ブログの新着記事

  • 2022年2月に販売されるスクラッチ宝くじの確率と特徴
  • 2022年2月に販売される100円くじ等の確率と特徴
  • 2022年バレンタインジャンボミニ3千万円の確率とポイント
  • 2022年バレンタインジャンボ宝くじ3億円の確率と3つのポイント
  • 2022年1月に販売されるスクラッチ宝くじの確率と特徴
  • 2022年1月に販売される新春運だめし等の確率と特徴
  • 2021年12月に販売されるスクラッチ宝くじの確率と特徴
  • 2021年12月に販売される初夢宝くじ等の確率と特徴
  • ユーロミリオンズで最高額の約290億円が出た!世界最高額は?
  • 2021年11月に販売されるスクラッチ宝くじの確率と特徴
  • 新着コメント

    2022-01-20 21:36:20 輝美さんより 2022年1月に販売される新春運だめし等の確率と特徴にて
    200円1.2.3くじの例(1ユニット1000万枚) 1等1000万円10本 2等200万円100本 3等30万円1000本 4等1万円1万本 5等1000円10万本 6等200円100万本 1等、2等だけではなく3等30万円1000本はまあまあ悪くないし 1~3等賞金を10分の1に本数を10倍にしても代数和は変わらず 1等、2等賞金の100万円や20万円は誰にとっても大金ですし、 待つ楽しみ、調べる楽しみもあってマンネリ打破にも繋がり 趣向的に楽しめると思いますが、実際に昔はこの様な 宝くじが手を変え品を変えて発売されていましたよ .
    -------- コメントに対する返信 -------- こっちもなかなかいいですね。あってもおかしくない配分です。 ネーミングとか売り方を工夫してアピールすると良さそうです。 今の宝くじの盛り下がり具合だと単発では気づかれずに終わりそうなので、良い条件にして、しつこく続けるべきかと。

    2022-01-19 21:00:58 輝美さんより 2022年1月に販売される新春運だめし等の確率と特徴にて
    200円くじの趣向版として1.2.3.4.5くじ (1ユニット1000万枚) 例. 1等1000万円10本 2等200万円200本 3等30万円300本 4等4万円4000本 5等5000円1万本 残念賞200円100万本 5等を500円50万本、100分の5でも配分率は変わらないが 下1桁がないと売れないので残念賞として .
    -------- コメントに対する返信 -------- こういう遊びがあるくじもいいですね! 個人的には2等200万円が200本もあるのが嬉しいです! 私も5等500円50万本より、5等5000円+残念賞200円の方がいいと思います。 残念賞、、、その通りだけど。 . 新春運だめしとして、1等富士賞、2等鷹賞、3等茄子賞などとして売り出したり、第1234回に売るとか遊んで欲しいです。

    2022-01-19 16:10:59 まささんより 2022年2月に販売されるスクラッチ宝くじの確率と特徴にて
    今日は。2月もありがとうございます。 柴犬の最終日に換金ついでに2店舗で20枚ずつ購入したのですが撃沈でした・・・。 ただ、バラで2枚ずつ購入した8ラインで3等、ゾロで4等5等が当たりました。 柴犬でゾロ4等のツキが出ていたら1万が2つ当たったのに!!!(´;ω;`)  やはりバラで買うのが自分には向いているのか・・・。 頑張ります。  そういえば、12月初め8ライン出始めの時に、時々行く売り場では1等でていたんですよ・・・。 POP張ってあって、「せめてもっと後でだしてくれ!テンション下がる・・・」と思ったら、次に行くと外してましたが。 別の店舗では、店員さんに「もう数分早く来てくださっていたらトランプで1等当たっていましたよ!!」と報告受けるし…。  (その人物も3枚買ったらしいです)   次は自分!!  .
    -------- コメントに対する返信 -------- 8ラインで3等1万円おめでとうございます!バラ2枚で当たるのすごいですね! ゾロも2枚で4等!と5等!、両方とも当たってるなんて、しびれますね。 ただ、ゾロ4等は500分の1なのに3千円でしたからねぇ。 柴犬3等1万円の250分の1の方だったら、、って思っちゃいますよね。そこまではうまく行かないか。 8ラインの1等popすぐ外したんですね。 発売中のスクラッチの当たりpopは私も辞めたくなっちゃいます。 うん、次は私が!!

