一攫千金で億万長者になろう!

宝くじ等で高額当選者になる近道を

2011年宝くじの日記念くじ

| 1件のコメント

本日(8/17)から夏・キラキラくじが発売されています。
次の大型くじは、宝くじの日記念くじが8月31日から9月13日まで発売です。
1等が2億円で、200万分の1と比較的に当たりやすいです。
当選確率や各等への配分、期待値等をまとめました。

宝ニュース「宝くじの日記念くじ」オフィシャルサイト

単価は1枚500円で、抽せん日は9月15日(木)です。
夕方頃にみずほ銀行HPが更新され、翌日に新聞掲載されるはずです。

次表に各等の当せん確率と、賞金の配分(売上配分)を載せます。
売上配分に購入価格を乗じた値が期待値となります。
例えば、1枚あたりの1等の期待値は、500円×20%=100円となります。

等級 当せん金 当せん確率(分の1) 売上配分
1 等 200,000,000 2,000,000 20.0%
1等の組違い賞 100,000 20,202 1.0%
2 等 1,000,000 100,000 2.0%
3 等 100,000 10,000 2.0%
4 等 10,000 1,000 2.0%
5 等 5,000 100 10.0%
6 等 300 5 12.0%
合計 49.0%

賞金条件は昨年と全く同じです。
1枚500円もするけど、昨年はそれなりに人気だったのかな?

1等は200万分の1と比較的に当たりやすいです。
3000円あたりにすると、宝くじの日記念くじの1等は約33万分の1。
ロト6の1等(約1億円)は約41万分の1。
totoBIGの1等(ほぼ6億円)は約48万分の1。
販売中の夏・キラキラくじの1等(1億円)は約27万分の1。

totoBIGの6億円まではいらないけど、1億円だと会社辞めるのにちと不安。
2億円が当たりやすいってのは魅力的だなぁ。5枚買うかなぁ。

昨年も書いたけど、5等、6等への配分が22%と多いのは嫌だな。
6等は1/10の確率で、5等はなくてもよいのでは。
その分(16%)を2等の賞金増や1等の当選本数アップに回して欲しいな。

宝くじの日記念くじ販売期間(8/31~9/13)の吉日
一粒万倍日:9月6日
大安吉日:9月1日、9月7日、9月13日
天赦日:なし
寅の日:9月8日

——– 抽選結果が発表されました ——–
当選番号案内(みずほ銀行)

支払期間は、平成23年9月20日から平成24年9月19日までです。

このエントリをはてなブックマークに登録

1件のコメント

  1. ピンバック: 2011年オータムジャンボ宝くじの詳細 | 一攫千金で億万長者になろう!

コメントを残す

必須欄は * がついています


CAPTCHA