一攫千金で億万長者になろう!

宝くじ等で高額当選者になる近道を

2019年8月に販売されるレインボーくじなど通常くじの確率と特徴

| 0件のコメント

8月に販売されるスクラッチではない通常の宝くじの紹介です。
レインボーくじと100円くじが2つを新たに紹介です。

7月2日~8月2日 サマージャンボ

単価:1枚各300円

サマージャンボの記事(1等前後賞合わせて7億円)
サマージャンボミニの記事(1等前後賞合わせて5千万円)

を参照してください。今年もプチは発売されません。

8月3日~8月20日 第407回地域医療等振興自治宝くじ

単価:1枚200円
抽せん日:8月23日(金)、当せん番号はみずほ銀行HPで

1等3000万円、1等前後賞あわせて5000万円の宝くじです。

レインボーくじ 第407回地医等クジ

等級 当せん金 当せん確率(分の1) 売上配分 本数
1 等 30,000,000 7,500,000 2.0% 2
1等の前後賞 10,000,000 3,750,000 1.3% 4
1等の組違い賞 100,000 50,336 1.0% 298
2 等 500,000 50,000 5.0% 300
3 等 50,000 5,000 5.0% 3,000
4 等 10,000 500 10.0% 30,000
5 等 1,000 50 10.0% 300,000
6 等 200 10 10.0% 1,500,000
合計 44.3%

200円くじなのに200円スクラッチの45%より還元率が悪い44.3%です!
以前のレインボーくじは、ブロックくじより条件良かったのですが。

ちなみに昨年は還元率が46.0%です。条件は1等の配分のみ下がりました!
今年の販売本数なら、1等3本で還元率46.5%とほぼ同じです。
1等が2本で確率が下がってしまい、魅力がなくなりました。

8月7日~8月20日 1等1000万円の100円くじ

単価:1枚100円
抽せん日:8月23日(金)、ブロックごとに抽選番号が違うのでご注意を。

1等1000万円、1等前後賞あわせて1500万円の宝くじです。

第2500回 関東・中部・東北自治 宝くじ

等級 当せん金 当せん確率(分の1) 売上配分 本数
1 等 10,000,000 1,500,000 6.7% 2
1等の前後賞 2,500,000 750,000 3.3% 4
1等の組違い賞 100,000 51,724 1.9% 58
2 等 200,000 50,000 4.0% 60
3 等 20,000 5,000 4.0% 600
4 等 3,000 1,000 3.0% 3,000
5 等 1,000 100 10.0% 30,000
6 等 100 10 10.0% 300,000
合計 42.9%

第2438回東京都くじ

等級 当せん金 当せん確率(分の1) 売上配分 本数
1 等 10,000,000 1,000,000 10.0% 1
1等の前後賞 2,500,000 500,000 5.0% 2
1等の組違い賞 100,000 111,111 0.9% 9
2 等 200,000 100,000 2.0% 10
3 等 20,000 10,000 2.0% 100
4 等 3,000 1,000 3.0% 1,000
5 等 1,000 100 10.0% 10,000
6 等 100 10 10.0% 100,000
合計 42.9%

第2619回近畿くじ

等級 当せん金 当せん確率(分の1) 売上配分 本数
1 等 10,000,000 1,500,000 6.7% 1
1等の前後賞 2,500,000 750,000 3.3% 2
1等の組違い賞 100,000 107,143 0.9% 14
2 等 300,000 100,000 3.0% 15
3 等 30,000 10,000 3.0% 150
4 等 5,000 1,000 5.0% 1,500
5 等 1,000 100 10.0% 15,000
6 等 100 10 10.0% 150,000
合計 41.9%

第2308回西日本くじ

等級 当せん金 当せん確率(分の1) 売上配分 本数
1 等 10,000,000 2,000,000 5.0% 1
1等の前後賞 2,500,000 1,000,000 2.5% 2
1等の組違い賞 100,000 105,263 1.0% 19
2 等 300,000 100,000 3.0% 20
3 等 50,000 10,000 5.0% 200
4 等 3,000 500 6.0% 4,000
5 等 1,000 100 10.0% 20,000
6 等 100 10 10.0% 200,000
合計 42.5%

