一攫千金で億万長者になろう!

宝くじ等で高額当選者になる近道を

2018年年末ジャンボ宝くじ10億円の確率と特徴

| 1件のコメント

年末ジャンボ宝くじは昨年同様の1等前後賞あわせて10億円です。
同時発売の年末ジャンボミニとおすすめのプチ1000万円は別記事にします。

第770回年末ジャンボ宝くじの確率など

販売期間:2018年11月21日(水)から2018年12月21日(金)まで
単価:1枚300円
抽せん日:2018年12月31日(月)
抽選結果は夕方頃にみずほ銀行HPが更新され、翌日に新聞掲載されるはずです。

等級 当せん金 当せん確率(分の1) 売上配分
1 等 700,000,000 20,000,000 11.7%
1等の前後賞 150,000,000 10,000,000 5.0%
1等の組違い賞 100,000 100,503 0.3%
2 等 10,000,000 6,666,667 0.5%
3 等 1,000,000 200,000 1.7%
4 等 100,000 5,000 6.7%
5 等 10,000 1,000 3.3%
6 等 3,000 100 10.0%
7 等 300 10 10.0%
合計 49.2%

ポイント1:1等7億円は2000万分の1

1等前後賞あわせて10億円ですが、4年連続の2000万本に1組です。
ロト7は約1030万分の1で最大10億円。トトビックは1等約478万分の1。

10億円はすごいけど、現実的じゃないんですよね。
5億円が当たったときの2倍は幸福にならないだろうし、そこまでなくても。
まぁ、年末ぐらい10億円だとしても配当率を上げ1000万分の1にしては?

ポイント2:組違い賞の賞金が減って、その分配当率が落ちる!

昨年は組違い賞が30万円でしたが、今年は10万円に減額です。
その分、何が増えたのかと思ってみれば、、、

配当率が50.0%から49.2%へと低下しました。。。

昨年と同じ組違い賞30万円でも配当率は49.8%なんですが、なぜ10万円に?
こんなにがっかりな変更はありません。

年末ジャンボはドル箱なんだから50%から下げちゃダメでしょ。
いくら売り上げ落ちてるからって、こんな所で儲けようとしなくても。

ポイント3:10万円の本数増の宣伝のために2等本数が1/6以下に

最近、10万円の本数増えたって宣伝を頑張ってます。
そのせいで、今年は1ユニットあたり2等が20本から3本に減ってます
3等100万円は200本から100本に減っています

宝くじは配当率が低いけど、高額賞金でも税金不要なのがメリットです。
なのに、税金の意味ない10万円の本数が増えてもちっとも嬉しくない。
そのせいで高額賞金の本数が減るなんて最悪です。

10万円の本数を増やしたいなら、5等以下の本数を減らして欲しい。

年末ジャンボの売上は?

昨年は年末ジャンボが983億円、ミニが337億円、プチが169億円でした。
一昨年は年末ジャンボ1076億円、ミニが366億円、プチが262億円でした。
全体的に落ちてますね。

昨年はミニの条件が一番悪くなって、次にプチが悪化と思いました。
売り上げで見ると、プチが一番落ちて、ミニとジャンボが同じぐらい。
なので、今年はプチが一昨年と同じような条件と良くなっています。

今年は条件が良くなったプチのみ買おうかと思っています。
(他も買っちゃうんだろうけど。)

p.s.計算間違いや誤記、疑問点があればお気軽にコメントしてください。

このエントリをはてなブックマークに登録

Sponsored Links

1件のコメント

  1. 売り上げがさがっているからって還元率を低くするのは
    悪徳商法そのものだと思います
    全く今回のハロウィンも10万円以上の当選者増えてるとか
    CMしてますが、詐欺商法みたいなもんです

    自分が宝くじの胴元になれるなら還元率8割で販売したいです
    まあ、法律上当然不可能ですが

    ——– コメントに対する返信 ——–
    私も詐欺商法っぽい宝くじのCMは嫌いです。
    宝くじの上限額を増やす法改正は簡単に行っているので、
    還元率を変える法改正だってすればいいと思います。
    パチンコの規制を強めて宝くじを緩和した方が健全でしょう。
    年末ジャンボだけでも還元率を増やして欲しいです。

コメントを残す

必須欄は * がついています


CAPTCHA