一攫千金で億万長者になろう!

宝くじ等で高額当選者になる近道を

2019年年末ジャンボ宝くじ10億円の確率と特徴

| 2件のコメント

年末ジャンボ宝くじは昨年同様の1等前後賞あわせて10億円です。
同時発売の年末ジャンボミニは別記事にします。今年はプチはないです。

第818回年末ジャンボ宝くじの確率など

販売期間:2019年11月20日(水)から2019年12月21日(土)まで
単価:1枚300円
抽せん日:2019年12月31日(火)
抽選結果は夕方頃にみずほ銀行HPが更新され、翌日に新聞掲載されるはずです。

等級 当せん金 当せん確率(分の1) 売上配分 本数
1 等 700,000,000 20,000,000 11.7% 1
1等の前後賞 150,000,000 10,000,000 5.0% 2
1等の組違い賞 100,000 100,503 0.3% 199
2 等 10,000,000 6,666,667 0.5% 3
3 等 1,000,000 200,000 1.7% 100
4 等 100,000 10,000 3.3% 2,000
年末ラッキー賞 20,000 10,000 0.7% 2,000
5 等 10,000 500 6.7% 40,000
6 等 3,000 100 10.0% 200,000
7 等 300 10 10.0% 2,000,000
合計 49.8%

本数は1ユニットあたり。23ユニットの予定なので、総本数は23倍です。

ポイント1:1等7億円は2000万分の1

1等前後賞あわせて10億円、4年連続の2000万本に1組です。
トトビックは1等約478万分の1と4倍ほど当たりやすく、たまに最大10億円。

年末ジャンボは1等を最大規模の賞金額にしなきゃだし、宝くじは1等以外も充実させなきゃだから、しょうがないとも言えますけどね。
その代わりにミニやプチで特徴だしてもらいたかったけど、売れないですね。

前賞や後賞のみ1.5億円もあれば、私のこれからの生涯手取り額の倍はあるので、バラで少ない枚数にします。

ポイント2:1万円の本数増の宣伝!低額を充実させる

今までは10万円の本数増えたって宣伝してましたが、年末ジャンボからは1万円の本数増って宣伝するそうです。
そのせいで、昨年から10万円の本数を減らし、1万円の本数に充てています。
10万円以上の本数が昨年から半分程度(54%)になるとは言わないんだろうなぁ。

昨年から10万円を2000本減らして、1万円を20000本増やしています。
本数は増えていますが、ここで賞金総額が増えている訳ではないです。
(低額の)本数が増えたからって、騙されているようで嫌ですね。

宝くじは配当率が低いけど、高額賞金でも税金不要なのがメリットです。
なのに、税金の意味ない1万円の本数が増えてもちっとも嬉しくない。
年末ジャンボの10枚3000円で1万円が当たってもって気がしません?

ポイント3:年末ラッキー賞を設定し配当総額を改善!

年末ジャンボは賞金への配当が50%でしたが、昨年は49.2%でした。
今年は年末ラッキー賞の0.67%を追加して、49.8%に改善しました!

できれば4等10万円と同じ2000本ではなく、2500本で50%にして欲しかった。
もっと言えば1万円の本数を増やして低額ばかりだから、500万円を10本とか高額の賞金にして欲しかったけど。

年末ジャンボの売上は?

2018年は年末ジャンボが940億円、ミニが315億円、プチが148億円でした。
2017年は年末ジャンボが983億円、ミニが337億円、プチが169億円でした。
2016年は年末ジャンボ1076億円、ミニが366億円、プチが262億円でした。
着実に毎年、毎年販売額がどれも落ちてますね。
ネット会員は150万人を超えたみたいだけど、売上減を止めるほどは?

昨年はプチの条件が良くなったので売れて欲しかったけど、他よりも減少率が高いぐらいでした。すごく残念で、そのせいでプチがなくなりました。

高額賞金に偏った配分の宝くじは売れないんですかね。残念です。

p.s.計算間違いや誤記、疑問点があればお気軽にコメントしてください。

このエントリをはてなブックマークに登録

2件のコメント

  1. プチ無くなったんですね?ミニの賞金が気になります
    可愛い名前だったけどプチジャンボて矛盾する名前だったなと思います
    年々売り上げ減っていく宝くじ、改善する気があるのでしょうかね

    ——– コメントに対する返信 ——–
    残念ながらプチなくなりました。
    多くの予備知識なく宝くじ売り場に行く人にとって3種類あっても分かりにくいですからね。
    ネット販売を始めるのもかなり遅かったし、改善にあまり力を入れてなさそうですね。
    今年の目玉が「(大型賞金の本数を減らし)1万円の本数増!」ですからね。

  2. 小口の1万円が1000分の2ですが、むしろ歓迎ですよ。
    ジャンボ宝くじの売り上げ低迷が続いているのも
    頭と尻ばかり大きくて中間部分がスカスカな事が原因ですよ。
    極端な話、3億円買っても3万円買っても1等が入っていないと
    ほぼ同じ確率で飛んでしまう様な宝くじがほとんどですし

    皆さん意外と1等だけではなく中間賞金も見て買っていますので
    アカンと思ったら買い控えるという悪循環に・・・

    実際の問題としても、大手法人の税金対策(※1)でもない限り
    数百万も数千万も買う様な人はいない(※2)ですし
    個人では数万か数十万が精々でしょうね。

    となると、「1万円が入っていると30枚買い求めても1900円黒字だし、
    他の等級が入っていたり、ひょっとしたら、では・・・勝負するか♡」

    と、皆さん同じ様な事を考えますし、
    こういう層を掴みたいと考えての設定だと思いますよ。

    ※1 フタバ食品やアサヒビール等では例年、宝くじプレゼントがありますし
    テレビ局の宝くじプレゼント、銀行のくじ付き定期など。

    税金でどっさり持っていかれるくらいなら
    景品として配る宝くじは経費扱いで節税にもなるし
    商品も売れるし、更には会社のPRにもなっていい事ずくめです。

    ※2 「どこの誰かが数百万~数千万買い求めて1等当てた」
    巷にこんな噂が流れる事もありますが、
    当籤した事は本当でも購入額は後からの作り話がほとんどで、
    実際の購入額は多くても数万~数十万程度らしい。

    大型当籤で気が大きくなるのか、
    はったりで多く吹聴する傾向があるとの事です^^

    ——– コメントに対する返信 ——–
    1万円を増やしたといっても500分の1。15万円分でようやく1万円が当たる確率。
    パチンコとか競馬とかに比べてあまりにも1万円のハードルが高すぎる。
    これだと「1万円が増えたっていうから30枚買ったけど1万円も当たらなかった」って人がほとんど(50人中47人)。
    「(たった1万円でも)宝くじはやっぱり当たらないや」って人が増えるだけのような気が。

    まぁ、50人中3人が1万円当たるんならって考えもありか?
    私が高額賞金を増やして欲しいだけで、アンケートとか見ると少額賞金の300円、3000円もなくさないでくれっていう方が多いみたいですね。

コメントを残す

必須欄は * がついています


CAPTCHA