関中東は1等2本で他は1等1本です。当たりやすいのは東京都の100万分の1。
今年の100円くじはどれも似たような条件でバランスよく配分しています。

近畿以外は42.5~42.9%の還元率ですが、近畿は41.9%と低いです。
これでも、前回までの40%を切っていたのよりはマシになりました。

8月14日~9月10日 東京2020大会協賛くじ

単価:1枚200円 1等1億円、1等前後賞合わせて1.5億円

東京2020大会協賛くじの記事 を参照してください。

8月28日~9月10日 1等1000万円の100円くじ

単価:1枚100円
抽せん日:9月13日(金)、ブロックごとに抽選番号が違うのでご注意を。

1等1000万円、1等前後賞あわせて1500万円の宝くじです。

第2502回 関東・中部・東北自治 宝くじ

等級 当せん金 当せん確率(分の1) 売上配分 本数
1 等 10,000,000 5,000,000 2.0% 1
1等の前後賞 2,500,000 2,500,000 1.0% 2
1等の組違い賞 100,000 102,041 1.0% 49
2 等 300,000 100,000 3.0% 50
3 等 30,000 5,000 6.0% 1,000
4 等 5,000 500 10.0% 10,000
5 等 1,000 100 10.0% 50,000
6 等 100 10 10.0% 500,000
合計 43.0%

第2440回東京都くじ

等級 当せん金 当せん確率(分の1) 売上配分 本数
1 等 10,000,000 1,600,000 6.3% 1
1等の前後賞 2,500,000 800,000 3.1% 2
1等の組違い賞 100,000 106,667 0.9% 15
2 等 300,000 100,000 3.0% 16
3 等 50,000 10,000 5.0% 160
4 等 5,000 1,000 5.0% 1,600
5 等 1,000 100 10.0% 16,000
6 等 100 10 10.0% 160,000
合計 43.3%

第2621回近畿くじ

等級 当せん金 当せん確率(分の1) 売上配分 本数
1 等 10,000,000 2,000,000 5.0% 1
1等の前後賞 2,500,000 1,000,000 2.5% 2
1等の組違い賞 100,000 105,263 1.0% 19
2 等 300,000 100,000 3.0% 20
3 等 50,000 10,000 5.0% 200
4 等 5,000 1,000 5.0% 2,000
5 等 1,000 100 10.0% 20,000
6 等 100 10 10.0% 200,000
合計 41.5%

第2310回西日本くじ

等級 当せん金 当せん確率(分の1) 売上配分 本数
1 等 10,000,000 2,000,000 5.0% 1
1等の前後賞 2,500,000 1,000,000 2.5% 2
1等の組違い賞 100,000 105,263 1.0% 19
2 等 250,000 50,000 5.0% 40
3 等 10,000 2,000 5.0% 1,000
4 等 5,000 1,000 5.0% 2,000
5 等 1,000 100 10.0% 20,000
6 等 100 10 10.0% 200,000
合計 43.5%

全てのブロックで1等1本です。当たりやすいのは東京都の160万分の1。
関中東も1等が1本になってしまいました。還元率は43%なのに。

関中東は1等が500万分の1と当たりにくい代わりに、4等5000円が500分の1と比較的に当たりやすいです。私としては1等が当たりやすい方がいいけど、気軽な100円くじなので、5000円の当たりが多くてもいいのかな。

近畿以外は還元率が43%を超えて100円くじとしてはまともになりました。
近畿は41.5%とかなり渋いです。近畿はなんで低いのかなぁ?

p.s.計算間違いや誤記、疑問点があればお気軽にコメントしてください。

このエントリをはてなブックマークに登録

コメントを残す

必須欄は * がついています


CAPTCHA