一攫千金で億万長者になろう!

宝くじ等で高額当選者になる近道を

ロト7の確率

ロト7の当選確率や賞金の配分状況です。

当選確率

1等の当選確率

37個の中から7個当てるので、1等の確率は、(37*36*35*34*33*32*31)/(7*6*5*4*3*2*1)で、10,295,472分の1となります。

一般的なジャンボ宝くじが1,000万分の1なので、ほぼ同じです。
一口の金額も300円とジャンボなみです。
ジャンボ宝くじは、末等(300円)などに賞金が多く配分されています。
ロト7は1等により多く配分されるので、1等は高額が期待できます。

2等以下の当選確率

2等:1/735,391:本数字6個とボーナス数字1個が一致。
3等:1/52,528:本数字6個と一致。残り1個は本数字でもボーナス数字でもない。
4等:1/1,127:本数字5個と一致。
5等:1/72.45:本数字4個と一致。
6等:1/42.45:本数字3個と一致し、かつ、ボーナス数字が1つ以上一致。

当選時の当選金

1等の当選金

キャリーオーバーがない時の上限が4億円で、理論上も約4億円になります。
キャリーオーバーがなければ、当選金は1億円程度から4億円の範囲です。
人気となった数値の組合せだと当選金が安くなります。

キャリーオーバーが発生しやすいです。toto-bigほどではありませんが。
キャリーオーバーがあれば、上限が10億円となります。(href=”http://million.rash.jp/2017/01/3023″>H29.2から)

2等以下の当選金

2等は理論上約1000万円で、当せん口数で当選金は上下します。
3等は理論上約100万円で、4等は理論上約1.25万円です。
5等は理論上約2000円、6等は理論上約1000円です。100円単位で切り捨てです。
1等は販売額の約13%が賞金総額となり、当せん口数で割って当選金になります。
2等約4.5%、3等約6.3%、4等約3.7%、5等約9.2%、6等約7.9%です。
合計で販売額の45%弱が賞金となります。

ロト6の概要(数字選択式宝くじの種類や各種ページへのリンクなど)
ロト7のブログ記事

Sponsored Links