一攫千金で億万長者になろう!

宝くじ等で高額当選者になる近道を

ロト7の確率と賞金と等級

| 1件のコメント

ロト7の確からしい情報があったので、確率や賞金を記事にします。
先日のブログどおり、発売開始は4/1からで毎週金曜日抽選です。

ロト7の確率

等級 当せん金 当せん確率(分の1) 売上配分
1 等 平均4億円 10,295,472 12.95%
2 等 平均1千万円 735,391 4.53%
3 等 平均百万円 52,528 6.35%
4 等 平均1.25万円 1,127 3.72%
5 等 平均2千円 72.5 9.20%
6 等 平均千円 42.4 8.25%
合計 45.0%

5等や6等の賞金額が固定なのか、変動なのかは分かりません。
(3/7追記、変動でした。)
各等への配分も変動するのかもしれません。

この条件が本当ならキャリーオーバーが頻発しますね。
平均4億円で、通常時の最高額が4億円なので。
キャリー時の最高8億円もけっこう出ることでしょう。

ちなみに、上の確率は、次の条件のときです。

購入者は、37個の数字から7個を選択

抽選では7個の本数字と2個のボーナス数字が選ばれる。

1等は、選択した7個の数字が本数字の7個と全て一致。
2等は、本数字6個とボーナス数字1個が一致。
3等は、本数字6個と一致。残り1個は本数字でもボーナス数字でもない。
4等は、本数字5個と一致。
5等は、本数字4個と一致。
6等は、本数字3個と一致し、かつ、ボーナス数字が1つ以上一致。

6等は今のロト6の5等1000円と同じぐらいの確率ですね。
1等への配分が大きくなったのはいいですが、私にはちょっと高額すぎかな。
4億円もなくていいから、もっと当たりやすいほうがいいです。

—- 2/24追記 —-
公報には、4月1日から発売と出ていましたが、
正式発表というか、宣伝がなかなか出ないですね。
問題あって、4月1日からじゃなくなるのかなぁ。

—- 3/7追記 —-
6等の確率と配分が若干違っていたので修正しました。
5等も6等も金額は固定じゃなかったです。
100円未満は切り捨てなので、切り捨てられる賞金の割合が高いですね。
6等の賞金額が計算上、990円だったら、900円になっちゃい、
端数は全て取り上げられちゃうのですから。
ロト6みたいに固定にすればいいのに。

—- 追記 —-
ロト6とは違い、各等で切り捨てられる総額は1等の賞金額に回るそうです。
なので、45%がほぼ賞金に配分されるようです。
(ロト6は切り捨て分で45%にはならなかった。)

このエントリをはてなブックマークに登録

Sponsored Links

1件のコメント

  1. ピンバック: ロトセブンは予定通り4月1日から | 一攫千金で億万長者になろう!

コメントを残す

必須欄は * がついています


CAPTCHA