一攫千金で億万長者になろう!

宝くじ等で高額当選者になる近道を

2018年ハロウィンジャンボミニの確率と特徴

| 1件のコメント

ハロウィンジャンボと同時発売されるミニは1等3000万円です。
前後賞が各1000万円で、1等前後賞をあわせると5000万円です。
同時発売のハロウィンジャンボは別記事になっています。

第766回ハロウィンジャンボミニ宝くじの確率など

販売期間:2018年10月1日(月)から2018年10月23日(火)まで
単価:1枚300円
抽せん日:2018年10月30日(火)
抽選結果は夕方頃にみずほ銀行HPが更新され、翌日に新聞掲載されるはずです。

等級 当せん金 当せん確率(分の1) 売上配分
1 等 30,000,000 2,000,000 5.0%
1等の前後賞 10,000,000 1,000,000 3.3%
2 等 1,000,000 50,000 6.7%
3 等 100,000 5,000 6.7%
ハロウィンミニ賞 20,000 3,333 2.0%
4 等 10,000 1,000 3.3%
5 等 3,000 100 10.0%
6 等 300 10 10.0%
合計 47.0%

ポイント:1等の本数を半分にして2等以下を増やす

1等への配分は販売額の5%です。200万分の1で3千万円。
ジャンボ宝くじのミニが出来た頃は1等へ極端に配分していました。
今回の倍の本数となる100万分の1で1等7000万円なんてクジもありました。

それがだんだんと普通の宝くじになっていき、ブロックくじと変わりません。

昨年から10万円以上が約17倍の本数あると宣伝してますが、昨年は賞金10万円の等級がなかったので、当然の結果です。
1等が半分の本数になって10万円が増えても嬉しくないのですが。

賞金への配分も昨年の48.3%から47.0%と激減しています。
1ユニット4千万円の減額。1等の本数を増やすとかして欲しかった。
売れないから質を落として利益だすだと、衰退する一方と気付いて欲しいです。

ミニは1等に極端に配分したのが良かったので残念です。

p.s.計算間違いや誤記、疑問点があればお気軽にコメントしてください。

このエントリをはてなブックマークに登録

1件のコメント

  1. 抽せんが今日行われ一等は64組178674番と61組123909番と87組191209番と59組120383番と65組171314番に、10万円とハロウィンミニ賞は下4ケタ3932番と下4ケタ6470番と下4ケタ0235番と下4ケタ5011番と下4ケタ8135番になりました。みなさんは当たりましたか?次はいよいよ年末ジャンボです。

    ——– コメントに対する返信 ——–
    速報ありがとうございます!
    年末ジャンボはプチを公式サイトで早速予約しました!
    店頭でも買いますけどね。きっと。

コメントを残す

必須欄は * がついています


CAPTCHA