一攫千金で億万長者になろう!

宝くじ等で高額当選者になる近道を

2016年年末ジャンボプチ1千万円の確率と特徴

| 7件のコメント

年末ジャンボ宝くじと同時発売されるプチ1000万円の内容を調べました。
ミニ1億円以上に1等に特化し10万分の1と高確率で当たりますよ!
私が狙う「億」クラスの宝くじではありませんが、年末ジャンボですから。

第706回年末ジャンボプチ1000万円の確率など

販売期間:2016年11月24日(木)から2016年12月23日(金)まで
単価:1枚300円
抽せん日:2016年12月31日(土)
抽選結果は夕方頃にみずほ銀行HPが更新され、翌日に新聞掲載されるはずです。

等級 当せん金 当せん確率(分の1) 売上配分
1 等 10,000,000 100,000 33.3%
2 等 10,000 500 6.7%
3 等 300 10 10.0%
合計 50.0%

ポイント:1等1千満円が10万分の1で当たる

1等が1000万円とジャンボ宝くじとしてはプチサイズですが、高確率です。
1等1000万円のスクラッチやブロックくじだと、100万分の1ぐらいがザラです。
totoのビック1000が約17.7万分の1、ミニロトが約17万分の1。
プチ1000万円は1口300円なのを考慮してもわずかにビック1000、ミニロトより当たりやすいです。

100本に1本の当たりをなくし、500本に1本の1万円にしています。
私はこの方がいいです。10枚3000円買って運よく3300円になってもね。
その分、1等の当たりやすさが増えている訳だし。
10本に1本の300円も不要なんですけど、各種アンケートで人気あるからねぇ。

プチ1000万円は10ユニットの販売予定です。
確率は高いけど、そこまで売れるかなぁ。宣伝の仕方によるんだろうけど。
ネーミングを工夫して女性などの新しい購買層にもアプローチするらしいが。

このエントリをはてなブックマークに登録

Sponsored Links

7件のコメント

  1. ・プチとはなかなか面白いクジをブッ込んできましたね(もうジャンボとは言えない当選金額ですが…)。おっしゃる通りミニロトより単価が高いのを考慮しても高確率。嫌いじゃないよりむしろ好きです(^-^)。年明けには全国の売り場で「プチ1000万円出ました!」なんて紙が張り出されるんでしょうねぇ。その内のひとりになりたいものです。個人的にはミニ同様2.3等はやめて1等1000万円オンリーでもいいかなと。確率が1/66.666…になるのでミニロトの2.5倍当たりやすくなりますよΣ(゚Д゚)。って言うかいい加減これくらい当たってほしいです。あと「ポイント:1等1千万円が~」が「ポイント:1等1千満円が~」に、「ミニロトより~」が「ミニトロより~」になってます。粗探しの様で申し訳ないですが気になったもので(^_^;)。

    ——– コメントに対する返信 ——–
    ご指摘ありがとうございます。「ミニロト」は修正しておきます。
    1000万円は、なんとなく変えてます。いろんなワードで検索する人がいるので、検索に引っかかりやすくするために。
    ただ、最近のgoogleは日本語表記の揺れに強くあまり意味ないので、読者が読んでて引っかかあrらない方がいいのかなぁ。

    1000万円あれば…って人もいるから狙いが増えるのはいいですよね。
    プチ100円で2等以下なしの高確率とかにしてくれれば、おまけに買いやすい気も。
    100円にすると、経費率が高くなるってんで50%の配当ができなくなるのかなぁ。

  2. こんばんは。はじめまして。
    昨年の年末のジャンボは、ジャンボ10枚、ミニ10枚、プチ10枚、スクラッチ5枚のお年玉パック1万円を店員さんに勧められ、購入しました。
    プチはバラで、なんと2等が2枚当たりました。金額が2等は1万円でしたが、嬉しかったです。2等なんだし、高額でも良かったなぁと思う気持ちはありますが。
    サイトを拝見して思いました。還元率が高い宝くじは確かに当たります。

    ——– コメントに対する返信 ——–
    おめでとうございます!
    私はダメでした。まだまだ充電中です。もうすぐかな。

  3. 僕の場合200円で3億円の宝くじがあってほしいです。年末ジャンボプチの代わりに200円年末ジャンボのほうが売れると思いますが。

    ——– コメントに対する返信 ——–
    あっ、その発想はなかったです。ミニ200円、プチ100円ってのもいいですね。
    ジャンボ300円で10億円、ミニ200円で1億円、プチ100円で1000万円もいいかも。

  4. 今年はもうありませんがドリームジャンボにもプチがあったらいいと思いますね。昔のミリオンドリームやドリームテンみたいなくじを復活すればいいと思いますが。

    ——– コメントに対する返信 ——–
    そうですね。サマーでプチの人気があれば、来年はドリームにもプチができそうです。
    平成23年にはミリオンドリームが時期をずらしてミリオン宝くじとなり、
    平成24年にドリームテンとなったのですね。
    プチは1枚100円で、昔のドリームテンみたいな感じになるのもいいですね。

  5. 2014年春に発売された100円くじ(西日本)の概要も掲載しておきます。
    1等:10万円(約3333分の1)、2等:5000円(1000分の1)、3等:100円(10分の1)
    このくじは10万円が900本も当たるくじで還元率は100円くじとしては高い45%です。

  6. 今回は1700億円程度でしたがプチで稼いだと思います。実際売り切れ店が続出しましたし。

    ——– コメントに対する返信 ——–
    ミニとプチはいいと思います。私は好きです。
    年末ジャンボしか買わない層で、「10億円までは」って人にも買ってもらえますし。

  7. ちなみに理想的な年末ジャンボプチはこんな感じです。
    1等:2000万円(20万分の1)、前後賞:50万円(10万分の1)、2等:5000円(約333分の1)、3等:300円(10分の1)

コメントを残す

必須欄は * がついています


CAPTCHA