一攫千金で億万長者になろう!

宝くじ等で高額当選者になる近道を

toto-bigの攻略法

当たりやすい買い方を探せば、宝くじよりは攻略しがいがありますよ。

キャリーオーバー発生時に買う。(基本)

キャリーが発生していない時の方が珍しいので、キャリー時に買いましょう。
キャリーオーバーがないと、1等最高3億円になってしまいます。

キャリーオーバーがあれば、ほぼ6億円が貰えます。
当たる確率は同じなのに、貰えるのが倍も違ってくるのです。

天気予報を見て、台風でも来そうな時に買う。

試合が中止になれば、その試合は全員的中扱いになります。
つまり、中止の試合があれば、的中確率が上がるのです。
その分、当選者も増えて、配当が少なくなるはずですが、
キャリーオーバーがあるので、結構な金額が貰えるのです。

例:本来,約478万分の1で約6億円貰える。(1口平均125円-1等のみ)
2009年9月(第417回)の1試合中止の時,1等約4.58億円が5口発生(1口平均314円-1等のみ)
2012年5月(第564回)の1試合中止の時,1等6億円が5口発生(1口平均581円-1等のみ)

当たりそうな組合せがでるまで買う。

いきなり複数口を買うのではなく、
「1口づつ買い、ある程度当たりそうな組合せがでるまで買う。」
という人もいます。

私は意味ない気がしますが、結果をみる楽しみが毎回あるのがいいのかな。

引き分けが多そうな日に買う。

ランダムに発券なので、平均的に4~5個が引き分けの0になります。
(全て0以外がでる確率は0.3%で、0が2つ以下の確率が10.5%です。)
実際は引き分けが少ないため、0が6個も出るとはずれた気分になります。
そこで、引き分けが多そうな日に買うのです。

ちなみに、確率的には意味のない買い方なんですけどね。
本当に引き分けが多い日を予想できても、当選確率は変わらない…。

同様に、ホーム勝ち(1)が少なそうな日に買う買い方も。
ちなみにホーム負け(2)は、約1/3の確率ぐらい出ているそうです。

グループ買いはどうする?

「6億円までは不要で1億円あれば十分だから6人でグループ買いします。」
当たる確率が6倍の約80万分の1と、当たりやすくなる方法ですが、
グループ買いはデメリットもあるので、安易にしない方がよいです。

当選後の手続きも面倒だし、決まりを購入前にきちんと決めないといけないです。
当たった時には、周囲の人に知れ渡ることを覚悟しないといけません。
当選前もお金が絡むので、人間関係にヒビが入りやすいですが、

なお、知らない人とのトトビックの共同購入は、絶対に止めましょう
宝くじと違い、トトビックは発券直後に当たりやすさを計算できます。
つまり、当たりやすそうな番号の組合せが出たら自分達のものにして、
外れそうな番号の組合せの券を共同購入分とすることが出来ます。

共同購入するにしても、全員で一緒に買いに行かないと不安ですね。

トトの概要(サッカーくじtotoの種類や公式ページへのリンクなど)
トトビックの当選確率(確率や当選金、中止になった場合の確率も)

Sponsored Links