一攫千金で億万長者になろう!

宝くじ等で高額当選者になる近道を

第537回トトビックはキャリー約53億円

| 0件のコメント

現在のトトビック1等のキャリーは、約53億円です。
よほどのことがない限り、1等は6億円です。
前回は約761万口の売上げで1等(約478万分の1)6億円が2口でした。

販売期間が2週間だったので、売上が大きかったですね。
くじの期間には関係なく毎週買っている人が多いのかな?

大雨の予報だったので多めに買いましたが、雨で中止はなかったです。

自分で予想するtotoの方は1等1口で、上限の2億円でした。
totoで1億円超は、今年の7/9,10(第514回)以来です。
1億円以上はそこそこ出ているけど、2億円は2006年の第201回以来でした。

totoはまだキャリーオーバーが6千8百万円ほどあります。
次回も、totoで1億円以上の可能性がありますね。

小ネタ:totoは切り捨てられない

当選金総額を当せん口数で分配するくじは、toto以外に、
ロト6、ミニロト、ナンバーズなどがあります。
競馬や競輪などの公営ギャンブルもそうですね。

これらの中でtotoだけは、「切り捨て」じゃないのです。
何が?というと、当せん金の端数の計算です。
例えば、totoBIGだと5等の計算は10円単位で丸めて半端は4等に、
4等の計算は、5等の半端を含めて計算して10円単位で半端は3等に、
ってするので、半端も無駄なく還元されています。(ちと変な処理あるが)

2010年シーズンだと、設定の50%とほぼ同じ約49.997%の還元(キャリー込)です。
ミニロトなんて100円単位で各等ごとに切り捨てです。
4等の計算値が990円だと払戻900円と1割も損しちゃいます。
ミニロトはもともと設定45%と低めなのに。totoはエライ!!

このエントリをはてなブックマークに登録

コメントを残す

必須欄は * がついています


CAPTCHA