一攫千金で億万長者になろう!

宝くじ等で高額当選者になる近道を

2019年ドリームジャンボミニの確率と特徴

| 1件のコメント

ドリームジャンボと同時販売されるミニは昨年同様1等3000万円です。
2等3等への配分を削って10万円の賞金の当せん本数をかなり増やしています。

第788回ドリームジャンボミニの確率など

販売期間:2019年4月1日(月)から2019年4月26日(金)まで
単価:1枚300円
抽せん日:2019年5月10日(金)
抽選結果は夕方頃にみずほ銀行HPが更新され、翌日に新聞掲載されるはずです。

等級 当せん金 当せん確率(分の1) 売上配分
1 等 30,000,000 2,000,000 5.0%
1等の前後賞 10,000,000 1,000,000 3.3%
2 等 5,000,000 1,000,000 1.7%
3 等 1,000,000 50,000 6.7%
4 等 100,000 3,333 10.0%
5 等 10,000 1,000 3.3%
6 等 3,000 100 10.0%
7 等 300 10 10.0%
合計 50.0%

ポイント:4等10万円への配分が10%

10万円の本数を増やすのが最近の流れのようです。
1万円が当たっても周りが羨ましいと思わないけど、50万円以上だと当たっても周りに言わなそうだし、本数は多くできない。だから、10万円の当たりを増やすのが宣伝になると思っているのかな。

3000円や300円を減らして10万円を増やすのは賛成ですが、高額賞金を減らすのは反対です。
昨年の2等1000万円がなくなり、8等までが7等までとなりました。
昨年の3等500万円が1ユニット30本だったのが、2等500万円が1ユニット10本に減りました。
100万円の本数が増えたのは嬉しいけど、10万円が増えてもあまり、、、です。
私はドリームジャンボをバラで買うかな。

p.s.計算間違いや誤記、疑問点があればお気軽にコメントしてください。

このエントリをはてなブックマークに登録

1件のコメント

  1. ちなみに一等は17組142898番と81組134061番と70組195508番と69組147565番と98組113577番に、10万円は下4ケタ7644番と下4ケタ7901番と下4ケタ4912番になりました。

    ——– コメントに対する返信 ——–
    結果報告ありがとうございます。当たりが多いと番号をチェックする楽しみが増えます。

コメントを残す

必須欄は * がついています


CAPTCHA