうすると1等賞金額が下がるけど、期待値は上がります!200%超

それ以上の中止だと当せん本数が増えすぎて旨味が少なくなるかな。

J2福岡のスタッフに陽性が判明したり、柏が名古屋戦の延期を要望したり、中止がでる可能性は今まで以上に?

ただ、BIGや100円BIGも当たりやすくなるし、100円BIGは今なら1等8本でても1口2億円!やっぱ、1等配当金総額が16億円を突破している100円BIGでしょ。

コメントを残す

CAPTCHA