一攫千金で億万長者になろう!

宝くじ等で高額当選者になる近道を

2011年夏・キラキラくじ(1等1億円)の詳細

| 1件のコメント

明日(7/30)から東日本復興大震災宝くじが発売されますね。
その次の大型くじである夏・キラキラくじの紹介です。
夏・キラキラくじは8月17日(水)から8月30日(火)まで発売されます。
このブロックくじの当選確率や各等への配分、期待値等をまとめました。

ブロックごとに販売条件が異なりますので、ご注意ください。
東京都では「第1回東日本大震災復興東京都宝くじ」として販売されます。
1等3千万円、前後賞各1千5百万円で、1等前後賞あわせて6千万円です。
1等の当せん確率は200万分の1となっております。

第2213回関東・中部・東北自治宝くじの場合を例に記載します。
1等が1億円!で、前後賞は各300万円です。等級のネーミングに凝ってます。
東京を除く他ブロック(近畿、西日本)も概ね同じ内容です。
単価は1枚200円で、抽せん日は9月1日(木)です。
夕方頃にみずほ銀行HPが更新され、翌日に新聞掲載されるはずです。
抽選番号はブロックごとに異なりますので、ご注意を。

等級 当せん金 当せん確率(分の1) 売上配分
1 等 100,000,000 4,000,000 12.5%
1等の前後賞 3,000,000 2,000,000 0.8%
1等の組違い賞 100,000 50,633 1.0%
夏休み賞 3,000,000 500,000 3.0%
夕涼み賞 300,000 50,000 3.0%
スイカ割り賞 30,000 3,333 4.5%
金魚すくい賞 3,000 333 4.5%
2 等 1,000 100 5.0%
3 等 200 10 10.0%
合計 44.2%

昨年の賞金配分は45.3%だったので、このクジも昨年より減です。
昨年は1等(8000万円)+前後賞(各1000万円)で1億円でした。
今年は1等のみで1億円なので、前後賞各300万円が意味ない気が。
金魚すくい賞と前後賞をやめて、花火賞1000万円80万分の1にしては?

そうはいっても、1等1億円への配分が高く、私の好みの賞金体系です。
東日本大震災復興宝くじに予算を使うので、購入資金がないのが残念です。

東京都の人なら、第1回東日本大震災復興東京都宝くじの条件がいいですよ。
一応、表にしておきます。8月17日(水)から8月30日(火)まで東京都限定発売です。

等級 当せん金 当せん確率(分の1) 売上配分
1 等 30,000,000 2,000,000 7.5%
1等の前後賞 15,000,000 1,000,000 7.5%
1等の組違い賞 100,000 51,282 1.0%
2 等 50,000 10,000 2.5%
3 等 30,000 2,500 6.0%
4 等 1,000 100 5.0%
5 等 200 10 10.0%
復興祈念賞 10,000 1,000 5.0%
合計 44.5%

東日本大震災復興宝くじ販売期間(7/30~8/9)の吉日
一粒万倍日:8月7日、大安吉日:7月30日、8月4日
天赦日:8月7日、寅の日:8月3日

夏・キラキラくじ販売期間(8/17~8/30)の吉日
一粒万倍日:8月25日、大安吉日:8月22日、8月28日
天赦日:8月21日、寅の日:8月27日

——– 抽選結果が発表されました ——–
ブロックごとに当選番号が違うのでご注意を
当選番号案内(みずほ銀行)
支払期間は、平成23年9月6日から平成24年9月5日までです。

このエントリをはてなブックマークに登録

1件のコメント

  1. ピンバック: 2011年宝くじの日記念くじ | 一攫千金で億万長者になろう!

コメントを残す

必須欄は * がついています


CAPTCHA