一攫千金で億万長者になろう!

宝くじ等で高額当選者になる近道を

スペインの年末宝くじエルゴルドの正体

| 0件のコメント

スペインの宝くじエルゴルドのニュースに関し、質問がありました。
今年は、1等720億円ほどが人口2000人ほどの町から出ましたからね。
いろいろと誤解も多いようなので、エルゴルドについてまとめてみました。

スペインのクリスマスくじは配当率9割超?

上にリンクを貼った記事の中に、次の記述がありました。
「宝くじの事務局によると、販売総額は26億8000万ユーロ(約2730億円)、賞金総額は25億2000万ユーロ(約2570億円)だったという。」

25億2000万÷26億8000万=約0.94

94%もの超高率の還元率になりますが、そんなことはありません。
スペイン語のページを翻訳しながら調べましたが、還元率は70%ですね。
残り30%のうち4%ほどが販売手数料で、22%が行政に入るようです。

なお、70%というのは諸外国の宝くじの中でもかなり高率です。
他のスペインの宝くじは50%程度ですし、日本は法で最高50%となってます。
高額賞金が話題になる米国も、税引後の実効だと35%ぐらいだったりします。
1812年からある庶民に根付いた宝くじのため、特別の配当率のようです。

今年の販売見込み額は36億ユーロで、賞金総額が25.2億ユーロ(70%)でした。
実際には、26.8億ユーロしか売れなかったのかな?
昨年の販売額が約27億ユーロで、今年は1等賞金額がアップしてました。
スペインは超不景気だし売上増かとおもいきや、そうでもなかったのかな。

小さい町に1等が全て来るなんて奇跡?

今年の報道は、小さい町に1等が全て出たのが珍しいってことでした。
本当に奇跡的な出来事なんでしょうか?
実は、日本の宝くじとは仕組みが違い、同一地域に1等がでる仕組みです。
年末ジャンボは、まんべんなく売るので多くの県で1等がでています。

この宝くじは、地域ごとに同番号をまとめて売る戦略だそうです。
そのため、1等がでる地域は毎回、どこか決まった地域となります。
スペイン語のwikiには1986年から毎年の1等がでた都市が出てました。

さすがに人口2000人の町に当たるってのは珍しいでしょうが、その売場の商圏はもっと広いんじゃないかな?
当たりが出た町に住んでて、当たらなかった人はショックでしょうね。
ちなみに1等は40万ユーロ(約4千万円)で、1800本でたそうです。
(2000人のうちの1800人ではないでしょうが、かなりの隣人が…)

スペインではクリスマスくじが大人気!!

スペインの冬の風物詩となっているようで、国民の80%は購入するそうです。
還元率が高いのもあるでしょうが、一大イベントで習慣なのでしょう。

同じ地域から当たりが複数出るので、周りが買うと買わずに居られない?
日本でもそうすればと思いますが、運営側にデメリットもあります。
当たりが偏るので、当たりの出た売場以外に売れ残りが多いと損することも。

私としては周りが当たっていても秘密にしたいので、日本式がいいな。

エルゴルドってどんなくじ?

エルゴルドと呼びますが、クリスマスクジのみを指す言葉じゃないみたい。
「ジャンボ」といっても、年末ジャンボ宝くじ以外もあるって感じかな。
還元率70%のクリスマスくじの2011年版について、ここでは書きます。

1チケット200ユーロ(約2万円)と高額なので、1/10の単位で買えます。
1/10で1枚20ユーロ(約2千円)として買う人が多いようです。
1等賞金は1チケットで400万ユーロ(約4億円)、1/10で40万ユーロです。

1等の当選確率は10万分の1となっています。
1000万分の1のジャンボ宝くじ100枚(3万円分)買うのと同じ確率ですね。
1等に売上の20%が配分されているので、比較的に1等重視のくじかな。

日本の宝くじみたいな末等もあって、10分の1の確率で元返しです。
よって、当たりの本数の比率は日本の宝くじとそんなに差はないですね。
1枚20ユーロだと20ユーロが返ってくるので、日本の末等よりいいかな。
抽選は一大イベントのようで、かなりオープンに行われるそうです。

ちなみに、スペインでは宝くじ事業の売却の予定でした。
売却されれば、このクジの利益22%も民間企業の手に入るはずでした。
それが、投資環境の悪化を理由に延期されています。
来年の200周年?は民間企業初の抽選になるか、今まで通り実施されるか。

**日本国内で海外の宝くじを購入することは違法です。ご注意を。**

—おまけ—
今年の1等は人口2000人の町で共同購入してたって紹介している記事も。
他のニュースで個別に当選者を紹介している記事もあったので、グループ購入ってのは勘違いでしょうね。

—追記—
近隣の小さい村で、婦人会が当たりが出た売場で村の全世帯分を買って配ったところがあったって。
それで、村の全員が当たった!と思いきや、忘れられた1人だけ1等をゲットできず。近所づきあいは大切にってことかな?

このエントリをはてなブックマークに登録

Sponsored Links

コメントを残す

必須欄は * がついています


CAPTCHA