一攫千金で億万長者になろう!

宝くじ等で高額当選者になる近道を

2019年ハロウィンジャンボミニの確率と特徴

| 2件のコメント

ハロウィンジャンボと同時発売されるミニは1等2000万円です。
前後賞が各500万円で、1等前後賞をあわせると3000万円です。
同時発売のハロウィンジャンボは別記事になっています。

第812回ハロウィンジャンボミニ宝くじの確率など

販売期間:2019年9月24日(火)から2019年10月18日(金)まで
単価:1枚300円
抽せん日:2019年10月30日(水)
抽選結果は夕方頃にみずほ銀行HPが更新され、翌日に新聞掲載されるはずです。

等級 当せん金 当せん確率(分の1) 売上配分 本数
1 等 20,000,000 2,500,000 2.7% 4
1等の前後賞 5,000,000 1,250,000 1.3% 8
2 等 1,000,000 50,000 6.7% 200
3 等 100,000 2,500 13.3% 4,000
4 等 10,000 1,000 3.3% 10,000
5 等 3,000 100 10.0% 100,000
6 等 300 10 10.0% 1,000,000
合計 47.3%

本数は1ユニットあたり。4ユニットの予定なので、総本数は4倍です。

ポイント:1等が2000万円に減額され、本数も減少

昨年までは1等3000万円、1等+前後賞で5000万円でした。
一昨年3千万円が10本、昨年は3千万円が5本今年は2千万円が4本です。
1等への配分がどんどん減っていて、今年は2.7%のみです!

更に昨年のハロウィンミニ賞2万円をなくしています。
そして、減らした分を3等10万円にあてています。なんと13.3%も配分
「10万円(以上)の本数が増えました」って宣伝したいがための賞金構成。
10万円程度ならナンバーズ3のストレートでいいよ。1口200円で1000分の1。
いくら増やしたといっても、ミニの3等10万円は1枚300円で2500分の1。

10万円の当せん者が増えれば、継続顧客が増えると思っているのかな。
いくら増やしたといっても、2500分の1。大した人数じゃないでしょ。

やはり、ミニは1等に極端に配分した構成がいいです。

p.s.計算間違いや誤記、疑問点があればお気軽にコメントしてください。

このエントリをはてなブックマークに登録

2件のコメント

  1. 令和初の年末ジャンボミニは1等の確率がこれと同じく250万分の一で3000万円、前後賞が1000万円、100万円が10万分の一、10万円が3333分の一、1万円が333分の一であり配分が50%であるが3等と4等に各10%配分となりましたね。これも速報です。

    ——– コメントに対する返信 ——–
    速報ありがとうございます!
    1万円以下に30%、10万円以下に40%。スクラッチなみに低額重視ですね。
    残念ながら昨年のプチが人気なく、今年はプチがなしです。

  2. 抽せんが今日行われ一等は59組176147番と88組155888番と37組183768番と71組162369番に、10万円は下4ケタ7586番と下4ケタ3523番と下4ケタ6360番と下4ケタ6631番になりました。みなさんは当たりましたか?次はいよいよ年末ジャンボと年末ミニです。

    ——– コメントに対する返信 ——–
    報告ありがとうございます!
    私はいつもどおりの結果に。。。次こそは!

コメントを残す

必須欄は * がついています


CAPTCHA