一攫千金で億万長者になろう!

宝くじ等で高額当選者になる近道を

2018年バレンタインジャンボ宝くじの確率と特徴

| 1件のコメント

昨年まではグリーンジャンボとして発売していた年5回のジャンボ宝くじです。
バレンタインにあわせて時期が少し早まりました。
同時発売のバレンタインジャンボミニは別記事にします。

第737回バレンタインジャンボ宝くじの確率など

販売期間:2018年1月31日(水)から2018年2月23日(金)まで
単価:1枚300円
抽せん日:2018年3月7日(水)
抽選結果は夕方頃にみずほ銀行HPが更新され、翌日に新聞掲載されるはずです。

等級 当せん金 当せん確率(分の1) 売上配分
1 等 200,000,000 10,000,000 6.7%
1等の前後賞 50,000,000 5,000,000 3.3%
1等の組違い賞 100,000 101,010 0.3%
2 等 10,000,000 2,000,000 1.7%
3 等 1,000,000 100,000 3.3%
4 等 100,000 5,000 6.7%
バレンタイン賞 20,000 2,500 2.7%
5 等 10,000 1,000 3.3%
6 等 3,000 100 10.0%
7 等 300 10 10.0%
合計 48.0%

ポイント1:1等2億円で前後賞を合わせて3億円

ここ6年ほどのグリーンジャンボは1等前後賞で5億円以上でした。
1等確率はそのままで、賞金額減のぶんを下位等級に回しています。

私としては普通の人の生涯年収2億円+αぐらいでよいと思っています。
5億円でも幸福度はそんなに増えないし、勘違いして破滅する人が増えるし。

その分を2等1億円2本とかにしてくれたら良かったけど。

ポイント2:バレンタイン賞2万円が当たりにくい

4等10万円が5000分の1で、バレンタイン賞2万円は5000分の2です。
5等1万円はバレンタイン賞の2.5倍当たりやすい1000分の1です。
バレンタイン賞は賞金額のわりには当たりにくいのです。

特別賞なんだから特徴だしてもう少し当たりやすくても。
ただ、2等、3等、4等はこれ以上減らして欲しくないので、5等をなくしてバレンタイン賞2万円を1000分の1にして欲しかったかな。

ポイント3:4等10万円が期待できる

ジャンボ宝くじは中間賞金が当たりにくいことが多いですが、今回のバレンタインジャンボは4等10万円がそこそこ当たりやすいです。
2億円(3億円)を夢見つつ、10万円があたるかもと期待しましょう。

平成30年のバレンタインジャンボの売上は?

昨年のグリーンは14ユニット(420億円)の発売計画で259億円売れました。
ミニは120億円の発売計画で110億円が売れました。

今年は1等賞金額が減るし、10ユニット(300億円)の計画で良かったのでは。
販売日数増やして、バレンタインとしてかなり売れると強気の見込みですね。

このエントリをはてなブックマークに登録

Sponsored Links

1件のコメント

  1. ・毎回ジャンボの1等賞金額が発表される度に「5億円や7億円、ましてや10億円もいらない。3億円で十分」と豪語してましたが、ホントに3億円まで減額するなら仰る通り2等は1億円にして2本どころか3~5本でもいいです。何なら1等3億円×2本にすれば、14ユニットなんて即売でしょう。1000万円以下の賞金に関してはミニロトとナンバーズでカバーするので、1~2等に特化してほしかったです。

    ・せっかく名称も変更したので、バレンタイン賞も2月14日にちなんで214万円にするとか、遊び心がほしかったなぁ。今回も年末ジャンボプチのコメント通り「中間等級の当選本数が少なくなり、消費者に当たりにくさを感じさせてしまう~。中間層の充実を図る事で、当選確率を重視する~。」を象徴したクジですね。しばらくこんな配当を継続するんでしょうか?。毎年5回もあるので1回くらい「1ユニット1億円×15本のみ!他等も末等もなし!イエイ!」なんてジャンボを発売してほしいです。

    ——– コメントに対する返信 ——–
    そうですよね。2等1億円で「億万長者が○本!」とかを宣伝文句にして欲しかった。
    バレンタイン賞もとりあえず作りましたって感じで特徴もないし。
    214万円なら額も嬉しさあるし、バレンタインっぽくて良かったですね。

コメントを残す

必須欄は * がついています


CAPTCHA