    2022-01-17 13:17:40 輝美さんより 2022年1月に販売される新春運だめし等の確率と特徴にて
    例えばこれをジャンボミニとして発売するのでしたら・・ 1等5000万円10本 2等1000万円10本 3等100万円100本 4等10万円1000本 5等1万円1万本 6等3000円10万本 7等300円100万本 1等と2等は確率100万分の1ですので 通常は組下1桁+6桁の一発抽籤でしょうけど 1等と2等は丁寧に10回ずつ合計20回 組数字2桁と6桁数字を抽籤してほしいですね 組下1桁+6桁の一発ドスンは手間も省けますし 数学上の確率は10回抽籤と変わらないですが 組下1桁+6桁の一発ドスンはぶっ通し100万枚の中に1等は1本のみ、 一方で組2桁と6桁数字の10回抽籤はバラでも連番でも 10枚入手して1等総取りの可能性だってありますので .
    -------- コメントに対する返信 -------- 1等はジャンボの10倍当たりやすいってのを分かりやすく10回抽せんですね。 面白いかも。2等は差別化で組下1桁の1回でもいい気がします。 ちょうど50%でバランスもいいし、良さそうです。 1等の数字が10個も紙面に並ぶってのもインパクトあっていいです。 5000万円もあれば、そこそこの家が買える値段ですし。

    2022-01-17 02:59:08 輝美さんより 2022年1月に販売される新春運だめし等の確率と特徴にて
    最近のジャンボミニも昔の200円通常くじと内容的には然程変わらない気もしますね。 何ならジャンボ宝くじも1等部分5~10億円くらいの宝くじを特大ジャンボ、 1等1~3億円複数本をジャンボ、1等数千万円をジャンボミニとしても良いのでは? (※全て1ユニット1000万枚、1枚300円で計算) 例1.特大ジャンボ 1等3億円1本、 前後賞2億円2本 1等の組違い賞10万円99本 2等1000万円10本 3等30万円100本 4等3万円2000本 5等3000円10万本 6等300円100万本 1ユニット1000万枚だと1等部分に7億円が限界、 1等を5億円、前後賞を1億円や1等4億円、前後賞1億円にしても良く 1等3億円、前後賞1億円の総額5億円だと中間賞金増が見込める 例2.ジャンボ 1等2億円2本 前後賞5000万円4本 1等の組違い賞10万円198本 2等1000万円本3本 3等100万円100本 4等5万円1000本 5等1万円1万本 6等3000円10万本 7等300円100万本 小口や中間部分もまあまあ盛り込まれ 1等が複数あるのでひょっとしたらの期待も 下2桁3000円を1000分の3に変えると 中間賞金を更に2億円増やせる 例3.ジャンボミニ 1等2000万円10本 1等の前後賞500万円20本 2等1000万円10本 3等100万円100本 4等20万円3000本 5等1万円1万本 6等300円100万本 .
    -------- コメントに対する返信 -------- 3種類に分けて売るのはいいですね。 ただ、ジャンボの名前に頼らず、新たなネーミングは...無理かな? 5大ジャンボに続く、12の200円くじ(レインボー含む)で再編して、7ドリーム5ラッキーとか。 (ネーミングのセンスないんで、もっといいのを考えなきゃですが。) で、ジャンボは1等前後賞あわせて5~7億、続くのが200円くじで1億前後の中間もバランスよく、その次のが2千万円前後で100万円クラスも当たりやすくってのがいいなぁ。 一緒に100円くじもネーミングつけていつでも同じような条件で買える形で売り出しても。 ジャンボの併売のミニは別の形で残して欲しい。3等級だけの1等重視ってのとか。 ジャンボの時期もしくは年末ジャンボの時期だけ買う層もいるし。

