一攫千金で億万長者になろう!

宝くじ等で高額当選者になる近道を

2019年年末ジャンボミニ宝くじ5千万円の確率と特徴

| 2件のコメント

年末ジャンボ宝くじと同時発売されるミニは1等3000万円です。
前後賞が各1000万円で、1等前後賞をあわせると5000万円です。
同時発売の年末ジャンボ宝くじは別記事になっています。

第819回年末ジャンボミニの確率など

販売期間:2019年11月20日(水)から2019年12月21日(土)まで
単価:1枚300円
抽せん日:2019年12月31日(火)
抽選結果は夕方頃にみずほ銀行HPが更新され、翌日に新聞掲載されるはずです。

等級 当せん金 当せん確率(分の1) 売上配分 本数
1 等 30,000,000 2,500,000 4.0% 4
1等の前後賞 10,000,000 1,250,000 2.7% 8
2 等 1,000,000 100,000 3.3% 100
3 等 100,000 3,333 10.0% 3,000
4 等 10,000 333 10.0% 30,000
5 等 3,000 100 10.0% 100,000
6 等 300 10 10.0% 1,000,000
合計 50.0%

本数は1ユニットあたり。18ユニットの予定なので、総本数は18倍です。

ポイント:2等1000万円がなくなり4等1万円に

今年は年末ジャンボとともに1万円の本数アップと宣伝するようです。
昨年2等1000万円をなくし、7等までだったのを今年は6等までに。
また、年末ラッキー賞2万円をなくして、1万円の本数増やしてます。

あっ、一番大事な1等も1ユニットあたり5本から4本に減ってます。
あわせて前後賞の本数も減っています。それで増えたのは1万円のみ
賞金への配分が上限の50%なのは評価できるが、デメリットが大きすぎ。

私が宝くじに期待するのは、税金不要のメリットでる50万円以上の賞金。
1回当たれば生涯宝くじ成績で勝ち越せる額で出来れば1000万円以上。

競馬やパチンコ、FXなどより還元率が悪いと敬遠される宝くじですが、生涯成績で勝ち越せるチャンスは宝くじが大きいので私は宝くじを買ってます。小銭を稼いでもしょうがないのです。

やはり、ミニは1等に極端に配分した構成がいいです。

p.s.計算間違いや誤記、疑問点があればお気軽にコメントしてください。

このエントリをはてなブックマークに登録

2件のコメント

  1. 今回の1万円は昔の年末ジャンボの1万円とか3000円と同じ確率になりましたね。昔のジャンボで3000円だったのが今回は1万円だから変わりましたね。

    ——– コメントに対する返信 ——–
    2017のハロウィンジャンボで1万円が333分の1って時は売れなかったですねぇ。
    2010の年末ジャンボで3000円が333分の1って時も売れなかったですが。
    今年はどうですかね。売れない理由が他にもありそうだから、1万円の本数の影響なんて分からないですが。

  2. ジャンボは2000万分の1なので、当たる気が全くしません。
    ミニは1等1億位欲しいですね。
    当選確率は100万分の1が希望です。

    ——– コメントに対する返信 ——–
    2000万分の1はちょっとねぇ。当たる気しないですよね。
    100万分の1で1等7000万円は何回かやってました。
    私は7000万円でいいので、100万分の1がいいです。20倍も当たりやすいし。
    1億円だと1000万分の7(約143万分の1)ってのはありましたね。
    こっちもよかったなぁー。

コメントを残す

必須欄は * がついています


CAPTCHA