一攫千金で億万長者になろう!

宝くじ等で高額当選者になる近道を

宝くじやロト6、トトなどの当せん確率のまとめ

高額賞金くじの当選確率一覧

トトビックやロト6など宝くじの確率を一覧にしました。
宝くじは毎年のように条件が変わりますのでご注意を。
宝くじで1億円以上は他にもありますが、代表的なものにしています。

くじの種類 主な賞金 1億円以上の確率 単価
年末ジャンボ(H22) 1等2億円,2等1億円 約167万分の1 300円
サマージャンボ(H23) 1等2億円,2等1億円 500万分の1 300円
オータムジャンボ(H23) 1等2億円 1000万分の1 300円
ロト6 最大6億円,通常約1億円 約610万分の1*1 200円
totoBIG 最大6億円 約478万分の1*2 300円
チャリロト 実績最高9億円 約478万分の1*3 200円
ビックドリーム 実績最高1.6億円 約168万分の1*4 200円

*1 ロト6は1等の確率です。1等の2/3ぐらいが1億円以上です。
*2 totoBIGは中止等のない時の1等の確率です。概ね1等6億円です。
*3 チャリロトは、キャンセルしない通常時の的中確率です。賞金はキャリーオーバー額によります。賞金には税金の支払い義務があります。
*4 ケイドリームスのビックドリームは、キャンセルしない通常時の的中確率です。賞金はキャリーオーバー額によります。賞金には税金の支払い義務があります。

ロト6とトトビックの比較

ロト6とトトビックを比較すると、トトビックの方が一見当たりやすそうです。
しかし、単価が違うので、3000円当たりで比較すると、
ロト6:約41万分の1(15口3000円)
トトビック:約48万分の1(10口3000円)
とロト6の方がわずかに1等に当たりやすいことが分かります。

ただ、残念なことにロト6は1等に当たっても1億円を下回ることがあります。
トトビックなら、キャリーオーバーがほぼ毎回あり、6億円が期待できます。
また、中止の試合があれば当選確率が上がります。
したがって、私のオススメはトトビックです。
なお、2等以下が賞金の割に当たりやすいのは、ロト6です。

おすすめ

自分で予想して、キャンセルする手間が嫌じゃなければ、ビックドリームがオススメです。
予想がよければ期待値が100%を上回るかも??
ただし、1億円以上キャリーオーバーが貯まることは、ほとんどないです。

そこまで手間をかけられないってなら、トトビックがオススメです。
確率はロト6とあまり変わらないのに1等6億円です。

平成22年の年末ジャンボ宝くじのように、2等1億円の本数が多いジャンボ宝くじも1億円以上を目指すならオススメです。

Sponsored Links