    月別アーカイブページ

  • 2022年1月 (4)
  • 2021年12月 (2)
  • 2021年11月 (2)
  • 2021年10月 (5)
  • 2021年9月 (3)
  • 2021年8月 (4)
  • 2021年7月 (3)
  • 2021年6月 (4)
  • 2021年5月 (3)
  • 2021年4月 (2)
  • 2021年3月 (5)
  • 2021年2月 (2)
  • 2021年1月 (4)
  • 2020年12月 (2)
  • 2020年11月 (3)
  • 2020年10月 (2)
  • 2020年9月 (5)
  • 2020年8月 (5)
  • 2020年7月 (3)
  • 2020年6月 (4)
  • 2020年5月 (5)
  • 2020年4月 (8)
  • 2020年3月 (5)
  • 2020年2月 (4)
  • 2020年1月 (5)
  • 2019年12月 (2)
  • 2019年11月 (3)
  • 2019年10月 (3)
  • 2019年9月 (5)
  • 2019年8月 (4)
  • 2019年7月 (2)
  • 2019年6月 (5)
  • 2019年5月 (2)
  • 2019年4月 (6)
  • 2019年3月 (4)
  • 2019年2月 (2)
  • 2019年1月 (2)
  • 2018年12月 (4)
  • 2018年11月 (2)
  • 2018年10月 (8)
  • 2018年9月 (5)
  • 2018年8月 (2)
  • 2018年7月 (5)
  • 2018年6月 (2)
  • 2018年5月 (2)
  • 2018年4月 (2)
  • 2018年3月 (5)
  • 2018年2月 (2)
  • 2018年1月 (4)
  • 2017年12月 (4)
  • 2017年11月 (2)
  • 2017年10月 (5)
  • 2017年9月 (6)
  • 2017年8月 (5)
  • 2017年7月 (4)
  • 2017年6月 (7)
  • 2017年5月 (4)
  • 2017年4月 (4)
  • 2017年3月 (4)
  • 2017年2月 (4)
  • 2017年1月 (5)
  • 2016年12月 (3)
  • 2016年11月 (1)
  • 2016年10月 (5)
  • 2016年9月 (4)
  • 2016年8月 (5)
  • 2016年7月 (1)
  • 2016年6月 (3)
  • 2016年5月 (2)
  • 2016年4月 (4)
  • 2016年3月 (4)
  • 2016年2月 (1)
  • 2016年1月 (7)
  • 2015年11月 (3)
  • 2015年10月 (5)
  • 2015年9月 (3)
  • 2015年7月 (2)
  • 2015年6月 (3)
  • 2015年5月 (5)
  • 2015年4月 (6)
  • 2015年3月 (3)
  • 2015年2月 (6)
  • 2015年1月 (4)
  • 2013年9月 (1)
  • 2013年7月 (2)
  • 2013年6月 (2)
  • 2013年3月 (5)
  • 2013年1月 (4)
  • 2012年12月 (3)
  • 2012年11月 (1)
  • 2012年10月 (4)
  • 2012年9月 (1)
  • 2012年8月 (6)
  • 2012年7月 (6)
  • 2012年6月 (3)
  • 2012年5月 (1)
  • 2012年4月 (30)
  • 2012年3月 (13)
  • 2012年2月 (13)
  • 2012年1月 (12)
  • 2011年12月 (15)
  • 2011年11月 (15)
  • 2011年10月 (17)
  • 2011年9月 (20)
  • 2011年8月 (23)
  • 2011年7月 (19)
  • 2011年6月 (22)
  • 2011年5月 (14)
  • 2011年4月 (21)
  • 2011年3月 (27)
  • 2011年2月 (15)
  • 2011年1月 (19)
  • 2010年12月 (25)
  • 2010年11月 (23)
  • 2010年10月 (23)
  • 2010年9月 (20)
  • 2010年8月 (20)
  • 2010年7月 (5)