一攫千金で億万長者になろう!

宝くじ等で高額当選者になる近道を

2018年年末ジャンボミニ宝くじ5千万円の確率と特徴

| 1件のコメント

年末ジャンボ宝くじと同時発売されるミニは1等3000万円になりました。
昨年と同様に等級が多く1等への配分は半減以下となりました。
同時発売の年末ジャンボとおすすめのプチ1000万円は別記事にします。

第771回年末ジャンボミニの確率など

販売期間:2018年11月21日(水)から2018年12月21日(金)まで
単価:1枚300円
抽せん日:2018年12月31日(月)
抽選結果は夕方頃にみずほ銀行HPが更新され、翌日に新聞掲載されるはずです。

等級 当せん金 当せん確率(分の1) 売上配分
1 等 30,000,000 2,000,000 5.0%
1等の前後賞 10,000,000 1,000,000 3.3%
2 等 10,000,000 1,000,000 3.3%
3 等 1,000,000 100,000 3.3%
4 等 100,000 3,333 10.0%
年末ラッキー賞 20,000 5,000 1.3%
5 等 10,000 1,000 3.3%
6 等 3,000 100 10.0%
7 等 300 10 10.0%
合計 49.7%

ポイント1:1等賞金額が下がり、確率も下がる

1等賞金額は昨年5000万円から3000万円に減りました。
1等前後賞は昨年のあわせて7000万円からあわせて5000万円に。

なのに確率は1000万分の7から1000万分の5に当たりにくくなりました。
一昨年は1等1億円が1000万分の7だったので、年々悪化してます。
一昨年は1ユニットに7本も1億円があったんですよ!それが今年は。

ポイント2:10万円が異例の10%配分でそれ以下も4等級

10万円以上の本数が増えました!って宣伝のために10万円の本数増です。
1等への配分を半減以下にして、その分を10万円に割り振っています。
低額賞金は減るどころか、年末ラッキー賞2万円を増設しています。

こんな姑息な手段で「10万円以上の本数を増やしたら売れた!」
なんて思われたくないから、ミニは買いません。
1等3000万円が200万分の1ってのも1枚300円のくじで魅力ないし。
本当に今年はおすすめできるプチだけかなぁ。

p.s.計算間違いや誤記、疑問点があればお気軽にコメントしてください。

このエントリをはてなブックマークに登録

Sponsored Links

1件のコメント

  1. ミニって二年前は一億とかだったのにだんだんプチと変わらない金額になってってますね
    無理して3種類出す必要あるのかなあ?と疑問視です
    たぶん去年よりさらに売り上げ減るでしょう

    ——– コメントに対する返信 ——–
    ジャンボが10億円、ミニが1億円、プチが1千万円ならいいですが、
    ミニとプチは共倒れになりそう。3種類いらないですよね。特にミニが。
    ミニの賞金なら普通のブロック宝くじと大差ないのに1枚300円ですからね。
    プチの1等賞金額は100円くじなみですが、100円くじの10倍以上1等に当たりやすいからこれはいいと思います。

コメントを残す

必須欄は * がついています


CAPTCHA