一攫千金で億万長者になろう!

宝くじ等で高額当選者になる近道を

2億円当せん者の宝くじの保管場所

| 0件のコメント

日本の宝くじで2億円を当選した人のエピソードが紹介されていました。

41才会社員 宝くじを車のダッシュボードに置き2億円当せん

この人の場合は、車のダッシュボードの中に置き忘れていたそうです。
あと数カ月で時効のところを宝くじの存在に気づき、売り場で当選を確認したそうです。
1等前後賞合わせて2億円の昨年のグリーンジャンボだったようなので、
昨年末ぐらいに当選に気がついたのかな?

41歳で2億円が当たるなんて、気付いて本当によかったですね。
私もアラフォーで億を狙ってますが、あまり気負わない方がよいのかな?

宝くじの保管場所

上記の記事内であまりよくないと紹介されていたのが冷凍庫の中です。
「1等のさらに上の0等(れいとう)という語呂合わせから、冷凍庫で保管する」
人が多くいるそうです。
しかし、水に濡れたりして機械で読み取れなくなる恐れがあるので辞めた方がいいそうです。

昨年度の高額当選者アンケートにおける保管場所を調べてみました。

1位は机の引き出し(自宅)で26.7%
2位は神棚・仏壇の12.4%
3位は財布の11.2%
3位はカバン・ハンドバックの11.2%
5位はタンスの9.2%

その後、6位金庫、7位机の引き出し(会社)、8位ポケット、9位冷蔵庫と続いていました。
6位の金庫より上は、毎年上位がだいたいこんな感じです。
冷蔵庫・冷凍庫で保管している人はあまりいなそうですね。

なお、数字選択式宝くじの高額当選者アンケートだと、財布がだんぜんトップです。
財布にいれやすいサイズですし結果がでるのが早いので、財布に入れっぱなしの人が多いのでしょう。

風水的には神棚がよくないとか、黄色い財布がいいとか諸説あるようです。
私は保管場所の金運は特に気にしていません。
だって、引きだしに何となく入れている人でも当たっているのだから。

抽選後に存在を忘れないように、ふとしたときに目につく場所に保管してます。
ダッシュボードなんて、めったに開けないからヤバイですね。

このエントリをはてなブックマークに登録

Sponsored Links

コメントを残す

必須欄は * がついています


CAPTCHA