一攫千金で億万長者になろう!

宝くじ等で高額当選者になる近道を

2016年年末ジャンボ宝くじ10億円の確率と特徴

| 2件のコメント

年末ジャンボ宝くじは昨年同様の1等前後賞あわせて10億円です。
1等は2000万分の1です。
同時発売の年末ジャンボミニ1億円とプチ1000万円は別記事にします。

第704回年末ジャンボ宝くじの確率など

販売期間:2016年11月24日(木)から2016年12月23日(金)まで
単価:1枚300円
抽せん日:2016年12月31日(土)
抽選結果は夕方頃にみずほ銀行HPが更新され、翌日に新聞掲載されるはずです。

等級 当せん金 当せん確率(分の1) 売上配分
1 等 700,000,000 20,000,000 11.7%
1等の前後賞 150,000,000 10,000,000 5.0%
1等の組違い賞 500,000 100,503 1.7%
2 等 15,000,000 1,000,000 5.0%
3 等 1,000,000 100,000 3.3%
4 等 10,000 1,000 3.3%
5 等 3,000 100 10.0%
6 等 300 10 10.0%
合計 50.0%

ポイント1:1等7億円だが2000万分の1

1等前後賞あわせて10億円ですが、昨年同様2000万本に1組です。
totoBIGなら、1等約478万分の1と4倍ぐらいの確率で6億円です。

年末ジャンボは2等以下も充実しているとはいえ、狙いにくいです。
まぁ、1000万分の1も2000万分の1も大差ないって感覚の人がほとんどか。

ポイント2:組違い賞や2等の賞金がアップ!

1等の組違い賞は通常の10万円ではなく、50万円です。
10万円だとすぐ使ってなくなるイメージだけど、50万円なら贅沢できる。
2等も昨年の1000万円から増額で1500万円です。がんばりました。

その代わり、特別賞がなくなり、3等100万円の次は4等1万円です。

ポイント3:年末ジャンボは配分が上限の50%

当たり前といえば当たり前だけど、配分が上限の50%になっています。
他のジャンボだと47%とか微妙に足りなかったりするので良いです。
ただ、年末ジャンボだけは特別法で60%とかにして欲しいです。

ちなみに、ミニ1億円とプチ1千万円も50.0%になっています。

平成27年の年末ジャンボの売上は?

昨年は年末ジャンボで約1462億円、ミニで約509億円が売れたそうです。
今年は10億円が2年目だし、ミニ1億円もあるから売上落としそう。
予想も低めの25ユニットだけど、そこまでは売れなそうです。

<追記>
年末ジャンボは約1076億円の売上で昨年から約386億円も減りました。

このエントリをはてなブックマークに登録

Sponsored Links

2件のコメント

  1. ・こちらこそ本文に関係ない出来事や考え、愚痴を記載しているにもかかわらず、読んでコメントまでいただきありがとうございます。高校野球が好きで某ブログに1年程コメントしてましたが、先日長々と意見を述べたら「コメント欄はあなたの意見を書く場ではありません」と一蹴されかなり凹み、それ以降コメントするのはやめました(-_-メ)。「10億円当てるぞ!」「銀座や名駅、大阪まで買いに行くぞ!」同様、「〇✖高校のピッチャーはスゴイぞ!」「何であそこでスクイズしなかったんだ!」なんてコメント残しても味気ないだけと思い、悪気はなかったんですが…。

    ・競馬をしてた頃はジャパンカップあたりから「今年も終わりかぁ。早いもんだなぁ」と思ってましたが、ここ数年は全く買ってないので年末ジャンボの発売あたりから感じる様になってきました。10億円もいりませんが買いますよ。どれだけあっても困るものでもないし、買った誰もが大晦日まで億万長者になった気分に浸れますから(笑)。

    ——– コメントに対する返信 ——–
    ブログの運用する人によっていろいろですからねぇ。私はスパムや炎上煽りじゃないコメントは歓迎です。
    年末ジャンボは季節の風物詩ですね。10億円の夢を見て、億万長者になった気分になりますか。

  2. 今回も昨年同様1ユニット2000万枚で一等前後賞合わせて10億円となりましたね。今年の年末ジャンボははたしてどうなるのでしょうか?

    ——– コメントに対する返信 ——–
    年末ジャンボで最高賞金を下げる方向には行かないでしょうね。ミニやプチもあるし。
    そうなると、2000万枚で1本の当たりも変えにくいでしょう。どうなることやら。

コメントを残す

必須欄は * がついています


CAPTCHA